ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第2話の感想 主演・杉咲花/杉野遥亮|今日会いたい

heart

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第2話の感想です。

今回は、事情があってユキコと森生が映画デートすることに。

そんな二人に嫉妬したハチ子が、ユキコを傷つける言葉を口にしてしまいます。

怒ったユキコは、森生を放って帰ってしまい…。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第2話の感想 はじめに

あらすじ

映画を観に行くため、待ち合わせ場所に向かっていたユキコ(杉咲花)は、いつもの道で森生もりお(杉野遥亮)に再会する。すっかりユキコになつき、嬉しそうな森生。そんな中、一緒に行くはずだった同級生のそら(田辺桃子)から風邪をひいたと電話が入り、急遽予定はキャンセルに。家に帰ろうとするユキコに、森生は自分と一緒に映画に行こうと提案する!男子と2人で映画を観ることに抵抗を覚えつつ、森生に押し切られたユキコは2人で映画館へ。

カップルたちに混ざり、売店で飲み物を注文するユキコ。メニューの読めないユキコが周囲に迷惑をかけないよう素早く定番メニューを注文する中、森生は意外な方法でユキコの世界を広げて行く……!

その頃、森生から約束をドタキャンされた花男はなお(戸塚純貴)と草介そうすけ(堀夏喜)は、いつもの喫茶店に集合。あかね(ファーストサマーウイカ)の姪・ハチ子(生見愛瑠)は、森生がユキコと映画に行ったことを知り、面白くない態度を見せる。花男はハチ子の恋心を確信するが……。

一方、映画館ではユキコの大好きなゾンビ映画が始まる。ぎこちない2人の映画初体験には、想像を超えるドキドキと胸キュンが詰まっていた!

その帰り、すっかり打ち解けた2人は、なんだかいい感じに。先入観のない森生と過ごすうち、ユキコにも自然に笑顔が溢れる。しかし、森生から連絡先を交換したいと言われてスマホを出したその時、2人の様子を影から見ていたハチ子が割って入る!

ハチ子の心無い言葉によって森生との間に再び壁を感じたユキコは、「私の気持ちなんてわかるワケないんだよ!」と、森生に告げると、その場を去ってしまう。

さらに、森生をよく思わないイズミ(奈緒)は、妹を心配するあまり、ユキコに近づかないよう森生に釘をさす。動き出したかに見えた2人の恋。その先には高い壁が立ちはだかっていた!

[引用元]日本テレビ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」公式サイトSTORY

登場人物

赤座ユミコ/杉咲花
盲学校の高等部に通っている女の子。大きい文字ならうっすら読めるくらいの弱視。普段は白杖を使って生活している。前向きな性格で気が強い。母は数年前に他界。現在姉と父との三人暮らし。

黒川森生/杉野遥亮

地元では有名なヤンキー。現在無職。高校は数日で中退している。中学の時、ケンカで顔におった傷がある。そのせいでバイトも見つからず、周囲から疎外感を感じている。ある日、ユミコに出会い、一瞬で恋に落ちた。

赤座イズミ/奈緒

ユミコの姉で、ネイリストをしている。ユミコの母親代わりとして、いつもユミコを心配している。ときにその心配が過剰になることがあって…。

赤座誠二/岸谷五朗

ユミコとイズミの父。カメラマンをしている。気の強い娘たちに戸惑いながらも、ときどき深い言葉で周囲を感動させる。

金沢獅子王/鈴木伸之
森生のライバル。隣町の元ボス。森生の顔に傷をつけた男。

緑川花男/戸塚純貴

森生の仲間で、小学校時代からの付き合い。

桃井草介/堀夏喜

森生の子分。ケンカが強い森生を尊敬している。

紫村空/田辺桃子

ユミコの盲学校の同級生。行動力のある女の子で、恋愛にも積極的。視野が欠ける弱視。

青野陽太/細田佳央太

ユミコの盲学校の同級生で、生まれつきの全盲。

茶尾店長/古川雄大

盲学校近くのハンバーガーショップの店長。口癖は「チャオ!」

案内人/濱田祐太郎
盲目のコメディアン。ときどき登場し、自身の体験から豆知識を披露してくれる。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第2話の感想 

strowberry shake

映画館デート

ユキコ(杉咲花)は、その日盲学校の友達・空(田辺桃子)と映画に行く約束をしていました。

しかし、空が風邪を引いてしまい、映画は中止。

すると、いつものようにユキコを待っていた森生(杉野遥亮)が自分が代わりに行くと言って…。

ゆか
ゆか

これは、完全にデートです!初デートって映画に行くのが定番的。二人の仲が急速に近づいていきます。

ユキコは、見た目の可愛らしさとは異なり、ゾンビ映画が大好物w。

音声ガイドを聞きながら、映画を楽しんでいます。

目の不自由な人たちは、スマホで音声ガイドを聞きながら映画を観ることが出来るようです。

そして、このシーンでも目が不自由な方たちが、ポップコーンを食べるのを避けているということを教えられました。

小さくてコロコロしているものは、落とすと転がって拾えないからだそうです。



そんなユキコを見て、森生はユキコの手のひらにそっとポップコーンを乗せてあげるのです。

森生、やっぱりすごくいいヤツです。

ここの二人のやり取りもすごく可愛くて、微笑ましい。

ヤンキーだけど、森生は純粋な男の子なんですね。

私の気持ち

一方、森生とユキコが一緒に映画を観に行っていることを、花男(戸田純貴)と草介(堀夏喜)から聞かされたハチ子(生見愛瑠)が映画館に二人を追って来ていました。

ハチ子はタイミングを見計らって二人に声を掛けます。

森生が席を外したすきに、ハチ子は、森生は「困っている人がいたら放っておけない性格だからあなたのことも放っておけないのだ」と少々嫌味なことを言います。

そして、「私も白杖持ちたいなぁ。そうすれば森生は私のことずっと構ってくれるかも」と言ってしまいます。

ゆか
ゆか

これはいくらなんでもダメだ…。冗談にもならない。白杖を持つということは目が見えなくなること。それを私も持ちたいなんて。

ユキコが白杖を手にするようになるまで、たくさんの葛藤がありました。

不用意にこんなことを言うのは、絶対に許されないことです。



戻って来た森生に「私の気持ちなんてわかるわけがないんだ」と言って怒って帰っていくユキコ。

無理もありませんが、森生にはユキコがなぜ怒っているのかがわかりません。

ゆか
ゆか

ユキコの気持ちはとてもよくわかりますが、これって森生が悪いわけじゃないんだよなぁ。

ユキコが恋に臆病な理由

ユキコは、中学生の頃までは白杖なしで生活することが出来ていました。

家族から白杖を持つことを勧められたとき、ユキコは持つことを拒否しました。

「普通じゃなくなる」ということだと言って。

自分から「目が見えないと宣伝しているようなものだから」と。

しかし、ある日、初恋の相手がユキコが交通事故に遭いそうになったのを助け、怪我をしてしまいました。

サッカー少年だった彼は、その日試合に出ることが出来なくなってしまいます。

それ以来、白杖を持つことを決めたのです。

そして、ユキコはその出来事から恋する気持ちにフタをし続けて来ました。

ゆか
ゆか

ユキコが白杖を持つまでの葛藤を、空がドラマの中で代弁してくれるのですが、空はユキコをとても理解してくれている友達なのだとわかります。同じ弱視ということだけではなく。

心配する姉の気持ち

ユキコの姉のナギサ(奈緒)は、これまでもずっと二人の交際を心配してきました。

ハチ子の失礼な発言以来、森生に会いたくないと言っていたユキコ。

その日の翌日は姉に学校まで送ってほしいと頼んで…。



そして、ナギサはユキコを待っている森生に、ユキコがもうあなたに会いたくないと言っているからここで待つのはやめてほしいと告げます。

あなたにユキコの気持ちはわからない。

森生はユキコ自身にも同じことを言われたと思い出し、ここでユキコを待つことを止めてしまいます。

ゆか
ゆか

二人は連絡先を交換しようとしているところを、ハチ子に邪魔されてしまいました。そのため、ユキコは森生がどこに住んでいるのか、携帯番号さえ知らないのです。

純粋な森生

ユキコは、森生に出会ってから今までの自分の殻を破れたように感じています。

新しい自分を発見。

ユキコのことを、「普通の世界で生きている人」だと言ったり。

ユキコが自販機で飲み物を買うとき、商品が見えないことから勘で飲み物を買うことを「ギャンブラー精神」と言ったり。

そして、BLACKコーヒーの缶に貼ってある応募券を集めて応募すると「鬼ジャン」というジャンパーが抽選で当たることを楽しみにしている森生。



ユキコは、森生と出会ってからのこれまであったことを回想しながら、もう一度自販機で飲み物を買います。

またBLACKコーヒーのあの缶だったら、それを森生にあげようと思うのです。

ゆか
ゆか

やはり、ユキコも森生に恋をし始めているようです。新しい自分を見つけてくれた森生に。

そして、果たして出て来た缶コーヒーはあのBLACKコーヒーの缶でした。

森生に会いたい

ユキコは、森生に会いたいと思います。

しかし、ユキコは森生のことを何も知らないのです。

ただいつも森生が自分のことを「虹町を牛耳る黒ヒョウのモリ」と言っていたのを思い出して、虹町へ行こうとします。

ユキコは、虹町へ一人で行ったことがありません。

バスに乗って行かなければならないようです。

バスにも一人で乗ったことがないのです。

でも、ユキコは「森生に会いたい」と思う気持ちが抑えられない。



ユキコはバス停に向かいますが、違う路線のバスに乗ってしまいます。

そして、このバスは虹町へは行かないと教えらたユキコは次のバス停でおりますが、ここが一体どこなのかわからない。



このバスでのシーンも、心温まるシーンでした。

優しい女子高生たち。

世界は、こんなにも優しい。

本当は優しい獅子王

タクシーに乗って帰ろうとするユキコを、車に乗っていた獅子王が見つけます。

ユキコが何度かライバルの森生と一緒にいたのを見ていたのです。

獅子王は、森生の家の前までユキコを送ってくれます。

ゆか
ゆか

いや、獅子王優しすぎ。そして、獅子王は森生の顔に傷をつけてしまったことを、ずっと心の中で悔いているのです。

そして、ユキコは獅子王に「森生に恋をしている」ことを見破られてしまいます。

お互いを理解し合うために

森生は、ユキコに「私の気持ちなんてわからないんだ」と言われて、自分も目隠しをして生活してみることにしました。

どんだけ、純な人なんだ。

そして、ユキコと獅子王が森生の家に着いたとき、目隠しをした森生が階段から転げ落ちてくるのです。

少しでもユキコの気持ちを理解したくて…。



森生は目が不自由なことを、とても大変だと気づきます。

目隠しをしていると、今まで目から入って来る情報だけに頼っていた自分に気づきます。

例えばヘリコプターが飛んでいると、とても上の方から音が聞こえてきていることを知ったり。

目で見てわかっていたこと以外に感じることがあって嬉しかったと森生は言います。



お互いを理解し合うためには、体験してみることが大切。

妊婦さんがどれだけ大変かを、身体に重りをつけたりするのとかありますよね。

それをやってみて、男性は妊婦さんの大変さを知るように。



森生は、ユキコから自分に会いに来てくれたことがとてもうれしくて、それを率直に話します。

森生は本当に純粋で、好きなユキコを理解しようと一生懸命。

そして、少しだと言いながら普通は気づかないことに気づける森生は素晴らしい。

ゆか
ゆか

これからも大変なことはたくさんあると思いますが、二人の恋が叶いますように。

そんな二人を見送って、そっと帰っていく獅子王の背中もカッコよかったなぁ。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第2話の感想 最後に

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第2話の感想でした。

ハチ子の言動で、一旦は喧嘩別れをしてしまう森生とユキコ。

しかし、森生がユキコの大変さを感じようとし、森生が新しいユキコを見つけ出してくれて、二人は仲直りすることが出来ます。

ただ、やはりナギサはユキコが森生とつきあうことに反対のようで…。

次回も楽しみです!

以下の記事で、第1話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

heart ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第1話の感想 主演・杉咲花/杉野遥亮|フツウの世界

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA