ドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」第3話 感想 主演・柳楽優弥|前田花恋が転塾?

study

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」第3話の感想です。

今回は、黒木の裏の顔が明かされます。

桜花ゼミナールでトップの生徒・前田花恋が、名門塾「ルトワック」に転塾するのではないかという話が持ち上がります。

しかし、桜花でトップの花恋でも勝てないほど「ルトワック」の生徒はハイレベルで…。

ドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」第3話 感想 はじめに

mother and child

あらすじ

ある日、桜花ゼミナール吉祥寺校に、講師の木村(今井隆文)が慌てた様子で出勤して来る。なんと、Ωクラスの前田花恋(田中絆菜)がルトワックへ入っていく姿を目撃したという…。桜花が誇る金の卵の転塾の危機に講師たちが焦る中、校長の黒木蔵人(柳楽優弥)は「放っておきましょう」の一言だけ。以前、自分が他の生徒に行ったマンツーマン指導を妬んでいた花恋の様子を思い出した佐倉麻衣(井上真央)は、自分のせいで花恋が転塾を考えたのではないかと責任を感じる。

一方、ルトワックを見学する花恋は、講師の灰谷純(加藤シゲアキ)から成績トップのSクラスへの編入を約束され、体験授業を申し込む。その後、桜花に来なくなってしまった花恋を心配する佐倉の元に、花恋の母・前田麗子(高岡早紀)が面談に訪れる。医師の麗子は忙しい日々を送りながらも塾の面談や弁当作りまでこなし、花恋の受験を支える完璧な母親。麗子によると、花恋は勉強ができるあまり、学校では教師や同級生たちとうまくいっていないという…。

転塾に関しては花恋の判断を尊重したいという麗子、そして、花恋のような競争心がある子はルトワックの方が向いているのかもと考える桂。そんな大人たちの考えをよそに、体験授業に参加した花恋はルトワックの授業スピードやハイレベルな生徒たちに圧倒され、夜遅くまで勉強するほど自分を追い込んでしまう。

そんなある日、偶然花恋を見かけた佐倉は、花恋の脚に付けられた傷痕に気付く。佐倉から花恋の様子を聞いた黒木は「そろそろなのかもしれない」と意味深な言葉を呟く。その夕方、疲れ切った様子で一人吉祥寺の街を歩く花恋に、怪しい人影が近付いていく…。

[引用元]日本テレビ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」公式サイトSTORY

登場人物

黒木蔵人/柳楽優弥
業界最大手名門受験塾の「ルトワック」から「桜花ゼミナール」吉祥寺校の校長となったスーパー塾講師。「全員を第一希望校に合格させる」と宣言。現実主義者。鋭い洞察力と行動力で生徒を導き、親たちの不安を解決。父親を「ATM」、子供を「金脈」と呼ぶお金第一主義。

佐倉麻衣/井上真央

「桜花ゼミナール」吉祥寺校の新人講師。中学校教員の経験があり、黒木のやり方に抵抗がある。中学教員を辞めたのにはある事情があって…。

灰谷純/加藤シゲアキ

超名門受験塾「ルトワック」の講師。難関校の合格者を多数輩出している。尊敬していた黒木がルトワックを辞めて桜花ゼミナールに移籍したことを責めている。黒木の動向を探る。

橘勇作/池田鉄洋

桜花ゼミナール吉祥寺校の数学・理科担当。6年生Ωクラス担任。黒木の指導方針に反発。大のボーリング好き。

桂歌子/瀧内久美

桜花ゼミナール吉祥寺校の国語・社会担当。6年生Aクラス担任。佐倉の良き相談相手。

木村大志/今井隆文

桜花ゼミナール吉祥寺校の国語・社会担当。お調子者で黒木不在のときに大口を叩きがち。

大森新平/加治将樹

ボーリング場「井の頭ボウル」の経営者。そのボーリング場の一角でスナックも経営。桜花ゼミナールの講師たちに憩いの場を提供している。

大森紗良/住野萌乃

新平の娘。亡き妻の連れ子だが新平とは本当の親子のように仲が良い。名門・二葉女子学院に通学している。

白柳徳道/岸部一徳

桜花ゼミナールの社長。一人で、黒木を校長として迎え佐倉を面接し、一発合格させた。いい加減なようで観察眼は鋭い。

ドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」第3話 感想 

泣く少年

前田花恋が転塾?

前田花恋(田中絆菜)は、桜花ゼミナールのΩクラスでも、1、2を争うほど優秀な生徒です。

そんな花恋が、名門塾「ルトワック」に転塾するのではないかと言われています。

実際、花恋と母親の麗子(高岡早紀)が、「ルトワック」の見学に向かっている姿を木村先生(今井隆文)が目撃しています。

花恋は、このところ桜花ゼミナールの授業に物足りなさを感じているようでした。

「ルトワック」に見学に行った花恋は、俄然やる気を出しているようです。

「ルトワック」でトップになるのだと。




しかし、さすがに名門塾と呼び声高い「ルトワック」は、桜花ゼミナールに比べて、かなりハイレベルな生徒でいっぱいです。

桜花ではいつもトップで女王様扱いされてきた花恋は、大きなショックを受けてしまいます。

夜中まで勉強して、「ルトワック」の授業についていくのに必死になっています。

「ルトワック」で行われたテストで、クラスの最低点を取ってしまった花恋。

桜花では考えられないことでした。

ゆか
ゆか

ルトワックの生徒、恐るべし。花恋は桜花ではいつもトップクラスなのです。それが最低点を取ってしまうとは。

心配する母・麗子

花恋の母・麗子は、自身も女医として働いていて、とても優秀な女性です。

学生時代はかなり勉強もしてきたと思いますが、そんな麗子が花恋の勉強への取り組み方をとても心配しています。

桜花ゼミナールにも面会に来て、麗子は「あの子のやりたいと思う方法で頑張らせてやりたい」と言います。

素晴らしいお母さんです。



そして、そんな母を持つ花恋は、とにかくルトワックでもトップを取りたいようです。

そのために、学校から帰って来たらすぐにルトワックに向かい、塾の授業を終えて帰って来ても、まだ勉強をしています。

小学生が夜中の1時を過ぎてもまだ起きて勉強しているのは、どう考えても異常だと言えるでしょう。

ゆか
ゆか

花恋ちゃんは、本当に負けず嫌いでいつもトップでいたい性格。それならば、桜花にいた方がよかったのでは?上には上がいるということです。

そんなことも黒木(柳楽優弥)は、わかっているようでした。

花恋が転塾しそうなのを知っても、「放っておきましょう」としかいいませんでした。

何も悪いことはしていない

勉強しない子供に親が怒るのは普通ですが、勉強しすぎる子供を叱らなければならないのは、親としても辛いと思います。

花恋は、何一つ悪いことはしていないのです。



麗子は、自分も仕事をこなしながら、花恋のためにお弁当を作りも欠かしません。

麗子は、あまりにも遅くまで勉強している花恋に「いい加減にしなさい」と言います。

しかし、花恋には自分が勉強したくてしているのに、どうして咎められるのかがわかりません。

ただ、麗子は花恋が身体を壊さないか心配しているのですが…。

公園にいた花恋

佐倉先生(井上真央)が、出勤途中にある公園で学校が始まっている時間なのに花恋がぽつんと一人でいるのを見つけます。

花恋は勉強が出来過ぎるあまり、クラスでも浮いた存在なのです。



黒木先生には、放っておけと言われていたのですが、佐倉先生は思わず花恋に駆け寄ります。

すると太ももに引っかき傷を見つけます。

これは、ストレスで自傷行為に及んでいる可能性があると思った佐倉先生は、花恋に声をかけます。

しかし、花恋は佐倉先生にも「放っておいて」と言って走り去ってしまいます。

佐倉先生は、そのことを黒木先生に報告。

ゆか
ゆか

花恋ちゃんは、ルトワックに体験入塾して以来、かなり精神的に参っています。黒木先生は、もうそろそろかもしれないですねと言って、花恋に会いに行きます。

花恋に会いに行った黒木

黒木先生は、甘酒を買って花恋に会いに行きました。

甘酒は、飲む点滴と言われるほど体にいいのだと言って、花恋に渡します。

学校のクラスメイトとうまくいっていない花恋は、黒木先生が「どうして勉強が出来る子は学校で褒められないんだろうね」と言うと、突然泣き出します。

そして、かなり参っている花恋に「花恋は女王様が似合う。僕や桜花にとっては花恋は女王様だ。花恋の席は空けてまっているよ」と言って去っていきます。

麗子を泣かせて

花恋は黒木と別れたあと家に帰ると、麗子が心配して待っていました。

それでも、宿題をしようとする花恋に、麗子は泣きだしてしまいます。

花恋は、「私、ママを悲しませるようなことしてる?」と大粒の涙をこぼします。

ゆか
ゆか

このシーンの花恋役の田中絆菜ちゃん、素晴らしい演技でしたね。もらい泣きしてしまいそうになるほどでした。

二人は抱き合って泣き、花恋は桜花に戻ることに決めます。

桜花に帰って来た花恋は、水を得た魚のように生き生きとしています。

黒木先生のやり方は、少し荒療治でしたが、花恋にとってはよかったと言えるのでしょう。

黒木の裏の顔

黒木は、桜花ゼミナールを出ると、キャバクラに通っているという噂があります。

しかし、黒木が向かったのは、キャバクラの「勉強部屋」のようなところ。

黒木は公立高校を受験する中学生たちに勉強を教えているようです。

紗良ちゃん(住野萌乃)も、ここで「先生」をしています。



それと、おそらく子供の頃、勉強が出来なかったキャバ嬢にも勉強を教えているようです。

お金が全てのように見える黒木ですが、ここでは無料で勉強を教えているようで…。

もう一つの黒木の顔でした…。

中学受験は知識の定着が著しい

私は中学受験は経験がないのですが、従妹弟たちはほぼ全員中学受験をしています。

そして、みんな中学受験をしてよかったと言います。

遊ぶ時間や好きなことをする時間も、塾に通っていてもちゃんと確保できるし、中学受験をしたことでそのときの知識が今も残っていると言います。

正直、私は小中学校で勉強したことを覚えているか?と言われたら、理数系のことはほぼ覚えていません。

旅人算や水溶液の問題が、本作には何度も出てくるのですが、恥ずかしながら全く覚えてない…。

中学受験をする時期は、頭も柔らかく、知識が定着しやすい時期なのだと思います。



本作「二月の勝者」で描かれていることは、小学生なのに可哀想という意見もあるようですが、今、中学受験の勉強を頑張っている子供たちにとっても、やる気を与えるドラマなのではないかと思います。

ゆか
ゆか

受験生を持つお母さん、お父さん、そして受験する子供たち、応援しています!

ドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」第3話 感想 最後に

ドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」第3話の感想でした。

最後に、黒木の別の顔が明かされました。

お金が全てのように見える黒木ですが、キャバ嬢やおそらく塾に通えない家庭環境の子供に勉強を教えているようです。

これは一体…。


以下の記事で、第2話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

study ドラマ「二月の勝者ー絶対合格の教室ー」第2話 感想 主演・柳楽優弥|「これだけできる子」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA