ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第8話 感想 主演・窪田正孝

radiation

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第8話の感想です。

「美しい」とは、どういうことを言うのでしょうか。

日本では、痩せていればいるほど美しいという価値観が若い人を中心に広がっています。

しかし、身体を壊してまでその美しさを追い求めると、本当の美しさには辿り着けません。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~8話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第8話の感想 はじめに

あらすじ

杏(本田翼)のインタビューが掲載された雑誌が発売された。放射線科医のやりがいについて話す杏の生き生きとした笑顔の写真に思わず夢中になる唯織(窪田正孝)。同じ頃、裕乃(広瀬アリス)は、鏡に映る自分の頭皮に10円玉大に毛が抜けている部分を発見し、激しいショックを受けていた。

そんな裕乃のもとへ、高校時代の担任だった熊田太志(おかやまはじめ)がやってくる。学校で具合が悪くなった生徒に付き添って病院へやってきたという熊田は、そのついでに、裕乃に母校での講演会を依頼。進路に悩む後輩たちに、放射線技師の仕事について話してほしいというのだ。そこで唯織は、講演の参考になればと杏の記事が載っている雑誌を裕乃に手渡す。「恋に仕事に負けっぱなしだな」と軒下(浜野謙太)に言われ、劣等感が募る裕乃。

ほどなく裕乃は、熊田が連れてきた女子高生・花倉乃愛(吉川愛)の検査を担当する。乃愛は、3ヵ月ほど前から急にふらつくようになったらしい。痩せてはいたが下腹だけがポッコリと出ている乃愛は、それを隠すように手で押さえていた。

乃愛のMRI検査を見守っていた唯織は、検査室に入るなり「妊娠している可能性はないかな?」と乃愛に尋ねる。妊娠なんてあり得ないと乃愛が怒ると、今度は、乃愛の頭を見て、ウイッグなどは付けていないか、と言い出す唯織。実はウイッグを付けていた乃愛が仕方なくそれを外すと、なんと彼女の髪は白髪交じりのグレーヘアで……。

[引用元]フジテレビ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」公式サイトSTORY

登場人物

五十嵐唯織/窪田正孝
医師免許を持つ放射線技師。幼馴染の杏との約束を守って放射線技師になった。2年間のアメリカ留学を終え、再び甘春総合病院に勤務。

甘春杏/本田翼

放射線科医師。唯織の幼馴染。甘春総合病院勤務。

広瀬裕乃/広瀬アリス

甘春総合病院の放射線技師。新人として病院に入り、努力の成果で今は一人前の技師となった。五十嵐に想いを寄せる。

黒羽たまき/山口紗弥加

男っぽい性格の中堅放射線技師。昼食はいつも決まったカップラーメン。

田中福男/八嶋智人
甘春総合病院の放射線技師。

小野寺俊夫/遠藤憲一

放射線技師長。技術は一流。お酒とギャンブル好き。

軒下吾郎/浜野謙太

放射線技師。とにかくモテたい。脳のMRIが得意。

威能圭/丸山智己

AIを得意とする放射線技師。人たらしで彼が目当てで来る患者も多い。

悠木倫/矢野聖人
放射線技師。メカオタク。

辻村駿太郎/鈴木伸之

父が総合病院の院長という整形外科医。杏のことが好き。唯織の恋のライバル。

灰島将人/高嶋政宏

合理主義の新院長。病院経営が第一の冷酷な性格。

鏑木安富/浅野和之

甘春総合病院の副院長。事なかれ主義だったがラジエーションハウスのメンバーに感化され、今では院長にも意見する。

大森渚/和久井映見

甘春総合病院の前院長。唯織とラジエーションハウスのメンバーの良き理解者で、杏の相談相手。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第8話の感想 

虹

ダイエットの代償

花倉乃愛(吉川愛)は学校で突然体調を崩し、甘春総合病院に教師に付き添われやって来ました。

乃愛は、広瀬(広瀬アリス)の高校の後輩でした。

付き添ってきた教師に、広瀬は高校で講演会をしてほしいと頼まれます。



このところ、激務で恋愛もなかなかうまくいかず、ストレスが溜まっている広瀬は、円形脱毛症になってしまい、とても悩んでいます。

講演会と言われても何を話せばいいのか…。

また、悩みが増えそうです。



乃愛は、ラジエーションハウスで検査を受けますが、痩せているのに下腹だけが出ていて、五十嵐(窪田正孝)は何かに気づいたようです。

五十嵐は乃愛に、妊娠していないかどうか聞き、さらにウィッグをつけているのではないかと聞きます。

検査の時、金属類を身に着けていると危険なので、外さなければなりません。

乃愛はやはりウィッグをつけていました。

ウィッグを取った乃愛の地毛は、白髪のグレーヘアでした…。



乃愛は、骨密度がかなり低く、骨粗鬆症でした。

若白髪で骨粗鬆症。

診断結果は、「栄養不足」。

乃愛は、過激なダイエットのせいで栄養不足になり、骨粗鬆症になってしまったようです。

白髪もおそらく同じ理由。

ゆか
ゆか

女子高生で、白髪で骨粗鬆症。かなり衝撃的な検査結果。過激なダイエットをしているせいで、生理も止まり、身体はまるで老人のようになってしまっています。

杏(本田翼)は、「今のままでも十分きれいですよ」と言いますが、杏のようにスタイル抜群の美人に言われても説得力ないかも。

乃愛は、ダイエットをやめる気はないようです。

カウンセリングルームを駆け出していく乃愛。

階段を駆け上がって、貧血でふらついてしまいます。

若い頃は、どうしても細くなりたい、それだけに突っ走ってしまいがちですが、見た目をきれいにしたいのに、結果はグレーヘアでフラフラの貧血。



実は、乃愛には夢がありました。

世界で活躍するアイドルになること。

確かに日本のアイドルもそうですが、特にK-POPアイドルは、みんな細いですよね。

憧れる気持ちはとてもわかります。

それで無理なダイエットに走ってしまう女の子も多いようです。

細いことが正義。

これは、若い子だけじゃなく女性全体に言える話です。

しかし、若いうちは体力もあって本当に過激なダイエットに走り勝ち。

この風潮はずっと昔からありますが、アイドルになることが夢の乃愛には、今のままでも十分細いのに、もっともっとと思ってしまうのでしょう。



乃愛には妹がいます。

そして、妹は色白で細くて手足が長く、乃愛はいつも妹と比べられてしまうのです。

姉妹ではよくあることですね。

SNSでのコメントも「妹の劣化版」というひどいものも。

美しいとは?

「美しい」とは何なのでしょう。

痩せてさえいれば「美しい」のでしょうか。

ラジエーションハウスの男性陣の中では、いちばん見た目のいい威能(丸山智己)は、「太っていたり、身体に傷があることは、そんなに美しくないことなんでしょうか」と言います。

建前は、人は見た目じゃないと言いながら美人はよく「美し過ぎる〇〇」とSNSで話題になっていますよね。

やはり、美しいに越したことはないという軒下(浜野謙太)の言葉が本音。



美人ではなくても、笑顔がキラキラしている人はとても素敵だし、乃愛ちゃんはダンスが上手で、子供たちに教えるのも上手で大人気なのです。

これこそ「美しい」と言えるのではないでしょうか。

「美しい」ことは、人それぞれが持っているものだと思います。

きれいごとではなく。



それに、ダイエット自体は何も悪いことではありません。

正しい知識を持って行うダイエットはむしろ体にいいはずです。

闇雲に食べ物を食べないダイエットではなく、食べて動くことが大切なのです。

乃愛の下腹

ラジエーションハウスのみんなが骨粗鬆症の怖さをわかりやすい資料にしてくれました。

それを乃愛に渡しに行った広瀬。

しかし、乃愛は頑なにダイエットをやめる気はないと言って、広瀬にも帰ってくれと冷たく突き放します。

そんなとき、乃愛が激しい腹痛を起こして倒れてしまいます。

下腹だけが出ていた乃愛には、ある病気が隠されていたのです。



それでも、オーディション会場に向かおうとする乃愛を、広瀬は「今無理をしたら、乃愛ちゃんの好きなダンスが踊れなくなるかもしれないんだよ」と言って、自分の円形脱毛症の理由を話して説得します。

広瀬はずっと好きな人がいて、でもその人は私よりずっと仕事も出来てきれいな人のことが好きで、劣等感を抱きすぎて円形脱毛症になったのだと。

広瀬には、乃愛の気持ちが痛いほどわかるのです。

人と比べて、劣等感に苦しみ…。

そして、やっと乃愛は検査をきちんと受けることを承諾してくれるのです。



乃愛は卵巣腫瘍でした。

卵巣に出来た腫瘍が捻転して、激しい痛みを感じていたようです。

緊急手術を受けることになる乃愛。

この腫瘍のせいで、乃愛は男性化していたようです。

声が低くなったり、脱毛したり。

生理が止まっていたのも、過激なダイエットだけではなくこの腫瘍のせいでした。

乃愛のライブ配信

乃愛は、過激なダイエットをしたら、どんなことになるのかをみんなに知ってほしいと、ライブ配信をすることにしました。

そこで、乃愛はウィッグを取り、ありのままの姿を見せ、みんなに10代のうちにきちんと栄養を摂らないと将来たいへんなことになると訴えます。

そして、乃愛は広瀬のことを自分もこんな素敵な大人になりたい、それが今の私の新しい目標ですと言ってくれます。

ゆか
ゆか

広瀬は元気を取り戻し、高校での講演会もやることに決めました。人を元気にできる人こそ美しい人だということです。

名子役だった吉川愛さん。

今回の体当たりの熱演が光りましたね。

素敵な女優さんです。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第8話の感想 最後に

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第8話の感想でした。

今回は、ダイエットについて考えさせられるターンでした。

細ければ美しくなれるというのは、やはり間違っていて、内面からにじみ出る美しさを持つ人こそが本当の美人なのだと改めて感じさせられました。

毎回、心が温かくなる本作。

いいドラマです。


以下の記事で、第7話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

【関連記事】

radiation ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第7話 感想 主演・窪田正孝


ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~8話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA