ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第3話の感想 主演・大原櫻子/櫻井海音

bouquet

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第3話の感想です。

今回は、大女優・一色涼香との共演で、瀬那がライダー俳優からの脱皮をはかれるかどうかのチャンスです。

千歳も、マネージャーとしての自覚が芽生え始めていたのですが…。

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第3話の感想 はじめに

シュークリーム

あらすじ

瀬那(櫻井海音)のマネージャーを続けることになった千歳(大原櫻子)。さらに引っ越しするつもりが詐欺に遭い、瀬那の部屋で一緒に暮らすことになってしまった。瀬那にこき使われる千歳は教師に戻ることを改めて決意。一方、瀬那は大女優・一色涼香(黒木瞳)と共演することになり、演技の壁にぶつかっていた…。

登場人物

冴島千歳/大原櫻子
小学校の非常勤講師をクビなり、ひょんなことから東山の芸能事務所で働くことになる。子供の頃のある経験から嘘が大嫌い。そんな千歳が担当になったのは若手俳優の藤代瀬那だった。

藤代瀬那/櫻井海音

イケメンでブレイク目前と言われている若手俳優。しかし、実は女癖が悪くいつスキャンダルを起こすかわからない問題児。

東山一樹/西村まさ彦

千歳が働くことになった芸能事務所の敏腕社長。

原真知子/佐藤江梨子

人情派のベテランマネージャー。千歳にマネージャーのいろはを教えてくれる。

朝比奈玲司/宮尾俊太郎

かつての国民的スター。スキャンダルで落ち目になり、今は事務所の雑用係。

加賀見修/東啓介

イケメンの敏腕マネージャー。

森田実久/石川瑠華

千歳の元同僚。千歳はマネージャーに向いていると背中を押す。

栗尾あゆみ/松井愛莉

千歳が働くことになった事務所の看板女優。

白川雪乃/森田望智

芸能界のトップ女優。美貌と演技力を兼ね備えたスター。

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第3話の感想 

bedroom

瀬那と千歳の同居生活

瀬那(櫻井海音)と千歳(大原櫻子)の共同生活がスタート。

瀬那は家賃代わりにと千歳にいろんな家事を押し付けてきます。

瀬那が住んでいるマンションは、事務所所有のものです。

家賃も光熱費も事務所が払ってくれているので、瀬那もお金は払っていないのですが、何故か召使いのように千歳を使います。

ゆか
ゆか

瀬那くん、本当につかみどころがないですね。本音はどこにあるのか。千歳は瀬那に召使いがわりに使われて、さらに早く教師の道へ戻ろうと決意を新たにするのです。

ライダー俳優からスター俳優へ

今回の映画の準主役に決まった瀬那は、「ライダー俳優」からの脱皮のチャンスです。

「ライダー俳優」と言えば、演技派個性派のスター俳優を多く輩出しています。

佐藤健さん、オダギリジョーさん、菅田将暉さん、今大ブレイク中の赤楚衛二さんなども元ライダー俳優ですね。



東山社長(西村まさ彦)も、この作品が瀬那の転機になるだろうと言っています。

ひょんなことから千歳のおかげでチャンスを得た瀬那。

頑張ってこのチャンスを生かしてほしいです。

まあ、その前に女癖の悪さを直さないと…ですがw。

ゆか
ゆか

瀬那くんは嘘をつくとき、チラッと目の雰囲気が変わりますね。素直な千歳にはそれは見抜けていないようですが…。

千歳をからかってばかりいる瀬那ですが、夜も眠れないほどプレッシャーを感じているようです。

瀬那自身もこの役に自分の俳優人生をかけているのです。

大女優・一色涼香の言葉

千歳は、その日の撮影終了後、社長から聞いたお気に入りのブランドのチョコレートと紅茶を一色涼香(黒木瞳)に差し入れで持って行きます。

すると涼香は千歳に「あなた、彼の芝居をしっかり見ていたわね。これからもしっかり彼を支えてあげて。華やかに見えて、俳優は孤独なのよ。いつも側にいてくれるマネージャーだけは、自分のたった一人の味方だって思えるから」と言います。

この涼香の言葉に、千歳は感動します。



瀬那の楽屋に行くと、食事も摂らずドレッサーの前でうなだれています。

涼香の芝居に圧倒されて、自分の演技がまだまだだと思い知らされたのです。

千歳は、「私たち二人で、目標を決めてそれを乗り越えましょう」と瀬那を励まします。

ゆか
ゆか

涼香さんの言葉に、千歳は臨時のマネージャーとはいえ、やる気を出し始めたようです。たった一人の瀬那の味方として。

そんなとき、小学校教員の面接試験が明日だと千歳に連絡が入ります。

瀬那はまた嘘をつきます。

面接が始まるときに、体調が悪いとメールし電話もかけてきます。

千歳は原マネージャー(佐藤江梨子)や社長、涼香の言葉を思い出し、面接を断って瀬那の元へ走ります。



瀬那は、ただ嘘をついて楽しんでいるわけではなく、千歳にずっと自分のマネージャーでいてほしいのです。

面接の電話が千歳にかかってきたときの寂しそうな顔。

ただ、ずっと千歳にそばにいてほしい…。



千歳と瀬那は幼馴染です。

千歳はいつも瀬那の嘘に騙されて、恥をかかされていました。

しかし、これは小学生の男の子が好きな子にやってしまう例のいたずら。

瀬那は千歳のことが小学生の頃から好きだったのでは?

嘘の魔法

千歳は、瀬那の演技を側で観ているといつも感動してしまいます。

こんな嘘つきがどうしてこんな素晴らしい演技ができるのか?

その謎が解けました。

瀬那には嘘を本当だと思わせる力があるからだと。

ゆか
ゆか

嘘と言ってしまっていいのかどうかわかりませんが、俳優さんの演技は「演技」であって、現実ではありません。しかし、視聴者はみんな感動して涙を流します。それが嘘を信じさせる力がある俳優の「演技力」なのです。

気づいたら二人でベッドの中

千歳は、瀬那が力のある俳優だとわかったからこそ、そのマネージャーが私ではだめだと感じ、やはり教師の道を歩む決心をします。

瀬那の家を出て友達にの家に行くという千歳に、瀬那は「最後にいっぱいだけつきあって」とシャンパンをあけます。



そして、朝目が覚めたら、千歳は瀬那と一緒に一つのベッドで眠っていて…!

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第3話の感想 最後に

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第3話の感想でした。

とうとう、千歳は瀬那と?

これも瀬那の嘘?

しかし、お酒を飲ませる前の瀬那はちょっと悪い顔になっていましたよね。

次回は大きく物語が展開しそうです。




以下の記事で、第2話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

bouquet ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第2話の感想 主演・大原櫻子/櫻井海音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA