ドラマ「SUPER RICH」第3話 感想 主演・江口のりこ|ゼロからの再出発

ebook

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「SUPER RICH」第3話の感想です。

今回は、『スリースターブックス』がゼロからのスタートを切ります。

大物作家に新作の執筆を依頼し、新人賞を応募します。

そこに、投資家の男がお金で衛を動かそうとして…。

今回もワクワクする展開です!


ドラマ「SUPER RICH」第1~3話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「SUPER RICH」第3話 感想 はじめに

smart phone

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)はオフィスビルを引き払い、従業員を整理して、古い一軒家を借りて新生『スリースターブックス』を始めることにした。衛について来たのは、宮村空(町田啓太)や今吉零子(中村ゆり)たち役員と、なぜか田中リリカ(志田未来)たちインターンの3人。また、会社の核となる電子書籍編集部の碇健二(古田新太)、鬼頭流星(嘉島陸)も加わる。だが、空たち全員が不思議なのは、春野優(赤楚衛二)の存在。ただで雑用もすると言うので好都合だと、衛は優を重宝しているようだが、会社に一緒に住むと聞いた空は気が気でない。

新生『スタースリーブックス』の初仕事として、衛は“ビッグバン作戦”を提案。有望な新人作家を自社で発掘するため、漫画コンクールを開催するという。鮫島彩(菅野莉央)や豪徳尊(板垣瑞生)は疑問に思うが、碇は乗り気。また、衛は並行して最近作品を描いていない漫画家や、まだ電子書籍化していない作家にも仕事のオファーをすると言い、誰もが知っているが近年は作品を発表していない、北別府K(松田美由紀)に目星をつけていた。

早速、衛が北別府に会いに出かけると、優がついてくる。一方、衛が留守の会社には、1人の紳士が訪ねて来る。投資家だと名乗るその紳士は、今吉たちにある提案を持ちかけて…。

[引用元]フジテレビ「SUPER RICH」公式サイトSTORY

登場人物

氷河衛/江口のりこ
『スリースターブックス』の代表取締役CEO。裕福な家で育ち、今までお金で苦労したことが一度もない。全てはお金で解決できると考えており、忙しく働く日々を送っている。女性起業家として社会的に評価されているが、親を早くに亡くしているため、愛に飢えた人生を過ごす。大学時代に知り合った一ノ瀬と『スリースターブックス』を起ち上げた。

春野優/赤楚衛二
プログラミング専門学校の専門学生。愛情に包まれて育ったが、経済的には常に厳しい状況で過ごしてきた。手に職をつけるため専門学校に入学し、アルバイト代で生計を立てている。『スリースターブックス』がインターンの募集をしているのを知り、応募した。固い意志と行動力を備えた青年。

宮村空/町田啓太

『スリースターブックス』の人事責任者。しっかり者で、衛に対する忠誠心が強く、衛から絶大な信頼を置かれている。衛への忠誠心にはある出来事が関わっている。インターン生には優しく接する。ただ、衛を慕う春野には厳しい。

一ノ瀬亮/戸次重幸

『スリースターブックス』のCEO。大学時代に知り合った衛と二人で会社を成長させてきた。衛からの信頼は絶大。会社を成長させるために投資に力を入れており、多少無理な投資も衛からは許されている。そんな信頼関係の強さから二人はつきあっているという噂も。

今吉玲子/中村ゆり
『スリースターブックス』の財務責任者。衛の親友。会社設立当時から衛を支える。会社の財務を管理しているため、一ノ瀬の投資のやり方に疑問を持っている。

東海林達也/矢本悠馬

『スリースターブックス』の技術責任者。機転が利いてフットワークが軽い。物腰は柔らかいが、上司にNOが言える存在。衛からは信頼されている。

鮫島彩/菅野莉央

『スリースターブックス』のマーケティング責任者。世の中の動向や流行を素早く察知する。衛を慕い、会社を大切に思い、仕事にやりがいを感じている。仕事のスキルの高さから時には衛に意見を求められることも。

春野真子/茅島みずき

年の離れた優の妹。しっかり者。電話では優を冷やかしながらいつも応援してくれる。

春野桜/美保純

優の母。栃木県で工場を経営しているが、経営状態は良くない。夫は出稼ぎに出ている。インターンになった優を心から応援している。

碇健二/古田新太
『スリースターブックス』の電子書籍編集長。締め切りに追われ、いつもデスクが散らかっている。飄々とした性格で着実に仕事をこなしていく。衛の要望を受け流しながら、最高の仕事環境を与えてくれたことに感謝している。衛が本心を話せる存在の一人。

鬼頭流星/嘉島陸

『スリースターブックス』で働く若手社員。沖縄出身でいつもアロハ。オリジナル作品でヒットを飛ばすことを夢に懸命に働く。

田中リリカ/志田未来

『スリースターブックス』のインターン。勝ち気で自信家の大学生。自分に自信があるが、春野と話すときだけはペースを乱される。

豪徳尊/板垣瑞生

『スリースターブックス』インターン。明朗快活な大学生。インターンの女子学生に馴れ馴れしく、押しが強い。インターン生の盛り上げ役。

髙橋みゆ/野々村はなの

『スリースターブックス』インターン。落ち着いた性格でクール。インターンに熱意はあまりなく、会社の危機によって自分の進路に決断を迫られる。

島谷聡美/松嶋菜々子

大手IT企業『MEDIA社』の取締役。かつての衛の上司。衛を育て上げた人物で、衛の能力を高く評価している。衛の憧れの存在。

ドラマ「SUPER RICH」第3話 感想 

mouse-trap

ゼロからスタート

『スリースターブックス』は、ゼロからのスタート。

古い民家を借りて、そこが事務所と衛(江口のりこ)の自宅となりました。

この古い家は、雨漏りはするし、ネズミはいるし…。

今までの衛の生活とは真逆もいいところなのですが、ここに何故か優(赤楚衛二)も一緒に住むことになりました。



番犬の代わりかなw。

優の実家は、この家のように古かったらしく、雨漏りも直してしまいます。

ゆか
ゆか

優くん、やっぱり犬っぽくて可愛い。人畜無害な感じで衛さんも安心。しかし、空(町田啓太)だけは心中穏やかではありません。必要なこと以外話すな、常に5m以上離れろと。

ビッグバン作戦

衛は、せっかくゼロからスタートするのだから、大きな目標をぶち上げようと「ビッグバン作戦」を提案します。

『スリースターブックス』の専属新人作家を見出すことと、既にヒット作を持っている大物作家の作品を電子書籍化しようというもの。

その大物作家とは、北別府K先生(松田美由紀)。

北別府K先生は、この10年作品を発表していません。

衛は北別府K先生を口説き落とし、新作を描いてもらおうと思っているのです。



しかし、衛はろくに電車に乗ったこともないお嬢様育ちなので、優は心配でたまりません。

子供の頃からいつも送り迎えがあって、社長になってからはほぼタクシーを使っていましたからね…。

投資家の飯田

衛が出かけている間に、飯田と名乗る紳士が『スリースターブックス』を訪ねてきます。

名刺からすると投資家のようです。

飯田は、『スリースターブックス』に5000万円投資するというのですが、その代わり、自分の漫画家志望の娘を看板作家にしてほしいと。

しかし、その娘の作品が…。

衛曰く「地獄絵図」。

ゆか
ゆか

投資家の娘の描いた漫画は、小学生が遊びで描くようなもの。看板作家以前の問題です。お金で何でも買えると思ったら大間違いです。

北別府K先生との面会

衛は優と共に、北別府K先生の家についてインターホンを押すと、代表作「キッスをするなら5秒前」の主人公のおまじないを言われ、衛はすらすらとその続きを答えるのです。

衛、本当に北別府K先生の大ファンなんですね。

しかし、北別府K先生は新作は大切なものだから初めての出版社には渡せないと断られてしまいます。



そう簡単にはいかないもの。

ただ、衛は諦めたわけではなさそうです。

碇は北別府K先生の元夫

北別府K先生が、衛が持って行った企画書を見て風向きが変わったのは、碇(古田新太)のせいでした。

碇は30年前、新人の北別府K先生と出会い、その才能に惚れ、そして男女の仲になって結婚したのです。

しかし、また別に新人作家を見つけ、そちらにかかりっきりになってしまった碇は離婚されてしまいました。

その新人作家と浮気までしていたのです。



ただ、碇が北別府K先生を見出したということは、碇には新人作家を見つける目があるということです。

ゆか
ゆか

碇さん、女癖は悪そうですが、有望な新人作家を見出してくれそうな予感。

男はみんな若い女が好き?

優は、家事が何もできない衛のために、家事の他、雑用もこなしてくれます。

雨漏りも直してくれて、料理も上手です。



そして、衛と二人で食べたラーメン屋さんにばったり出会い、余ったもやしを大量にもらってきました。

もやしと言えば、貧乏人のお助け野菜w。

それも、タダでもらったもやしで、優は料理の腕を振るいます。

すごくおいしそう!



二人で食事をしながら、碇の話になります。

衛は男性は若い女性が好きなものだと言います。

しかし、優は自分はそんなことはない!と激しく抗議。

優は、衛のことが大好きなのです。



そして、衛は優に「いつまでもここにいることはない。君は思った以上に周りのことが見えているから」と言います。

優は、衛に迷惑をかけていると思っているようですが…。



衛は、いろんな大事な場面で北別府K先生の作品のセリフを繰り出してきます。

今吉(中村ゆり)をドキドキさせたり、優をドギマギさせたり。

いつも関西弁の衛が標準語になったときが、セリフを言うときw。

ゆか
ゆか

江口のりこさんのセリフ回しがすごく素敵。年下の男の子を励まし、言い聞かせるような話し方の衛がすごく優しくてカッコいい。

電子書籍界に革命を起こす

碇は、北別府K先生のところに行って、新作を描いてくれるように説得に行きます。

あと少しで口説き落とせそうだったのに、浮気をしていたことを謝った途端、北別府K先生は大激怒。

自分の仕事をおろそかにしたことを怒っていただけで、浮気していたことは知らなかったのです。



碇さん、完全に逆効果過ぎるw。

2万貸してください

優は、衛と二人で北別府K先生の家に行ったとき、気になっていたことがいくつかありました。

北別府K先生の家も、雨漏りがしていたのです。

そして、雨どいも壊れていて、優はそれを直しに北別府K先生の家を訪れます。

借りた2万円で蟹を買って。



全て直したら、北別府K先生が優が持って来た蟹を料理してくれていました。

優は、雨漏りを直す傍らで、「キッスをするなら5秒前」を読みながら号泣していました。

北別府先生は、そんな純粋な優に心を許してくれたようです。

ゆか
ゆか

優くんは、自然に年上の女性のハートをキャッチするのが上手なようですね。子犬みたいな可愛い様子も、黒目がちの瞳も本当に可愛い。

しかし、やはり原稿の方は…。

新人賞に応募した理由

『スリースターブックス』の新人賞に応募してきた作品を見ていた碇。

どこかで見たような…。

北別府先生は、字はとても癖が強いのです。

そして、碇は気づきました。

北別府K先生が、『スリースターブックス』の新人賞に応募してきていたのを。



売れている作家を編集者は褒めることしかしないと、北別府先生は言います。

そして、自分の漫画が本当に面白いのかどうかがわからなくなると。

今の実力を試すために、ペンネームを変えて無名の出版社の新人賞に応募したのです。

新作を描いて、北別府先生は自分は今、空っぽだ、ゼロだと気づいたと言います。

衛は「ゼロから始めることはそんなに悪いことですか?これから、そこにいっぱい詰め込んで頑張ればいいじゃないですか」と。



そして、北別府先生の新作は、衛が言うには本当に面白くなかったようです…。

ゆか
ゆか

北別府K先生は、本気になりました。衛が面白いと言ってくれるまで描き続けると。碇もこれからは、本気で北別府先生に向き合っていくことを約束します。

企画書を破り捨てて

投資家の飯田は、どうしても娘を漫画家デビューさせようとしてお金をチラつかせます。

『スリースターブックス』にお金がないことを知って、足元を見ているのです。

衛は飯田の娘に、あなたの漫画はつまらないとはっきりいいますが、娘は開き直って悔しいとも思わないようです。

そんな人とはつきあいたくないと、企画書を破り捨てる衛。

ゼロからのスタートなのだから、やりたくないことはやらないと言って。

ドラマ「SUPER RICH」第3話 感想 最後に

ドラマ「SUPER RICH」第3話の感想でした。

ラストシーンで、衛に一ノ瀬亮が逮捕されたと電話が入ります。

一ノ瀬は、他にも何か逮捕されるようなことをしていたのでしょうか。

衛が本当にカッコよくて、ワクワクするドラマ。

次回も楽しみです!




以下の記事で、第2話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

【関連記事】

ebook ドラマ「SUPER RICH」第2話 感想 主演・江口のりこ|1億円足りない!



ドラマ「SUPER RICH」第1~3話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA