ドラマ「アバランチ」第4話 ネタバレ感想 主演・綾野剛|仲間

mask

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「アバランチ」第4話の感想です。

今回は、メカにつよい打本さんのターン。

とにかく、正義感が強くて巨悪と戦う姿がカッコイイ。

そして、アバランチが作られた理由も近々明かされるようです。

今回も羽生さんが、もう強すぎて…。

ドラマ「アバランチ」第1~4話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「アバランチ」第4話の感想 はじめに

pc

あらすじ

蘭子(国生さゆり)に接触した羽生(綾野剛)は、リナ(高橋メアリージュン)が体を張って手に入れた動画で蘭子が管理する“Kファイル”を渡すよう、取り引きを持ちかける。悠源館の実態が公になれば、築き上げてきた地位や名声を失うが、かといって簡単にファイルを渡すわけにはいかない。焦る蘭子がとった行動が、大山(渡部篤郎)も巻き込み、山守(木村佳乃)も予想していなかった事態に発展する…。

一方、打本(田中要次)は、大山とも懇意の仲で、長年にわたり関東医師連合の会長を務める神崎龍臣(中丸新将)に目をつけていた。神崎の病院に向かった打本とリナは、ある女性が患者の治療の優先順位を巡って医師に詰め寄る現場に出くわす。

「いよいよ俺の出番」と意気揚々と作戦に当たる打本。その過去を山守から聞いた羽生、西城(福士蒼汰)、牧原(千葉雄大)は驚きの声を上げる…。さらに、山守は大山を切り崩すため、西城に大山の秘書で大学の同級生でもある優美(堀田茜)に近づかせるが…。

[引用元]フジテレビ「アバランチ」公式サイトSTORY

登場人物

羽生誠一/綾野剛
アバランチ。元刑事。

西城英輔/福士蒼汰

警視庁捜査一課から警視庁特別犯罪対策企画室へ。

山守美智代/木村佳乃

警視庁特別犯罪対策企画室・室長。

牧原大志/千葉雄大

アバランチ。天才ハッカー。IMMAに勤務していた姉を殺害された。

明石リナ/高橋メアリージュン

アバランチ。 元自衛隊特殊工作部隊「コヨーテ」。親友を自殺に追い込まれた。

打本鉄治/田中要次

アバランチ。元警視庁爆弾処理班。

大山健吾/渡部篤郎
内閣官房長官。

郷原栄作/利重剛

内閣総理大臣。

福本優美/堀田茜

大山の秘書。西城の友人。

ドラマ「アバランチ」第4話の感想 

japan flag

黄月蘭子の最期

大物政治家たちの「接待」に使われていた悠源館のオーナーだった黄月蘭子(国生さゆり)は、徹底的に政治家たちに利用されるだけされ、最後には大山官房長官(渡部篤郎)の裏切りにあい、自らの命を絶ってしまいます。

蘭子は、初めは高い志を持って悠源館を運営してきたはずなのですが、大山ら大物政治家たちに利用され、「Kファイル」という日本の根幹を揺るがすほどの情報を手にして、怖いものなしの存在になりました。

しかし、それも泡沫の夢。

悪徳政治家たちは手段を選ばず、散々利用してきた蘭子を情報が洩れそうになると簡単に切り捨てます。

そのことにも気づかず、蘭子は自分自身が大きな権力を持ったかのような錯覚をしていたのです。

ある意味、蘭子も大山たちの被害者なのかもしれません。

ゆか
ゆか

このところ、ドラマで怖ろしい政治家の闇が描かれていますが、本当に怖ろしい。そして、現実の怖ろしさはこれ以上なのだと感じる今日この頃。政治家は結局、自分の票獲り合戦のためにしか、動かないものなのです。

全国医師会の会長・神崎

今回のアバランチは、打本(田中要次)が中心で動きます。

大山官房長官は、アバランチの存在に気づき、内閣情報調査室の桐島に調査させています。

また、そのことに気づいたアバランチ。

山守室長(木村佳乃)は、降りたい人は?と聞きますが、全員NO。

そして、牧原(千葉雄大)は「少しづつだけど、雪崩が起きてる」とSNSの画面をメンバーに見せます。

ネット上には、警察、政府に疑問を持ち始めた国民の声で溢れている。

ゆか
ゆか

アバランチのような組織が現実の日本にもあったらなぁ。

今回のターゲットは、神崎龍臣。

関東医師連合の会長を4期務めている大物で、大山との関係も深い人物。

医師連合の選挙の票もお金で買っているという噂もあり、次の医師連合の選挙前に神崎の不正を暴くのが今回のアバランチの目的です。

打本の過去

打本は、他のメンバーと違って、大切な人を失ったわけではありません。

単に、山守がアバランチにスカウトしたのです。

打本は、元警視庁の爆弾処理班のメンバーでした。

ある日、打本は直属の上司が暴力団から賄賂を受け取っていたことを知って、上司の車に爆弾を仕掛け、横流し品を爆破。

逮捕は免れましたが、警察はクビになってしまったのです。

そして、そのとき山守室長から声を掛けられてアバランチに参加することになりました。



羽生(綾野剛)は、打本のことを「ただのヤバいヤツ」と言って笑っています。

ゆか
ゆか

確かに、打本さん、もっと何か悲しい過去を持っている佇まいですが、そうではなかったようです。それは、それでよかったけど、ちょっと拍子抜けした感もありますねw。

病院の内部調査員を装って

打本は神崎の病院に少し前から腰痛の治療で通っていました。

もちろん、これからアバランチがやることの下準備のためです。

リナを自分の姪っ子だと言って連れていきますが、待合室で待っていると一人の若い女性がある医師に抗議しているのを発見。

女性に渡した名刺には、病院の内部調査をするNPO法人の馬場と書かれています。

ゆか
ゆか

うちさんの正義の炎がめらめらと燃え上がります!

クモ膜下出血で倒れた患者

その若い女性は、最近、父親を亡くしていました。

急に鼻血を出して倒れ、意識を失ったため、神崎の病院に運び込まれたのですが、先ほど抗議していた医師に「クモ膜下出血の可能性が高い」と言われました。

しかし、そのあとに運ばれてきたろっ骨骨折の患者の方を医師が先に診察をしました。

看護師たちも「なぜ?」と話していたのを聞いたと言います。

そして、その女性の父親は命を落としてしまうのです。



ろっ骨骨折なら、すぐに処置する必要はないはず。



打本は、アバランチのアジトに帰って、牧原に病院の防犯カメラに侵入してもらいます。

ろっ骨骨折で運ばれてきた患者が、神崎にとってメリットのある人間だったということです。

この患者は、沢村メディックス社長の沢村英明という人物で、神崎病院の8割の医療機器が沢村メディックスから仕入れられています。

さらに、関東医師連合の会長選の選考委員も務めている沢村。

確かにろっ骨骨折で、沢村は入院していますが、すぐに退院しています。

かなり軽傷だった模様。

クモ膜下出血で生死を彷徨う人に比べたら、どう見ても軽傷。

神崎は、沢村の会社から35億円もの医療機器を購入しており、そのお金を不正に流用している可能性が高いようです。

そのため、沢村は特別扱い。

谷山医師

このとき、沢村とクモ膜下出血の患者の処置を行ったのが、谷山という医師でした。

マッキーの調査によると、有名なアマチュアの格闘家でもあると言います。

打本は、西城と共に、親しくなった神崎の病院の仙道看護師長に話を聞きに行きますが、谷山医師も看護師たちも上からの指示に従っただけだということでした。

もちろん、神崎院長の指示でした。



ほんのちょっとの時間なのに、命を優先しない医師が医師連合の会長だとは…一体どうなっているのでしょうか。



そして、羽生が本気を出すときが来ました。

相手は、アマチュアとは言え有名な格闘家ですが、だからこそ羽生の出番!

30秒で仕留めてやるという谷山でしたが、30秒で仕留められてしまいます。

ゆか
ゆか

どんだけ強いの?羽生さん!

福本優美を使って

山守室長は、大山官房長官の秘書の福本優美(堀田茜)と西城(福士蒼汰)が友人関係にあることを知って、優美を使って大山を切り崩そうと考えています。

西城は、優美に大山にいくつかの内部告発が来ていると言い、大山を守るために大山がいつどこで誰に会っていたかを教えてほしいと言います。

ゆか
ゆか

優美は、おそらく西城くんのことが好きなんじゃないでしょうか。恋心に付け込むのは、ちょっと西城くん心が痛みますね。話は途中で終わってしまいましたが、後日、優美は連絡をして来てくれたようです。

大山は神崎院長と高級レストランの個室で会食をしています。

そこにリナが潜入し、タブレットを神崎の前に置きます。

すると、アバランチの生配信がスタートします。

しばられた谷山医師に仮面を被った羽生が「命の優先順位・トリアージ」について聞いています。

谷山医師は院長の指示に従っただけだと答え、それを観た神崎は急いで病院に戻り、「谷山、全部お前がやったことにしろ。沢村さんにはどれだけお世話になったと思っているんだ」と言い、それが全て生配信されてしまいます。

もう、大山に頼もうがどうしようが遅いのです。

神崎の悪事は全世界に生配信されてしまったのです。

そして、大山はまたしても神崎をあっさり切り捨ててしまいます。

これから関わって来る人々

次々と大山官房長官の腹心が崩れ去っていきます。

しかし、大山はまだまだ隠し玉を持っているから気をつけろという大道寺(品川徹)という老人。

アバランチの正義感に反感を持つ雑誌記者(田島亮)。

大道寺は、大きな屋敷に住む老人で、山守室長に指示を送っている人物なので、アバランチ側の人間だと思いますが、田島亮さん演じる雑誌記者の存在も、アバランチに反感を持っているようで要注意人物。

そして、ラストシーンで羽生が西城に「アバランチが出来た理由」を教えるシーンがありました。

次回辺り、それも明かされるのでしょうか。



今回も、綾野剛さんのアクションシーンがカッコよくて、強すぎて、胸がスカッとしました。

徐々にアバランチの謎も明かされてくるようで、次回も楽しみです。

ドラマ「アバランチ」第4話の感想 最後に

ドラマ「アバランチ」第4話の感想でした。

今回は打本さんのターンでしたが、打本さんには大切な人を亡くしたという悲しい過去があったわけではありませんでした。

しかし、ただ復讐ではなく正義のために働く人がいてもいいのだと思います。

これから、「アバランチ」が作られた理由も明かされるようなので、楽しみです。


以下の記事で、第3話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

mask ドラマ「アバランチ」第3話 ネタバレ感想 主演・綾野剛|ヒーロー

ドラマ「アバランチ」第1~4話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA