ドラマ「ムショぼけ」第6話の感想 主演・北村有起哉|14年ぶりの息子との再会

prison

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ムショぼけ」第6話の感想です。

今回は、何とかクビを免れた陣内が、14年ぶりに息子のカイトに再会します。

カイトは、金髪の野球少年になっていて、ぶっきらぼうな話し方ですが、ずっと陣内のことを心にかけていてくれたようです。

そして、陣内は、現実主義者のカイトに衝撃の事実を知らされます。

ドラマ「ムショぼけ」第6話の感想 はじめに

ball

あらすじ

陣内は迷惑駐車をしていたお得意様に入れ墨を見せて脅してしまったことから、会社をクビになりそうになる。しかし、シゲとしょうぞうの取りなしで何とか謹慎処分で済んだ。一人で公園のブランコにいると14年前、刑務所に入って以来、会っていたなかった息子のカイトがやって来て…。

登場人物

陣内宗介/北村有起哉
敵対する組織の幹部を狙撃し、14年間のムショ暮らしを経験した元反社。

リサ/武田玲奈

人気インフルエンサーで陣内に興味津々。

HIRO/九条ジョー

陣内の元舎弟で、現在は暴露系YouTuber。

オカン/末成映薫

陣内の母。

平松/木下ほうか

陣内の元兄貴分。今は解体業の会社を経営している。

さとし/松尾諭

陣内の元兄弟分。今は運送会社で働いている。

ナツキ/鳴海唯
陣内の娘。明るく優しい性格。父親思い。現在妊娠中。

カイト/山崎竜太郎
陣内の息子。高校球児。ぶっきらぼうだが、陣内を心底心配している。

夜勤部長/板尾創路

陣内にシャバの厳しさを教える幻のような存在。

ドラマ「ムショぼけ」第6話の感想 

陣内(北村有起哉)は、迷惑駐車をした男を脅すために入れ墨を見せたのですが、それがたまたま会社のお得意様だったことから、クビになりそうになります。

しかし、シゲ(藤井陽人)としょうぞう(長村航希)の取りなしで、謹慎処分で済みました。

陣内は、またキヨカとよりを戻し、家族と暮らしたいと切望しています。



そんな陣内が一人で公園のブランコにいると、一人の金髪の少年が現れます。

彼は、あの可愛かった息子のカイト(山崎竜太郎)でした。

そして、カイトはナツキから口止めされていたことですが、母のキヨカが再婚したことを陣内に告げます。



カイトは、とてもしっかりした少年に成長していました。

キヨカの再婚も、早く言った方がいいと思っていたようで、さらにナツキのことも俺が守ると言います。

カイトは今までの人生で、最も傷ついたことを乗り越えられたからどんなことでも乗り越えられると言います。

それは、4歳の時に陣内が目の前から消えたことでした。



カイトは、家族のことは命よりも大切だという陣内に「本当に俺たちのことが大切だったら、極道やめて引っ越しでもして暮らすことも出来たのではないか」と言います。

陣内は、極道で天下をとって家族を幸せにしようと考えていましたが、今はそれは間違っていたと反省しています。

カイトは、中学の時からボクシングをしていて、高校野球が終わったらボクシングで世界を獲ってみせると言います。

カイトは陣内に、ボクシングではなく相撲を取ろうと言います。

それも、一瞬で負けてしまう陣内…。



それにしても、カイトくん、破天荒ですがいい息子です。

カイトくんは陣内のことが大好きでした。

そして、今はボクシングで世界チャンピオンになって親父に楽させてやると言ってくれるのです。

ゆか
ゆか

カイトは母が再婚しても、苗字を陣内のままにしています。キヨカとケンカしましたが聞かなかったようです。カイトは本当に陣内のことが大好きなのです。

カイトが通っている高校が甲子園で試合をすることになり、TVで中継されています。

カイトはサードで4番です。



ここの演出がとても面白かったです。

カイトは甲子園で野球をしているのですが、陣内のオカン(末成映薫)の家で試合が繰り広げられる演出。

甲子園には、「キヨカたち」が応援に行っているので、陣内とオカンとナツキはお茶の間で観戦しています。

しかし、2死満塁でバッターボックスに立つカイトは甲子園にいるはずなのですが、陣内と目を合わせます。

この演出、すごくよかった!

そして、カイトは逆転サヨナラ満塁ホームランを打つのです。

感動して泣きだす陣内。

ゆか
ゆか

カイトくん、カッコいい!

翌日、仕事に行った陣内にシゲがしょうぞうが「飛んだ」と言われます。

陣内がカイトの試合を見るために仕事を休んだら、しょうぞうがさぼってばかりいるので、シゲが怒ったらそのまま辞めてしまったようなのです。

しょうぞうの代わりに70歳のよぼよぼのおじいちゃんが入ることに。

おじいちゃんは「腰が…痛いのよ…」と言って、全く仕事をしませんw。

シゲがおじいちゃんに怒っている間に、車でSNSを開く陣内。

そこで、平松(木下ほうか)が飲酒運転の上、ひき逃げで捕まったというニュースが目に飛び込んできました。



しかし、陣内は、不思議とざまぁみろとは思わなかったのです。

14年間もムダに懲役刑を受けたことやクビにされたことより、平松とのいい思い出だけが頭をよぎり、「平松、何してんねん」と悲しみが押し寄せる陣内。

さとし(松尾諭)もHIRO(九条ジョー)も、陣内と同じ思いでした。



どれだけ遺恨があっても、昔の仲間との絆は固いものなのですね。

ドラマ「ムショぼけ」第6話の感想 最後に

ドラマ「ムショぼけ」第6話の感想でした。

平松が逮捕されてしまいました。

飲酒運転の上、パトカーとカーチェイス、そして一般人の7男性を引っかけてしまったようです。

そんな平松に残念で悲しい気持ちになる元舎弟たち。



次回は、リサとデート?する陣内。

陣内は、リサと恋に落ちるのでしょうか。




以下の記事で、第5話の感想を書いています。
よろしれければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

prison ドラマ「ムショぼけ」第5話の感想 主演・北村有起哉|人気アイドルと海デート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA