ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第6話 感想 主演・窪田正孝

radiation

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第6話の感想です。

今回は、辻村先生が医療過誤で訴えられてしまいます。

そして、今回もラジハの技士たちの知識と技術総動員で辻村先生が助けられ、患者んさんも命を落とさずに済みました。

毎回思うことですが、ラジエーションハウスは、本当にいい職場だなと思います。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~6話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第6話の感想 はじめに

ambulance

あらすじ

杏(本田翼)をめぐる唯織(窪田正孝)辻村(鈴木伸之)の静かなバトルが続いていた。ある日、辻村は、唯織の目の前で杏を誘い、一緒にランチに出かける。すると灰島(髙嶋政宏)から、至急戻るよう連絡が入る。辻村が、医療過誤で訴えられたのだ。

同じころ、ラジエーションハウスでは、田中(八嶋智人)が男性患者のMRI検査を行っていた。そのようすを見ていた軒下(浜野謙太)は、自分が撮り直すといって患者・武藤健(片寄涼太)の許可をもらい、再検査を行う。実は、辻村を医療過誤で訴えたのは、この武藤という弁護士だった。武藤は、精密検査を受けるという形で甘春総合病院に入り込み、スタッフの仕事ぶりや設備をチェックしていた。

武藤は、辻村が重大な病気を見逃した、とだけ告げると、思い当たることがあったら連絡してほしいとラジハメンバーたちに頼む。エリートである医師は過ちを認めず、保身のためには隠ぺいにも手を染めるものだと決めつける武藤。ラジハメンバーのもとを訪れたのも、地位や名誉とは無縁のスタッフならば本当のことを話してくれると信じているからだという。自分たちを見下すような武藤の発言に不快感を抱く裕乃(広瀬アリス)たまき(山口紗弥加)たち。そんな武藤には、医師たちを敵視するある理由があり……。

[引用元]フジテレビ「ラジエーションハウスⅡ」公式サイトSTORY

登場人物

五十嵐唯織/窪田正孝
医師免許を持つ放射線技師。幼馴染の杏との約束を守って放射線技師になった。2年間のアメリカ留学を終え、再び甘春総合病院に勤務。

甘春杏/本田翼

放射線科医師。唯織の幼馴染。甘春総合病院勤務。

広瀬裕乃/広瀬アリス

甘春総合病院の放射線技師。新人として病院に入り、努力の成果で今は一人前の技師となった。五十嵐に想いを寄せる。

黒羽たまき/山口紗弥加

男っぽい性格の中堅放射線技師。昼食はいつも決まったカップラーメン。

田中福男/八嶋智人
甘春総合病院の放射線技師。

小野寺俊夫/遠藤憲一

放射線技師長。技術は一流。お酒とギャンブル好き。

軒下吾郎/浜野謙太

放射線技師。とにかくモテたい。脳のMRIが得意。

威能圭/丸山智己

AIを得意とする放射線技師。人たらしで彼が目当てで来る患者も多い。

悠木倫/矢野聖人
放射線技師。メカオタク。

辻村駿太郎/鈴木伸之

父が総合病院の院長という整形外科医。杏のことが好き。唯織の恋のライバル。

灰島将人/高嶋政宏

合理主義の新院長。病院経営が第一の冷酷な性格。

鏑木安富/浅野和之

甘春総合病院の副院長。事なかれ主義だったがラジエーションハウスのメンバーに感化され、今では院長にも意見する。

大森渚/和久井映見

甘春総合病院の前院長。唯織とラジエーションハウスのメンバーの良き理解者で、杏の相談相手。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第6話の感想 はじめに

tennis

医療過誤

今回は、いつも優しくて優秀な医師・辻村先生(鈴木伸之)が医療過誤で訴えられてしまいます。

ここで、驚いたのですがリュウマチを持っている高齢者女性に、テニスをしてもいいかしら?と聞かれて、過激な運動でなければ大丈夫でしょうと答えただけで、訴えられるって…。

毎回、骨密度も測って、正常だったということでしたし。



辻村先生が、骨密度も測らずに「リュウマチもだいぶ回復して来たので、テニスなど身体を動かすようにしてください」って言ったのなら、まだわかりますが。

自分からテニスしてもいいか?と聞いて、それでテニス中に骨盤骨折したからと言って、それが医療過誤になるなんて…。

アクティブな高齢者なのは素敵なことですが、これではお医者さんがちょっと気の毒です。

持病もあるなら、自分でもう少し自分の身体をいたわるべきなのでは?

ゆか
ゆか

辻村先生は、責任感が強いから和解に応じてしまうんだろうな…。

武藤弁護士

医療過誤の訴えを受けた弁護士・武藤(片寄涼太)は、過去に父を医療過誤で亡くしているようです。

腹痛を訴え、病院に救急搬送された武藤の父親は、翌日そのまま亡くなってしまったようです。

真実は今も闇の中。

それで、医療過誤や医療ミスの裁判には特に気合を入れて臨んでいるようですが、今回の辻村先生の件はちょっと先走り過ぎなのでは?

武藤弁護士のお父さんの件と今回の件ではちょっと事情が違っているように感じるのは私だけでしょうか。



また、辻村先生は整形外科の傍ら、救急診療にも協力していたので、その疲労から医療過誤が起こったのではないかと武藤弁護士は考えているようです。

救急の応援をしたばかりに…と思ってしまうのも悲しいことです。

辻村先生はそれだけ患者さんのことを第一に考えているということです。

ゆか
ゆか

武藤弁護士はかなりのやり手。辻村先生は、身体が動かなくなった患者の残りの人生を奪うつもりですか?なんて言われたら、和解するより他ないではないですか。

辻村先生は、和解に応じることにし、処分がはっきりするまで自宅謹慎することに。

救急外来を廃止

灰島院長(高嶋政宏)は、今回の訴訟の件は、辻村先生の働き方に問題があったと判断します。

整形外科の専門なのに、救急の手伝いを率先してやっていたため、働きすぎだったのだということです。

しかし、救急は人手不足。

そのため、灰島院長は各科の医師の救急部門へのヘルプを禁止すると決定します。

さらに、十分な体制が整うまでは救急の受け入れを拒否することになりました。

灰島院長は、これを機に、赤字続きの救急科を廃止に持ち込みたいようです。

それにしても、灰島院長はなぜこんなに経費節減にこだわるのでしょうか。

大森先生(和久井映見)には、もっと守りたいものがあるからだと言っていましたが…。

ゆか
ゆか

灰島院長が、経費節減を必死で行っていることにも実は何か理由がありそうですね。

技士たちの活躍

ラジエーションハウスの技士たちが、バラバラになっていたときラジエーションハウスを守ってくれたのは辻村先生だったと広瀬(広瀬アリス)は言います。

そして、技士たちは膨大なバックアップデータから患者の曽根さんのデータを探し出し、五十嵐(窪田正孝)が当時の曽根さんの骨密度を測定しました。

曽根さんの骨密度は、成人男性と同等であり、それならば他の病気が隠されている場合があるということがわかりました。

杏(本田翼)は武藤弁護士を呼び出し、その結果を告げ、裁判とは関係なく曽根さんは緊急に検査が必要だと告げます。



実は、武藤弁護士は気づいていたのです。

微熱が続く曽根さんが、骨粗鬆症ではなく他に病気がある可能性を。

しかし、武藤弁護士は再検査をするならこの病院ではなく、別の病院で行うと言い、技士の技術に差などないとまでいうのです。

まあ、外から見ればそういうものなのかもしれませんが、甘春総合病院のラジエーションハウスの技士たちの技術はとても高いのです。

裁判をしているからと言って、ラジエーションハウスのメンバーは自分たちに有利な検査結果を出したいと思っているわけではなく、曽根さんの他の病気を心配して検査させてほしいと言っているのです。

ゆか
ゆか

医療ミスで父親を亡くしている武藤弁護士には病院は「悪」でしかないのかもしれません。しかし、ラジエーションハウスのメンバーは技士としての誇りをもって仕事をしているのです。

曽根さんは悪性リンパ腫

再検査の結果、曽根さんは骨粗鬆症ではなく、悪性リンパ腫のせいで骨盤骨折を起こしたことがわかります。

それも、最近発生したもので、以前の検査では見られないものでした。

辻村先生は潔白です。

そして、杏が言うには、この悪性リンパ腫は放射線療法などで、完治が見込めるようです。

曽根さんもこの検査のおかげで命拾いをしたのです。



武藤弁護士も再検査を受けてくれるように曽根さんに頼んでくれたようです。

辻村先生も、武藤弁護士も、曽根さんの命を守りたい気持ちは同じだったということです。

ゆか
ゆか

武藤弁護士が、自分の手柄にこだわる人でなく、正義に忠実な人でよかった!

辻村先生が救急科へ

辻村先生は、今回の件で自分の未熟さを痛感し、整形外科から救急科に転科することになりました。

灰島院長の救急科廃止は見送りになりそうです。

これも、大森先生と鏑木副院長(浅野和之)が裏で手配したことだったようです。

二人は、毎回おいしいところ持って行きますねw。



そして、最後の売店のサンドイッチとおにぎり、杏が悩んでいると広瀬がおかかのおにぎりをサッと買っていくのは、何かを暗示しているのでしょうか。

それも気になる…。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第6話の感想 はじめに

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第6話の感想でした。

今回も、ラジハの技士たち大活躍でしたね。

なんだかんだ言いながらも、本当に素晴らしい仲間たちです。

今回の件などを見ても、責任は重い仕事ですが、本当に素敵な職場ですね。


以下の記事で、第4話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

【関連記事】

radiation ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第5話 感想 主演・窪田正孝


ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~6話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA