ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第9話の感想 主演・杉咲花/杉野遥亮|バイバイ黒川

heart

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第9話の感想です。

今回は、本当に切ないターンです。

正社員の話が来た森生は鹿児島へ行かなければならず、ユキコはそんな森生の重荷になりたくないと身を引くのです。

どうか、二人が幸せになってほしい…。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第9話の感想 はじめに

heart

あらすじ

森生もりお(杉野遥亮)から、白杖を持った若者が駅のホームから転落した、という連絡を受けたユキコ(杉咲花)とそら(田辺桃子)。ホームドアのない駅のホームは、視覚障害者にとっては『欄干のない橋』と同じ。その日、体験学習に向かうために駅に居た青野あおの(細田佳央太)の身を心配したユキコたちは、慌てて病院に駆けつける!しかし、病院でベッドに寝かされていたのは、青野ではなく、なぜか森生で……!?

翌日。ユキコは退院する森生に付き添うため、お弁当を用意して森生のもとへ。娘が初めて彼氏の家に上がることに神経をとがらせる誠二せいじ(岸谷五朗)の一方、イズミ(奈緒)は妹の恋を応援する。しかし、松葉杖をついた森生と白杖をついたユキコは、いつものように歩調を合わせることができず……。さらに、散らかった森生の部屋で、怪我をした森生の力になれないことに、ユキコは人知れず自信をなくしてしまう。

1週間後。ユキコの元に、就職支援をしていた緋山ひやま(小関裕太)から連絡が入る。それは、希望していた飲食関係の会社がユキコに興味を示しているという連絡!その日、森生の快気祝いに茜の店でサプライズを準備していたユキコは、嬉しい気持ちで森生を待つが……。

そんな中、森生には、獅子王ししお(鈴木伸之)を通じて正社員になるチャンスが訪れる。しかし、赴任先はなんと鹿児島だと告げられて……!

ユキコと森生、2人の前に拓ける別々の道。森生の人生を邪魔したくないと思うユキコと、ユキコの人生をサポートする緋山の存在を前に自信をなくす森生。決断を迫られた2人が選ぶ道とは……!?

[引用元]日本テレビ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」公式サイトSTORY

登場人物

赤座ユミコ/杉咲花
盲学校の高等部に通っている女の子。大きい文字ならうっすら読めるくらいの弱視。普段は白杖を使って生活している。前向きな性格で気が強い。母は数年前に他界。現在姉と父との三人暮らし。

黒川森生/杉野遥亮

地元では有名なヤンキー。レンタルビデオ店でアルバイトしている。高校は数日で中退。中学の時、ケンカで顔におった傷がある。そのせいでバイトもなかなか見つからなかった。周囲から疎外感を感じている。ある日、ユミコに出会い、一瞬で恋に落ちた。

赤座イズミ/奈緒

ユミコの姉で、ネイリストをしている。ユミコの母親代わりとして、いつもユミコを心配している。ときにその心配が過剰になることがあって…。

赤座誠二/岸谷五朗

ユミコとイズミの父。カメラマンをしている。気の強い娘たちに戸惑いながらも、ときどき深い言葉で周囲を感動させる。

金沢獅子王/鈴木伸之
森生のライバル。隣町の元ボス。森生の顔に傷をつけた男。

緑川花男/戸塚純貴

森生の仲間で、小学校時代からの付き合い。

桃井草介/堀夏喜

森生の子分。ケンカが強い森生を尊敬している。

紫村空/田辺桃子

ユミコの盲学校の同級生。行動力のある女の子で、恋愛にも積極的。視野が欠ける弱視。

青野陽太/細田佳央太

ユミコの盲学校の同級生で、生まれつきの全盲。

茶尾店長/古川雄大

盲学校近くのハンバーガーショップの店長。口癖は「チャオ!」

案内人/濱田祐太郎
盲目のコメディアン。ときどき登場し、自身の体験から豆知識を披露してくれる。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第9話の感想 

strowberry shake

ヒーローは緋山

青野(細田佳央太)が、職場体験のために緋山(小関裕太)と駅のホームで待ち合わせをしていました。

人とぶつかった拍子に、青野は点字ブロックの場所を見失ってしまいます。

そのまま電車の方へ向かって歩いてしまった青野は、ホームから転落しそうになり、待ち合わせていた緋山に助けられます。

駅で白杖の人がホームから転落したという噂を聞いた森生(杉野遥亮)は、駅に駆けつけるが青野は無事でした。

緋山も青野も怪我無く無事でしたが、青野を連れて帰ろうとした森生が、ホームで足をひねって転んでしまい、病院に運ばれることに…。



今回のヒーローは、緋山くんでしたね。

しかし、森生も本気で青野を心配して駆けつけたのです。

ゆか
ゆか

森生らしいと言えば、森生らしいですね。ユキコも黒川のダメなところも好きって言ってくれたし。

点字ブロックのことは、以前にも書きましたが、私は、普段あまり気にして歩いていませんでした。

あの黄色いブロックが、目の不自由な人にとってどれだけ大切なものか、本作を観て初めて気づきました。

森生の部屋に初訪問

予想通り、森生のアパートの部屋は散らかっています。

一日で退院できた森生を迎えに行ったユキコは、松葉杖の森生を家まで送っていきます。

部屋に二人っきりになった森生とユキコは、ふとお互いを意識してしまいます。

そこに、花男(戸田純貴)と草介(堀夏喜)からメールが…。

いい雰囲気だったユキコと森生に水を差す二人w。



それにしても、森生、散らかしすぎw。

ユキコが遊びに来るとわかっていたら掃除もしたのでしょうが、突然でしたからね。

男の子の部屋ってこんなもんかも。

ただ、お茶を入れようとしただけのユキコでしたが、大騒ぎw。

森生の快気祝い

茜(ファーストサマーウイカ)のお店で森生の快気祝が行われます。

いつものメンバーは森生にサプライズしようとしていたのですが、最初にお店に入って来たのは獅子王(鈴木伸之)でした。

サプライズは失敗。



しかし、いい話もありました。

音声ガイドのことを提案した森生に、正社員の話が舞い込みます。

しかし、場所は鹿児島。

売上の少ない地域を立て直してほしいというとてもやりがいのある仕事ですが、鹿児島はやはり遠い…。

いい話ではありますが、ずっとユキコの側にいたい森生は、断ることにしたようです。

ユキコはうれしい反面、人に必要とされることが幸せだという森生に「行った方がいい」と言わなくてよかったのか考え込んでいます。

ゆか
ゆか

ユキコといっしょにいたい森生の気持ちもわかりますが、正社員の話はまたとないいい話です。森生もゆっくり考えて決めてほしい。

ユキコの会社見学

緋山の紹介で、ユキコは会社見学に訪れます。

大きな会社で、バリアフリーも採用され、ユキコにとってはとても過ごしやすい会社です。

しかし、ユキコが希望している調理の仕事はやはり難しいようです。

事務員としての採用ならと先方も乗り気です。

求められることの幸せ。

そして、この日、緋山に好きだと告白されるユキコ。



森生が鹿児島への転勤と正社員の話を断った翌日。

朝、そのことをユキコに話すために森生はユキコを学校まで送っていきます。

ユキコは、調理の仕事に就けないけれど、緋山が紹介してくれた会社に行くことに決めました。

必要とされているなら、そこに行くと。

だから、森生も鹿児島に行ってほしいというユキコ。

ゆか
ゆか

ユキコは、自分が森生の重荷になっているのではないかと感じ始めています。森生が好きだからこそやりたいことを自分のために諦めるのではなく、前に進んでほしいのです。

花男も草介も、森生に「本当は鹿児島行きたかったんじゃないのか?」と聞きます。

いつも、大人に邪魔者扱いされてきた自分たちが必要とされていることが、二人にとってもうれしいことだったのです。

別れよう

森生は、ユキコと緋山が二人でいて緋山がユキコを抱きしめているところを見てしまいます。

緋山はユキコに「好きだ」と告げますが、ユキコは「私は黒川と出会って恋をした。私が好きなのは黒川。黒川には絶対幸せになってほしい」と言います。



ユキコは黒川に幸せになってほしいから、黒川に「別れよう」と告げます。

追いかけてくる森生に「もう、黒川の顔は見たくない」と言って足早に歩き出すユキコ。



こんなに切ないことって…。

緋山とのことを否定しないユキコ。

そうすれば、森生の心が自分から離れるとわざと冷たくしたのです。

堪えきれず、うずくまって泣き崩れるユキコ…。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第9話の感想 最後に

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第9話の感想でした。

切なすぎる…。

お互いの幸せを思って、別れを選択するしかないのでしょうか。

次回は、いよいよ最終回。

森生とユキコに幸あれ!


以下の記事で、第8話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

heart ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第8話の感想 主演・杉咲花/杉野遥亮|恋敵はデキる奴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA