ドラマ「最愛」第5話 感想と考察 主演・吉高由里子|それぞれの最愛

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「最愛」第5話の感想です。

今回は優と梨央が一番幸せだった頃の白川郷に二人で帰ります。

そこにはもちろん、警察もついて来ています。

そして、父の達雄が遺していたある動画には、達雄の「最愛」が証言されていました。

ドラマ「最愛」第5話の感想 はじめに

PC

あらすじ

ついに再会を果たした梨央(吉高由里子)と弟の優(高橋文哉)。優は9年間自分がどのような人生を歩んできたか、そして携帯電話の記録動画から自らの罪を打ち明ける。

一方、イヤホン男の住居を割り出した警察は、誠と真田ウェルネスとの関わりや、誠と優が同一人物であることも突き止めていた。さらに、大輝(松下洸平)は15年前に大麻事件を起こした元陸上部員の長嶋(金井成大)のもとを訪ね、事件当夜に関してある重要な証言を得る。

そんな中、真田グループの情報を嗅ぎ回るしおり(田中みな実)について調査する加瀬(井浦新)は、後藤(及川光博)との接点を突き止める。

そして、9年ぶりに優と語り合った梨央は、ある大胆な行動に出るのだった――。

[引用元]TBSテレビ「最愛」公式サイトSTORY

登場人物

朝宮梨央/吉高由里子
高校三年生当時、白山大学陸上部寮夫の娘。明るく誰からも愛される性格。陸上部の大輝に初めての恋心を抱いていた。将来の夢は新薬開発。弟の優とは異母姉弟。現在は「真田ホールディングス」の子会社「真田ウェルネス」の社長。バイオベンチャーを買収し、念願の製薬事業に乗り出す。

宮崎大輝/松下洸平

白山大学三年当時、陸上部のエースだった。陸上部の寮住まいで面倒見のいいさわやかな青年。寮の看板娘である梨央に恋をしている。現在は警視庁刑事部捜査一課の刑事。梨央とは15年ぶりに再会を果たす。

朝宮優/柊木陽太

梨央の弟。興奮すると記憶の一部を失うという記憶障害を持っている。異母姉の梨央のことが大好き。

朝宮達雄/光石研

白山大学陸上部の寮夫。梨央と優の愛情あふれる父親。陸上部員たちにとっても父親的な存在。梓と離婚後、秋子と再婚し、優が生まれる。15年前、クモ膜下出血で突然この世を去った。

真田梓/薬師丸ひろ子

梨央の母。「真田ホールディングス」の社長として、不動産やホテル事業を展開して成功させたやり手。達雄とは梨央が三歳のときに離婚。息子の政信を引き取り、達雄が梨央を引き取った。現在も「真田ホールディングス」の社長で、明るい性格から求心力のある社長だが、事業拡大のためには手段を選ばない。娘の梨央に子会社を任せている。

加瀬賢一郎/井浦新

真田家の番犬と言われる弁護士。東大法学部を首席で卒業。「真田ホールディングス」の法務部に所属し、梓の指示でときどき梨央の様子を見に行っていた。現在は梨央が社長を務める「真田ウェルネス」の弁護士。様々な方法で梨央をフォローしている。

長岡恵/茅島成美

達雄の再婚相手の秋子の母。秋子が亡くなってから梨央と優の面倒を見ていた。

真田政信/奥野瑛太

梨央の兄。プライドが高く、上京した梨央には冷たく当たる。現在は「真田ビジネスサービス」の社長。自分ファーストなタイプ。梨央にはライバル心を持っている。

渡辺康介/朝井大智

白山大学大学院生。薬学部。長嶋の友人でよく寮に出入りしている。突然失踪し、15年後白骨遺体で発見される。

渡辺昭/酒向芳

康介を男で一つで育てたシングルファーザー。妻とは離婚。現在は失踪した息子の康介を15年間探し続けていたが、山の中で発見された白骨遺体が康介だと判明。その10日後、本人も遺体で発見される。

長嶋透/金井成大
白山大学三年の陸上部員。

藤井隼人/岡山天音

白山大学陸上部の二年生。現在は富山県警刑事。大輝を手助けする。殺人事件と梨央の関係に苦悩する大輝の唯一の相談相手。

青木菜々/水崎綾女

白山大学陸上部のマネージャー。

高城隆之介/菅原健

白山大学陸上部の三年生。

山尾敦/津田健次郎

警視庁捜査一課係長。大輝の上司で、観察眼が鋭く部下から信頼されている。

桑田仁美/佐久間由衣

駒沢署の刑事。若い女性警官から慕われている姉御肌の女性。大輝とコンビを組み、殺人事件を捜査する。

後藤信介/及川光博

「真田ウェルネス」の専務。「真田ホールディングス」の古参社員で、次期「真田ウェルネス」の社長候補だった。梨央を敵対視する。

児島彩夏/宮下かな子

梨央の秘書。

橘しおり/田中みな実

フリーのノンフィクションライター。元新聞記者で、記者クラブ賞を受賞するほどの実力を持つ。「真田ホールディングス」の闇を追う。

情報屋/高橋文哉

後藤の指示で梨央の素行や情報を探る情報屋。

ドラマ「最愛」第5話の感想 

消去した携帯の動画を復元

優(高橋文哉)は、真田家にやって来てから自分の居場所をなくしていました。

白川郷にいた頃に戻りたい…とずっと思っていました。

そして、興奮すると全てを忘れてしまう自分の病気のこともあって、昔の記憶を取り戻すために自分が子供の頃に使っていた携帯の中にある情報を復元しました。

写真には家族と楽しそうにしている自分の姿が映っていて、笑顔を取り戻す優。

しかし、渡辺康介(朝井大智)を殺害した動画も同時に見つけてしまい、康介を殺害したのは自分だとわかったのです。

そして、優は梓(薬師丸ひろ子)や梨央(吉高由里子)に迷惑をかけたくなくて、家を出たのです。



優は、自分の病気をどれほど恨んだでしょうか。

そして、康介の罪はこんな小さな子供だった優にまで及んでいたのです。

ゆか
ゆか

優くん、悩んだんでしょうね。そして、高校を卒業する前に一人で家を出て行ったのです。

梓と加瀬(井浦新)に援助を受け、優は高校卒業まで山梨にいました。

その後、一人で生きていくために、情報処理の勉強を懸命にしたのです。



そんなとき、梨央が社長になったことを知って、梨央の周りには敵だらけだと知っていた優は一番危険な人物に近づいたのです。

それが後藤(及川光博)でした。

後藤のもとで働く優は後藤側の人間だと思っていたのですが、そうではありませんでした。

後藤が梨央を追い出すつもりだったら、優は助けるつもりで動いていたのです。

ゆか
ゆか

優くんを疑ってしまった考察をしていました、大間違いでしたw。すみません。

優は、渡辺昭(酒向芳)を殺害してしまった記憶はないけれど、自分がいつもつけているカメラに自分がやったことが映っているので、自首すると言って…。

毎月、梨央にハガキを送っていたのも、他の誰かの偽装ではなく優自身でした。

加瀬が優に、お姉さんを安心させてあげたいと言ったのです。

優は、自責の念にかられ、消えてなくなりたいとまで言っていました…。

長嶋に会いに行った大輝

一方、大輝(松下洸平)は、白山大学時代、薬物使用で逮捕された長嶋(金井成大)に会いに行っていました。

長嶋は、今では結婚もして子供もおり、熱帯魚店を営んでいました。

渡辺昭は、長嶋にも会いに来ていたようです。

どうしても昭は息子が死んだと信じられないようで、長嶋にも今でも連絡を取っているんだろう?と詰め寄って来たようです。



本作には、それぞれに「最愛」の人がいて、渡辺昭にとっての最愛は息子・康介でした。

どれだけ周囲に迷惑をかけていたと知り、遺骨が見つかっても、昭は康介はどこかで生きていると信じていました。

少し強引な気もしますが、昭はどうしても康介の死を信じられなかったのです。



長嶋は大輝に、あの台風の夜、男の叫び声を聞いたと大輝に証言。

あれは達雄さん(光石研)の声だったのではないかと。

白川に帰りたい

優は、自首すると言っていますが、一度だけ白川に帰りたいと言っています。

梨央は一緒に行くつもりです。

真田ウェルネスが大変な時期ではありますが、一日だけで帰ってくる約束で加瀬にその話をします。



もちろん、警察は梨央の動向を探っています。

白川に帰る梨央を、警察は追ってきます。

大輝は、梨央が飛騨高山行の高速バスに乗ったところを見ていました。

その同じバスに優が乗ったのも。

ゆか
ゆか

9年ぶりに姉弟二人きりで白川郷に帰るのです。優は、祖母が亡くなったとき、お葬式に行けなかったようです。おばあちゃんに謝りたいという優が、痛々しい。

優にとっては、白川郷で父と祖母、姉と暮らした日々が最も幸せだった…。

そう考えると、康介がやったことはどれだけ罪深いことなのか。

康介は襲った女性だけでなく、梨央たち家族も不幸に陥れたのです。

拉致される橘

橘(田中みな実)は、真田グループのペーパーカンパニーについて調べていました。

そして、真田グループの企業として登記されている住所に行きましたが、人がいる気配はなく、建物に侵入しようとしていたのを見られていた男(真田グループの関係者?)に、拉致されてしまいます。

真田グループも、やはり闇を抱えているようです。

その後、後藤に引き渡された橘。

ペーパーカンパニーを仕切っているのは後藤なのかもしれません。

梨央と優が白川郷に帰って

父のお墓参りに向かった梨央と優。

そこで、梨央は優に逃走資金を渡します。

梨央の貯金と達雄(光石研)が梨央と優のために貯めてくれたお金です。

「遠くに逃げて」と言って…。

ゆか
ゆか

このときの優の表情があまりにも切なくて涙が出そうになりました。優はずっと逃げてばかりだったからもうしんどいと言って…。

その頃、大輝と桑田刑事(佐久間由衣)は、白山大学に向かい、陸上部の日誌を見ていました。

渡辺康介の失踪が記載されたページ以降は、ほぼ白紙でしたが、それはクモ膜下出血で達雄が倒れたからです。

大学の近くの寮へ向かう刑事二人。

父の最愛

梨央と優は、寮で父のパソコンを見つけます。

そこには、渡辺康介の殺害、遺体遺棄は全て自分一人がやったことだと告白する動画が遺されていました。

いつか、きっと罪を償うと言って動画は終わります。

大輝は優と梨央に近づき、「俺は何かあったら、力になる」と言い、優は「俺がやった」と言い、梨央は大輝に「ずっと離れ離れやったんよ。優が幸せになるために薬作ったんよ」と。

優はせっかく会えたから、忘れたくないと言って、落ち着いた状態で大輝に逮捕されます。

優を追う梨央。

達雄の「最愛」は梨央と優でした。

考察 まとめ

今回は、さまざまなことが明らかになりました。

優は、梓と加瀬に面倒を見てもらい、高校は白川で過ごしました。

その後、一人で生きていくために情報処理の勉強をしました。

その頃、優は梨央が社長になったことを知り、梨央の邪魔をする後藤に近づき情報屋のようなことをしていたのも、梨央のためでした。

優と梨央が再会し、二人で白川の実家に戻り、達雄の動画を発見し、その中で優を庇うために「すべて自分が一人がやったことだ」と証言をしていました。

優はもう逃げたくないといって大輝に逮捕されます。

ここまでで、疑問に残っていることは…

  • 達雄は一人で康介の遺体を運び、埋めたのか?(共犯がいる?藤井かも)
  • 500万円の出所はどこだったのか?
  • 渡辺昭はあの封筒にお金が入っていることを知らなかった?
    (殺害されるときの動画で「またお金を持って来たのか」と優に言っていた)
  • 喫茶店で無言でやり取りしていたのは何故か?(先に話がついていた雰囲気)
  • 橘しおりは事件とは無関係?(大学休学の理由は両親の離婚?)

今回は、達雄さんの動画に泣かされました。

それぞれがお互いを庇い合う家族愛に、感動しました。

白川郷での暮らしが、何よりも梨央と優にとっては幸せだったのです。

あの頃に戻りたい。何もなかったことにできないのかとつぶやく梨央が切ない。

ドラマ「最愛」第5話の感想 最後に

ドラマ「最愛」第5話の感想でした。

考えすぎて余計なことまで気になっていましたが、本来「最愛」は考察ドラマではないので、もう少し素直に感動しながら観るべきだったなと思いました。

康介の事件に、今は警察官になっている藤井(岡山天音)が関わっていたら、また悲しいですね。

次回も楽しみです!


以下の記事で、第4話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

ドラマ「最愛」第4話 感想と考察 主演・吉高由里子|情報屋は優

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA