ドラマ「SUPER RICH」第9話 感想 主演・江口のりこ|上場前の大惨事

ebook

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「SUPER RICH」第9話の感想です。

今回は、優くんがいろんな形で窮地に立たされるターンです。

衛さんと幸せになれたのに、あとからあとから不幸が追いかけてきます。

物語も大詰め。

みんなが幸せになれる結末を!

ドラマ「SUPER RICH」第1~9話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。

ディレクターズカット版配信中です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「SUPER RICH」第9話 感想 はじめに

medicine

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)の献身的な補助で、強盗に刺されて傷ついた春野優(赤楚衛二)は回復。そして2人は桜(美保純)と良次(上島竜兵)を証人に、晴れて婚姻届を提出した。また、今吉零子(中村ゆり)、鮫島彩(菅野莉央)を引き留めた『スリースターブックス』は以前入っていたオフィスビルへと移転し、1年後には株式上場を考慮するまでに成長する。

そんなある日の役員会議で、衛は自身の勤務形態をリモートに変えたいと言う。出産育児を経験している鮫島から、リモートワークの課題を指摘された衛は、経験のために自分で運用してみたいというのだ。田中リリカ(志田未来)は衛のリモートワークを懸念し、宮村空(町田啓太)に相談を持ちかける。会社のナンバー1の衛がリモートを続けるなら、明確なナンバー2を据えるべきだと言う。

その夜、優に真子(茅島みずき)から急な連絡が入る。それは、優の実家に関わる重大な出来事で…。

[引用元]フジテレビ「SUPER RICH」公式サイトSTORY

登場人物

氷河衛/江口のりこ
『スリースターブックス』の代表取締役CEO。裕福な家で育ち、今までお金で苦労したことが一度もない。全てはお金で解決できると考えており、忙しく働く日々を送っている。女性起業家として社会的に評価されているが、親を早くに亡くしているため、愛に飢えた人生を過ごす。大学時代に知り合った一ノ瀬と『スリースターブックス』を起ち上げた。

春野優/赤楚衛二
プログラミング専門学校の専門学生。愛情に包まれて育ったが、経済的には常に厳しい状況で過ごしてきた。手に職をつけるため専門学校に入学し、アルバイト代で生計を立てている。『スリースターブックス』がインターンの募集をしているのを知り、応募した。固い意志と行動力を備えた青年。

宮村空/町田啓太

『スリースターブックス』の人事責任者。しっかり者で、衛に対する忠誠心が強く、衛から絶大な信頼を置かれている。衛への忠誠心にはある出来事が関わっている。インターン生には優しく接する。ただ、衛を慕う春野には厳しい。

一ノ瀬亮/戸次重幸

『スリースターブックス』のCEO。大学時代に知り合った衛と二人で会社を成長させてきた。衛からの信頼は絶大。会社を成長させるために投資に力を入れており、多少無理な投資も衛からは許されている。そんな信頼関係の強さから二人はつきあっているという噂も。

今吉玲子/中村ゆり
『スリースターブックス』の財務責任者。衛の親友。会社設立当時から衛を支える。会社の財務を管理しているため、一ノ瀬の投資のやり方に疑問を持っている。

東海林達也/矢本悠馬

『スリースターブックス』の技術責任者。機転が利いてフットワークが軽い。物腰は柔らかいが、上司にNOが言える存在。衛からは信頼されている。

鮫島彩/菅野莉央

『スリースターブックス』のマーケティング責任者。世の中の動向や流行を素早く察知する。衛を慕い、会社を大切に思い、仕事にやりがいを感じている。仕事のスキルの高さから時には衛に意見を求められることも。

春野真子/茅島みずき

年の離れた優の妹。しっかり者。電話では優を冷やかしながらいつも応援してくれる。

春野桜/美保純

優の母。栃木県で工場を経営しているが、経営状態は良くない。夫は出稼ぎに出ている。インターンになった優を心から応援している。

碇健二/古田新太
『スリースターブックス』の電子書籍編集長。締め切りに追われ、いつもデスクが散らかっている。飄々とした性格で着実に仕事をこなしていく。衛の要望を受け流しながら、最高の仕事環境を与えてくれたことに感謝している。衛が本心を話せる存在の一人。

鬼頭流星/嘉島陸

『スリースターブックス』で働く若手社員。沖縄出身でいつもアロハ。オリジナル作品でヒットを飛ばすことを夢に懸命に働く。

田中リリカ/志田未来

『スリースターブックス』のインターン。勝ち気で自信家の大学生。自分に自信があるが、春野と話すときだけはペースを乱される。

豪徳尊/板垣瑞生

『スリースターブックス』インターン。明朗快活な大学生。インターンの女子学生に馴れ馴れしく、押しが強い。インターン生の盛り上げ役。

髙橋みゆ/野々村はなの

『スリースターブックス』インターン。落ち着いた性格でクール。インターンに熱意はあまりなく、会社の危機によって自分の進路に決断を迫られる。

島谷聡美/松嶋菜々子

大手IT企業『MEDIA社』の取締役。かつての衛の上司。衛を育て上げた人物で、衛の能力を高く評価している。衛の憧れの存在。

ドラマ「SUPER RICH」第9話 感想 

hand in hand

婚姻届を提出

優(赤楚衛二)と衛(江口のりこ)は、優の両親(上島竜兵・美保純)を保証人として、婚姻届を提出。

優のケガも治り、新しい出発です。

衛にも家族が出来ました。

ゆか
ゆか

正式に夫婦になったんですね。一人だった衛にも家族が出来ました。

1年4か月後

優と衛が結婚して1年4カ月が経ち、『スリースターブックス』は元のサクラヒルズにオフィスを移転し、上場を目指しています。

それぞれが会社のために働き、学んでいます。

『スリースターブックス』は順風満帆。



そんなとき、衛の体調に異変が…。

立ち上がろうとしてめまいを起こしたのです。

景色がふわふわと歪み、ただの立ち眩みではなさそうです。



そんな中でも、『スリースターブックス』の上場の準備は着実に進んでいました。

そして、東海林(矢本悠馬)は、コミケで見つけた才能ある漫画家に目をつけていました。

衛がリモートワーク

衛はめまいがひどく、病院に行ったら「脳梗塞」になる危険性があると診断を受けます。

そして、産休をとる社員のためのリモートワークを、衛自身が実践してみたいと言います。

今は会社が大事な時期ですが、衛は体調の悪化は誰にも話さずにリモートワークを決めたようです。

社員たちは、衛のリモートワークを「今の時期に?」と思っているようですが、役員は了承してくれます。



衛、心配ですね。

無理をして脳梗塞になってしまったら、『スリースターブックス』の経営は勿論、優との幸せな結婚生活も送れなくなってしまいます。

みんなに話すと心配するだろうと思っている衛ですが、やっぱり正直に話した方が…。

合コンを巡る衛と優のやりとり

碇(古田新太)の代わりに、優が東海林、空(町田啓太)と一緒に合コンに参加することになってしまいます。

帰って来た優に、衛が焼きもちを焼くシーン、可愛かったですね。

碇さんも20代女子と3×3とか、余計なことを衛にメールするからw。

優の大好物の麻婆豆腐を作って待っていた衛。

優が「衛さんの方が可愛いよ」「ごめんね」と衛の機嫌を取るのも微笑ましい。



しかし、合コンに行ったら、赤楚衛二と町田啓太がいたとしたら、どれだけうれしいでしょうねw。

矢本悠馬さんも話がおもしろそうだから、きっと大盛り上がりの合コンになりそうです。

役柄的には、東海林さん、存在を消されてましたがw。

ゆか
ゆか

20代女子、厳しいなぁ。東海林さんがこの世にいない扱いはあまりにもひどいw。

倒れた衛

空は、リリカ(志田未来)に衛がリモートワークを中心にするなら、代わりになるCOOが必要だと言われ、衛に電話をかけます。

すると、電話の途中で衛が倒れてしまいます。

病院に運ばれた衛は、「誰にも言わんといて」と空に頼みます。

衛がリモートワークを中心にしたいと言った理由が空にバレてしまいました。



一方、『スリースターブックス』では、東海林が目をつけていた中村中子から連絡が来ました。

中村先生は紙媒体にこだわりがあるようです。

そして、次のイベントの手伝いをしてくれたら考えてもいいということでした。

2000部の製本印刷が必要です。

中村先生には、紙質などもいろいろとこだわりがあるようです。



優の実家の印刷工場も入札させてもらえることになり、経営の立て直しが出来る希望が見えてきました。

優の父には、大きな借金がありました。

優の妹の真子(茅島みずき)の学費が払えないほど。

優の父は、友人の借金の保証人になってしまい、1000万円もの借金があるのです。

ゆか
ゆか

借金の保証人にだけはなるものではありませんね。優くんの両親がお金がないのは、人が良すぎるからかもしれません。

窮地に立たされる優

投資家への説明会にCOOとして向かう優ですが、投資家たちはCEOの衛が来ないことに納得してくれないようです。

がんばっている優ですが、やはり投資するとなるとCEOが動かないと納得してもらえないでしょう。

しかし、衛の体調は少しづつ悪化しているようで…。



さらに、父の印刷工場に発注した中村先生の本が、2000部という約束が200部しか納品されていないことが分かりました。

あと1800部、どうなっているのでしょうか。

他に印刷してくれる会社を探していた優ですが、どうしても見つからず、会社に戻って来たら父が会社に来ていて、土下座されます。

その姿を見て優は「土下座されても困る。土下座なんて1円にもならない」と父に冷たく言ってしまいます。



お父さんも間に合わないなら、何故もっと早く連絡してきてくれなかったのでしょう。

これは、いくら家族思いの優くんでも怒って当然。



そして、優はお金で解決しようとしますが、中村先生にとっては作品は生きがい。

お金の問題ではないのです。



やるせない気持ちで家に帰って来た優。

すると、空と衛が病院から帰って来ました。

衛は、病気のことを優にも話していないのです。

衛は、ときどき子供の話をする優に自分が病気だと言い出せなかったのです。

脳梗塞の人が出産するのはとても危険だと言われていますよね…。

ゆか
ゆか

優くんは、自分ではなく空に頼っていた衛にショックを受けたのかも。しかし、あれはたまたまだったし、衛は誰にも言うつもりがなかったのです。

あまりにも全てにおいて窮地に立たされた優は、一人涙を流します。

翌日は、『スリースターブックス』上場の日。

中村先生の件は、東海林が何とか収めてくれたようですが、東海林の悔しさが伝わって来ます。

中村先生は、訴えることはしないけれどもう二度と『スリースターブックス』とは関わりたくないと言って…。

優の言葉

優は、家に帰ると両親が来ていて、母は、馴染みの印刷会社にヘルプを頼んでいたけれど、その会社が倒産してしまって仕方がなかったと言います。

それを聞いても、優は怒りが治まらず、最後通牒を叩きつけてしまいます。

「もう、仕事辞めた方がいいんじゃないの?」と。

そして、真子の学費としてお金を渡すのですが、もらえないという母に「もらうしかないよ。真子の学費なんだから」と言って出て行ってしまいます。

ゆか
ゆか

両親は貧乏であることに慣れてしまっていると優くんは言います。両親にとって息子からこんな風に言われるほどつらいことはないでしょう。

ドラマ「SUPER RICH」第9話 感想 最後に

ドラマ「SUPER RICH」第9話の感想でした。

ラストシーンで、豪徳くんから怪しげなビジネスに誘われた優くん。

優くん、衛さんに迷惑かけたくないと思っているんだと思うけど、絶対やめてほしいです。

今回は、優くんが窮地に立たされるターンで、本当に辛かった…。



以下の記事で、第8話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

ebook ドラマ「SUPER RICH」第8話 感想 主演・江口のりこ|第二章完結

ドラマ「SUPER RICH」第1~9話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
ディレクターズカット版配信中です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA