ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第6話の感想 主演・大原櫻子/櫻井海音

bouquet

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第6話の感想です。

今回は、栗尾あゆみが周囲の視線に耐えきれず、過労とストレスがたまり倒れてしまいました。

あゆみは、瀬那が好きなのにマスコミを気にして会えないことから、大きなストレスがかかっていたようです。

そんなあゆみが、朝ドラの撮影を終え、驚きの発表をすることに…。

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第6話の感想 はじめに

strowberry shake

あらすじ

過労とストレスで倒れてしまったあゆみも、何とか現場に復帰することができた。しかし、突然の爆弾発言。千歳はあゆみの悩みをわかってあげられなかったことを悔やみ「瀬那と二人で会いたい」というあゆみの願いを聞き入れる。しかし、瀬那は初めて千歳に強い怒りをぶつけ…。

登場人物

冴島千歳/大原櫻子
小学校の非常勤講師をクビなり、ひょんなことから東山の芸能事務所で働くことになる。子供の頃のある経験から嘘が大嫌い。そんな千歳が担当になったのは若手俳優の藤代瀬那だった。

藤代瀬那/櫻井海音

イケメンでブレイク目前と言われている若手俳優。しかし、実は女癖が悪くいつスキャンダルを起こすかわからない問題児。

東山一樹/西村まさ彦

千歳が働くことになった芸能事務所の敏腕社長。

原真知子/佐藤江梨子

人情派のベテランマネージャー。千歳にマネージャーのいろはを教えてくれる。

朝比奈玲司/宮尾俊太郎

かつての国民的スター。スキャンダルで落ち目になり、今は事務所の雑用係。

加賀見修/東啓介

イケメンの敏腕マネージャー。

森田実久/石川瑠華

千歳の元同僚。千歳はマネージャーに向いていると背中を押す。

栗尾あゆみ/松井愛莉

千歳が働くことになった事務所の看板女優。

白川雪乃/森田望智

芸能界のトップ女優。美貌と演技力を兼ね備えたスター。

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第6話の感想 

roses

過労とストレス

栗尾あゆみ(松井愛莉)は、ストレスと過労が原因で過呼吸になってしまったようです。

自分でもそこまでストレスを感じていたことに気づかなかったあゆみは、しきりに謝る千歳(大原櫻子)に「あなたのせいじゃない」と言って…。

何とか現場復帰をしたあゆみは、朝ドラの撮影終了後、突然の引退宣言!

あゆみは、今の事務所に高校生の時からお世話になっていて、引退のことも相談すると絶対に止められると思ったため、強硬手段に出たようです。

そして、あゆみは千歳にあるお願いをします。

ゆか
ゆか

芸能人や有名人の方は、本当に大変ですね。自由に恋愛も出来ないなんて…。

瀬那には本当に好きな人がいる?

瀬那は、このところ一切女遊びをしていません。

千歳がマネージャーになったばかりの頃は、毎日のように違う女性をとっかえひっかえしていたのに。

加賀見マネージャー(東啓介)にも「本当の気持ちを伝えることは大切なことだと思いました」と、意味深発言。

熱が出たとき看病してくれた千歳に「好きだよ」と言ったことが、瀬那の本当の気持ちだったということですね。



加賀見マネージャーは、瀬那には本当に好きな女性がいるのではないかと直感的に気づいたようです。

しかし、その相手が千歳だとは夢にも思っていないでしょう。

ゆか
ゆか

いっしょに住んでいることがバレた大事!

瀬那に会いたい

あゆみのお願いというのは、瀬那と二人でだけで会いたいというものでした。

さらに、加賀見マネージャーもあゆみの引退には瀬那が関わっているのではないかと感じたようです。

同じ事務所という壁を取り払って、あゆみは瀬那と恋愛関係になりたいと思っているのでは?と。



加賀見マネージャー、まだこの事務所に来て間もないのに、するどいなぁ。

いろんな意味で敏腕マネージャー。



また、加賀見が言うには、恋愛のために名誉も仕事も地位もなげうったあゆみは世間の女性からすれば、憧れの対象となり、瀬那のイメージアップにもつながるのではないかとまで考えているようです。

それを隣で聞いていた千歳は何となく複雑な表情をしていて…。

確かに、千歳の友人の実久(石川瑠華)も、あゆみの去り際に感動している様子。

ゆか
ゆか

だけど、瀬那が本当に好きなのは千歳。話がややこしくなりそうな予感…。

あゆみの突然の引退宣言は、事務所にとっても手塩にかけて育てて来た看板女優を失うのはかなりの痛手。

原マネージャー(佐藤江梨子)も、もっとあゆみの気持ちを考えてあげればよかったと涙を流します。

そして、原マネージャーも退職願を社長に渡し、事務所を辞めてしまったのです!!

瀬那の怒り

あゆみの気持ちをくみ取り、千歳はあゆみと瀬那がふたりだけでゆっくり食事できるお店を探しました。

千歳は瀬那に「好きだよ」と言われたことは、また嘘をついているのだと思い込んでいたのです。

しかし、瀬那は本当に千歳のことが好きなのです。

以前、千歳は瀬那に嘘をつかれて「人の気持ちを何だと思っているんですか?」と怒ったことがありました。

瀬那は、あゆみとの食事から帰って来るなり、千歳に「その言葉、そのままお返しするよ」と怒りをぶつけます。



千歳も、もうそろそろ瀬那は本当は自分のことが好きなのだと気づくべきでしたねw。

もう、瀬那くんの気持ち、バレバレですけど。

そして、好きな人に別の女性との食事をセッティングされて怒り心頭。

しかし、瀬那くんも今まで自分が嘘ばかりついてきたことを反省しなくちゃね…。



ただ、あゆみはただ瀬那に自分の気持ちを伝えたかっただけで、付き合いたいと思っていたわけではないようです。

あゆみは、気持ちを伝えられただけで、心が落ち着いたようです。

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第6話の感想 最後に

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第6話の感想でした。

今回は、物語が急展開。

あゆみは引退。原マネージャーは退職。

そして、瀬那は千歳のことが本当に好きだとわかりました。

次回も、楽しみです!




以下の記事で、第5話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

bouquet ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第5話の感想 主演・大原櫻子/櫻井海音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA