ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話 感想 主演・清野菜名/坂口健太郎

hand in hand

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話の感想です。

今回は、百瀬の実家のモモセ弁当に明葉がお手伝いにいくことに。

頑張る明葉でしたが、あるトラブルを起こしてしまい‥。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話の感想 はじめに

monkey toy

あらすじ

 百瀬(坂口健太郎)と偽装結婚して、早2週間。

 …他人同士が突然一緒に暮らし始めてうまくいくわけがなく。キッチリしている百瀬の生活スタイルに合わせるズボラな明葉(清野菜名)。さらに、趣味のカプセルトイ集めに文句を言われ、明葉はイライラで我慢の限界!!

 そんなある日、明葉が家に帰るとそこにはなぜか百瀬の兄・旭(前野朋哉)が。百瀬に週末だけ、モモズ弁当を手伝って欲しいというお願いにきていたのだ。バイト代に目がくらんだ明葉は、仕事の百瀬に代わってお店を手伝いに行くことに。

 初の百瀬の実家で、義兄嫁の美晴(倉科カナ)とも仲良くなれ、浮かれ気分の明葉。料理が苦手なので多少(?)の失敗はあったけど、できることは率先してやりたいと頑張っていた。だが、明葉が良かれと思ってやったことが、取り返しのつかない大失敗に!! 百瀬からもキツイことを言われ、明葉は落ち込むのだが…。

[引用元]TBSテレビ「婚姻届に判を捺しただけですが」公式サイトSTORY

登場人物

大加戸明葉/清野菜名
「森田デザイン」のデザイナー。彼氏なしだが、おひとり様最高!のOL。ひょんなことから百瀬の偽装妻になることになって…。

百瀬柊/坂口健太郎

広告代理店「秀伝堂」の社員。変人だが、イケメンで仕事も出来て真面目な性格。ある理由があって“既婚者”肩書が欲しくて明葉に偽装結婚を持ちかける。

森田聡/田辺誠一

「森田デザイン」の社長。明葉の上司で、部下の面倒見がいい素敵な上司。社内で唯一の既婚者で愛妻家だと言われている。

舛田康弘/岡田圭右

柊の上司で、営業部長。関西弁で部下にもすぐにツッコミを入れる。柊と仲良くなりたくて飲みに誘うことが多い。

小杉美雪/中川翔子

明葉の先輩。デザイナー。20代で自由を謳歌しすぎて、30代に入って慌てて婚活を始める。

麻宮祥子/深川麻衣

広告代理店「秀伝堂」の受付嬢。結婚願望はあるが、愛情よりも相手に高いスペックを望む。柊に結婚を申し込まれたことがある。

井上陸/森永悠希
「秀伝堂」若手営業マン。よく気が利くので上司に可愛がられている。休日はいつもYouTubeを観ている。

坂原証/笠原秀幸

明葉の先輩。ベテランデザイナーで実力は社内一。長らく彼女はいないが男としての自分に自信がある。

藤井ひかり/小林涼子

明葉の先輩デザイナー。2.5次元俳優好き。推しのためなら全国どこへでも行く。SNS上での友達が多い。

田村彩乃/長見玲亜

入社一年目の新人デザイナー。友達が多く、トレンドに敏感。お金持ちのお嬢様で、今まで順風満帆な人生を歩んできた。

牧原唯斗/高杉真宙

動物看護士。人懐っこく、天然。何を考えているかわからなそうで、実は洞察力が優れている。

大加戸初恵/木野花

明葉の祖母。小料理屋「はつや」を営んでいる。海外にいる明葉の両親に変わり、明葉を育ててくれた。明葉が柊と結婚することを心から喜んでいる。

百瀬旭/前野朋哉

柊の兄。弟とは真逆の性格。実家のお弁当屋さんを継ぎ、妻の美晴と営んでいる。美晴とはとても仲が良い。

百瀬美晴/倉科カナ

旭の妻。柊の義姉。ナチュラル美人で天然。明るく器用な料理上手。

百瀬透/小倉博久
百瀬の父。

百瀬すみれ/朝加真由美

百瀬の母。

おもち
百瀬の飼い猫。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話の感想 

obentou_building

お互いを認め合うこと

百瀬(坂口健太郎)は、明葉(清野菜名)が好きで集めているカプセルトイのおもちゃを玄関に飾っていると「片付けてくれ」と言います。

二人は、偽装結婚をしているわけですから、趣味を認め合うことは難しいですね。

相手のことを何も知らずに結婚してしまったわけですから。



森田社長(田辺誠一)が夫婦に大切なことは仕事ですれ違っていても「お互い認め合うこと」だと言います。

それが出来ないのが、百瀬と明葉。

ゆか
ゆか

百瀬さん、少しくらい明葉の趣味を認めてあげてもいいのに…と思いますが、このゴージャスな玄関にカプセルトイのおもちゃは、似合わないかもw

モモセ弁当にお手伝いに

大口の注文が入ったモモセ弁当。

しかし、両親が商店会の慰安旅行に行くことになって、手伝いが欲しい兄の旭(前野朋哉)が百瀬の家にやって来ます。

百瀬の代わりに明葉が手伝いに行くことに。


この段階で、もう明葉が何かやらかしそうなのは見えてしまいますねw。

おそらく百瀬もそれを見越して、また文書を作成していました。

真面目というか、堅苦しいというか、明葉を信用していないというか…。

想定問答集。

自分たちのことを兄夫婦に聞かれたら、こう答えてくれと言うもの。

さらに、明葉が料理上手だということになっていて…。

これは、かなり厳しいかも。

ゆか
ゆか

百瀬さん、ちょっと明葉に相談してもよかったのでは?w

美しい美晴さん

旭の妻・美晴(倉科カナ)は、超絶美人。

とってもかわいい明葉でも、そう思うくらい美人です。



最近、倉科カナさん、こういう役多いですよね。

美人でいい人で、ヒロインを意気消沈させる役。

たしか、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」でもヒロインを惑わす美人バイオリニスト役でした。



今の段階では、明葉は百瀬のことを好きでも何でもないようですが、おそらく二人は結ばれるはずw。

百瀬が一生好きでいたい人は、美晴さんだったんですね。

正直、申し訳ないですが…旭さんを見ていたら奥さんがこんな美人だとは想像できませんよね…。

ゆか
ゆか

義理のお姉さんを好きになってしまったとは、かなり苦しい。どんなことがあっても、その気持ちを表に出すことはできないし、兄を裏切るようなことは絶対できません。

ひまわりのように笑う人

百瀬が明葉より先に結婚を申し込んでいた受付嬢の麻宮祥子(深川麻衣)。

彼女だけは二人が偽装結婚だということを知っています。



麻宮さん、これからいろいろ意地悪なことしてきそうでワクワクするw。



そして、百瀬は麻宮さんには「好きな人はひまわりのように笑う人」と言ったようです。

まさに、美晴さんにぴったりの形容詞。

ゆか
ゆか

百瀬さん、本当に美晴さんのことが好きなんですね。しかし、これは苦しい恋だ。

一方、モモセ弁当に手伝いに来た明葉は、店番はうまくできているのですが、調理場に入るとボロが出てしまい…。

ラディッシュの切り方が斬新すぎるw。

デザイナーなんだから、盛り付けくらいはうまくできても良さそうですが。

家族のあたたかさ

美晴と柊は、中学の時の同級生。

美晴の両親は、仕事で帰りが遅く、モモセ弁当にお弁当を買いに来ていたのが縁で旭と仲良くなったようです。



百瀬はその頃から、美晴さんのことが好きだったのかな…。



そして、姉夫婦と合流した百瀬と明葉の四人でお鍋を囲んで食事をします。

明葉は、両親はずっと海外でおばあちゃんはお店があったので、家族で食事をしたことがほとんどなかったのです。

子供の頃から一人だと、他人と暮らすのが苦痛になるのはとてもよくわかります。

しかし、明葉はここで家族のあたたかさを知ったようです。



一方、百瀬は美晴に「明葉ちゃんと絶対幸せになってね」と言われ、複雑な心境に。

一生かけて好きでいようとしている人に、そんな風に言われる百瀬の気持ち。

考えたら、胸が痛みます。

美晴さんがあまりにもいい人過ぎるし。

厳しい百瀬

明葉は、メモ書きにあったひき肉の注文を勘違いして大量に発注してしまいます。

本当は牛と豚の合いびき肉7:3を600gと書いていたのを、600gを7×3だと思い、600gのひき肉を21個注文してしまったのです。



このときの百瀬がかなり厳しい。

「これ以上を僕の家族に迷惑をかけないでください。あなたを選んだ僕がバカだった」なんて。

確かに、迷惑をかけてはいますが、言われる前にやれとプレッシャーをかけたのは百瀬です。

ちょっと厳しすぎる。

偽装結婚でも、一緒に住むのですからこれは言い過ぎ!

ゆか
ゆか

美晴さんが旭さんを選んだ理由、わかる気がする。すごく優しくて心遣いの出来る人。

おもちが病気に

百瀬が飼っている猫の「おもち」ちゃんが、実家に連れて行ったことで少し具合が悪くなってしまったようです。

百瀬に全否定された明葉は、動物病院におもちを連れていきます。

そこにいたのが、あのサーフボードを持ったイケメンくん。

彼は、動物病院の看護師だったのです。



この動物看護士の牧原くん(高杉真宙)。

これから、物語に大きく絡んできそう。

高杉真宙くん、痩せましたね。さらにイケメンになったし、大人っぽくなりました。

牧原くんの存在もこれから注目ですね。

明葉、本領発揮

明葉は、もうお金は消費者金融から借りて、離婚してもらおうと思っています。

おもちを百瀬の家に連れて帰ると、玄関にカプセルトイが飾られていました。

百瀬に片付けられていたと思っていたのに。



そして、モモセ弁当のSNSで限定80個のハンバーガーが販売されることを知ります。

明葉が誤発注したひき肉を使って。

それを見た明葉は、デザイナーとしての本領発揮。

素敵なチラシを作って、宣伝に貢献したのです。



百瀬は一生懸命チラシを配る明葉を見て、心を動かされたようです。

チラシ配りを半分手伝ってくれることに。



そして、家に帰って来たら一言「あなたでよかったです」と言った百瀬。

本当にシャイだなーw。



以下に、Twitterで本作の感想をつぶやかれていたものを掲載させていただきました。
↓ ↓ ↓

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話の感想 最後に

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第2話の感想でした。

これからの二人がどんな風になっていくのか、受付嬢と動物看護士も関わって来そうで、いろいろ楽しみ。

次回はBBQに行くのでしょうか。

楽しみです!



以下の記事で、第1話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

【関連記事】

hand in hand ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第1話 感想 主演・清野菜名/坂口健太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA