ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第5話 感想 主演・窪田正孝

radiation

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第5話の感想です。

今回は、経費節減の鬼・灰島院長がラジエーションハウスから一人、人員削減するようにという指示が出ます。

小野寺技師長は、誰一人辞めさせる気はないと言いますが、細かいところを節約しようとする技師長に疑問を持つラジエーションハウスのメンバーたち。

技師長は、いざとなったら自分が辞めることを決意していて…。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~5話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第5話の感想 はじめに

coffee cup

あらすじ

唯織(窪田正孝)たち、ラジエーションハウス共用の冷蔵庫が故障した。ちょうど病院では、経営陣に新たな医療機器や備品の購入許可を求める『備品選定委員会』が開催されていた。技師長の小野寺(遠藤憲一)は、そこで冷蔵庫を申請するが、院長の灰島(髙嶋政宏)から、「それ相応の成果を出してからにしろ」と言われ取り合ってもらえない。

そんな折、灰島から呼び出しを受けた小野寺は、人件費削減のため、技師の中から早期退職者を1人選ぶよう命じられる。だが小野寺はそれを拒否。他のことならどんなことでもやるので考え直してほしいと訴えた。すると灰島は、セレブをターゲットに、高いサービスを提供するプレミアム人間ドックの導入を指示する。

その話を受けた小野寺は、早期退職者を選べと言われた話を伏せ、プレミアム人間ドックを運営する『帝光クリニック』の見学をラジハの面々に提案する。一泊二日で温泉付き高級旅館に行ける、と聞いて同行を希望する技師たち。すると、杏(本田翼)も見学に行きたいと願い出る。クジ引きの結果、唯織、杏、裕乃(広瀬アリス)田中(八嶋智人)、そして小野寺の5名が帝光クリニックへ行くことに。

[引用元]フジテレビ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」公式サイトSTORY

登場人物

五十嵐唯織/窪田正孝
医師免許を持つ放射線技師。幼馴染の杏との約束を守って放射線技師になった。2年間のアメリカ留学を終え、再び甘春総合病院に勤務。

甘春杏/本田翼

放射線科医師。唯織の幼馴染。甘春総合病院勤務。

広瀬裕乃/広瀬アリス

甘春総合病院の放射線技師。新人として病院に入り、努力の成果で今は一人前の技師となった。五十嵐に想いを寄せる。

黒羽たまき/山口紗弥加

男っぽい性格の中堅放射線技師。昼食はいつも決まったカップラーメン。

田中福男/八嶋智人
甘春総合病院の放射線技師。

小野寺俊夫/遠藤憲一

放射線技師長。技術は一流。お酒とギャンブル好き。

軒下吾郎/浜野謙太

放射線技師。とにかくモテたい。脳のMRIが得意。

威能圭/丸山智己

AIを得意とする放射線技師。人たらしで彼が目当てで来る患者も多い。

悠木倫/矢野聖人
放射線技師。メカオタク。

辻村駿太郎/鈴木伸之

父が総合病院の院長という整形外科医。杏のことが好き。唯織の恋のライバル。

灰島将人/高嶋政宏

合理主義の新院長。病院経営が第一の冷酷な性格。

鏑木安富/浅野和之

甘春総合病院の副院長。事なかれ主義だったがラジエーションハウスのメンバーに感化され、今では院長にも意見する。

大森渚/和久井映見

甘春総合病院の前院長。唯織とラジエーションハウスのメンバーの良き理解者で、杏の相談相手。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第5話の感想 

doctor

経費節減のため技師を一人早期退職させろ

灰島院長(高島政宏)は、とにかく、経費節減するように指示を出しています。

ラジエーションハウスは、あまり売り上げが芳しくないので、備品の購入も却下されてしまいます。

実は、ラジエーションハウス内に設置されている冷蔵庫が壊れてしまったので、技師長(遠藤憲一)が申請したのです。

しかし、個人的なことに使う冷蔵庫など、もってのほかと却下されてしまいました。

そして、さらに病院全体でも売上(病院でも売上っていうのかどうかはわかりませんが)が低いラジエーションハウスは、人員を一人削減するようにと言われてしまいます。

小野寺技師長は、そのことを伏せたまま、ラジエーションハウスのメンバーに細かい経費節減を依頼して、顰蹙を買ってしまいます…。

技師長は、ラジエーションハウスのメンバーを誰一人として失いたくないのですが…。



病院経営も、大変なんですね。

病院は、用がなければ行くところではないので、売上を上げる営業などもできませんから、何かお金に繋がる方法を考えなければなりません。

そこで、院長が提案したのは、セレブ相手の人間ドックでした。

その話を聞いたラジエーションハウスのメンバーは、偉そうなセレブを相手にするのは嫌だ、他の患者さんの検査に支障をきたすと反対するメンバーが大半です。

ゆか
ゆか

人間ドックは、保険適用外なので、病院側が自由に検査料を設定できます。豪華なところは、本当にすごいらしいですね。高級ホテル並みだとか。

帝光クリニックに見学へ

小野寺技師長からセレブ相手のプレミアム人間ドックがある帝光クリニックへ見学に行こうと提案されたラジエーションハウスのメンバー。

全員では行けないので、くじ引きで行くメンバーを決定します。

温泉と豪華な料理もつくというプレミアム人間ドックにラジエーションハウスのメンバーたちは沸き立ちますが、技師長がとても悩んでいることは誰も知りません。

ゆか
ゆか

小野寺技師長は、ギャンブル好きで、ちょっとだらしないところもありますが、技師としての腕は一流。人としても優しくいい上司です。

まるで高級ホテル

帝光クリニックのプレミアム人間ドックにいくことになったのは、杏(本田翼)、五十嵐(窪田正孝)、広瀬(広瀬アリス)、田中(八嶋智人)、小野寺技師長。

検査着はシルクのガウン、尿検査用の紙コップもおしゃれな花柄、MRIは国内初入荷の中国製のもの、苦痛を感じる検査には麻酔が行われ眠っている間に終わります。

ただ、甘春総合病院とは異なり、検査の画像自体が少なく、わかりにくい病気を見つけることは難しそうです。

人数が多いので、画像加工は出来ないと、帝光クリニックの医師は言います。

ゆか
ゆか

それでは、人間ドックの意味がないのでは?高いお金を出して、病気が見つからなければ検査をする意味がありません。

高級ホテル並みのサービスと検査を受けていたラジエーションハウスのメンバーですが、温泉の中で一人の男性が心不全で倒れてしまったところに遭遇。

すぐに処置をしなければなりませんが、帝光クリニックでは「高いお金を出している人間ドックのお客さんが第一」なので、その患者さんに治療は行わず、救急車を呼ぶというのです。

杏は、すでにこのとき、プレミアム人間ドックに疑問を持ち始めていたようです。

そして、ラジエーションハウスのメンバーも、プレミアム人間ドックの導入には賛成できないと感じたようです。

病院にもいろんな考え方があるのでしょうが、本来の病院のあるべき姿とは言えません。



ラジエーションハウスのメンバーは、技師長が人員削減を迫られていることを誰も知りません。

そのため、院長に言われたプレミアム人間ドックのことも考えなければならないことを杏はそれとなく広瀬に伝えるのですが…。

ゆか
ゆか

技師長、辛いところですね。誰よりも患者さんを第一に考えているのですが、ラジハのメンバーを誰一人として失いたくないのですが…。

CTが使えない

広瀬は、少し技師長に疑問を持ち始めているのですが、技師長はエコー検査で対応できる患者を利益の大きいCT検査にしようと言います。

しかし、X線照射に必要な部品が故障し、CTが使えなくなってしまいます。

さらに、部品をすぐに交換できないある理由がありました。

保障期間を最も安いものにしていたため、今日では期限切れとなり、明日にならないと2500万円の費用がかかってしまうのです。

技師長は、そんなことになったら、人員削減を絶対に言われると思い、今日一日は絶対にもたせるように言います。

そんな技師長に広瀬は「お金、お金ってどうしたんですか?」とキレてしまいます。

確かに、患者さんのことを考えれば、広瀬が怒るのも無理はありませんが…。

すると、五十嵐が患者によってX線の照射量が変わるので、自分達技師が患者さん一人一人の照射量を見極めれば、今日一日くらいなら持つと提案します。



五十嵐は、技師長が院長に人員削減を言われていることをどこかで悟っているようかのようです。

そして、甘春総合病院の技師たちは読影医のために画像を加工し、見やすい画像を作るのが得意な人たちばかりなのです。



しかし、そこにCTを使う検査が必要な急患が運ばれてきます。

技師長の腕なら

本来ならCTを使わなければならない急患でも、技師長の技術があればエコー検査で十分だと五十嵐は言います。

五十嵐は、技師長が技師一人一人に教えて来た技術が、患者さんへの最高のサービスだと。

高級なセレブ向け人間ドックではなくても、技師の「技術」が甘春総合病院にはあるのです。

急患の患者は、無事技師長によって見つけられた病巣を取り除く手術を受けることが出来ました。



そして、技師長は高級人間ドックの導入を取りやめることにしました。

もちろん、灰島院長は黙ってはいません。

「売り上げを伸ばす気があるのか?」と言われ…。

ゆか
ゆか

灰島院長、お金お金って本当にうるせー!!

鏑木先生 good job!!

技師長は、甘春総合病院のラジエーションハウスには、お金よりも大切な技術を持った技師がいると反論。

そして、灰島院長に退職願を差し出します。

そこに、副院長の鏑木先生が現れ、技師長がエコー検査をした胆石の患者さんが一命を取り留めたと報告に来ました。

そして、手術を担当した医師も素晴らしいエコー検査の技術で、すぐに手術が出来たと言っていると。

いうなれば、2億円のCTに代わる技術を技師長が持っているということです。

鏑木先生は、その技術を甘春総合病院が失ってしまうようなことを、灰島院長がするはずがないと助言してくれました。

灰島院長は、技師長の退職願をしぶしぶ握りつぶして去っていきます。



照れ笑いを浮かべる技師長、最高にカッコよかったです!

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第5話の感想 最後に

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第5話の感想でした。

人員削減をすれば、すぐに経費削減につながるかと言えばそうではないと思います。

技術の高い技師を失うことで、甘春総合病院の評判が高くなり、患者が増えることもあるはず。

検査が十分でなく、病気を見落とす病院に行きたいと思う人はいないはずです。


以下の記事で、第4話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

【関連記事】

radiation ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第4話 感想 主演・窪田正孝


ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~5話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA