ドラマ「消えた初恋」第8話 感想 主演・目黒蓮/道枝駿佑|偏見に負けない

red roses

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「消えた初恋」第8話の感想です。

今回は、理数系なのに数学の点数が低い青木が教育実習生の岡野先生に数学を教えてもらうことに。

文転することになるかもと言うと、井田が「寂しいな」と言ったことが大きな理由の一つです。

しかし、岡野先生には少し偏見があって…。

ドラマ「消えた初恋」第8話の感想 はじめに

study

あらすじ

 ライバル出現のピンチを乗り越え、また少し絆が深まった青木(道枝駿佑)と井田(目黒蓮)。ようやく平穏な日常が戻ってきた…と思いきや、担任の谷口先生(田辺誠一)との面談で、青木が進学を希望するなら、急ピッチで数学をレベルアップしなければ相当ヤバイという衝撃の事実が発覚する。

 数学が苦手すぎる青木を見かねたあっくん(鈴木仁)から、文系への転向という方法もあるとアドバイスされるが、知り合いのいない文系に移ることに気が進まずウジウジ…。しかし、そのやり取りを聞いていた井田の「青木、いなくなるのか? 寂しくなるな…」というひと言で覚醒! ガゼンやる気になった青木は、谷口先生の紹介で、教育実習に来ることになった岡野先生(白洲迅)から、集中的に個人指導してもらうことになる。

 学生時代、岡野先生も数学の成績が最悪だったにも関わらず、途中から猛勉強して無事に進学できたと聞いた青木は、勉強も頑張るが…?

 さらに、恋を一歩進展させる勇気を出した青木は、いざ行動に移そうとするのだが…?

[引用元]テレビ朝日「消えた初恋」公式サイトSTORY

登場人物

井田浩介/目黒蓮(Snow Man)
バレー部で、青木や橋下さんと同級生。真っ直ぐな性格で、周囲に流されず率直に思ったことを言うタイプ。恋愛には疎い。あることから青木が自分のことを好きだと勘違いして…。

青木想太/道枝駿佑(なにわ男子)
お人好しで優しい性格の憎めないタイプの男子。橋下さんを天使だと思い、ひそかに想いを寄せている。あることから、井田のことが気になりはじめ…。

橋下美緒/福本莉子

可愛くて優しい天使のような女子。井田に想いを寄せている。恋のおまじないで消しゴムに「イダくん♡」と書いている。その消しゴムをうっかり青木に貸してしまったことが思わぬ事態に発展する。

相多楓斗/鈴木仁
青木の親友で、他人との距離がちょっと近い男子。青木とは接点がなかったが、あることがきっかけで話をしていいやつだと気づく。青木と橋本さんがお似合いだと二人をくっつけようとして…。

谷口先生/田辺誠一

青木たちのクラスの担任で、バレー部の顧問。いつも生徒をあたたかく見守る先生。

ドラマ「消えた初恋」第8話の感想 

letter

井田くん(目黒蓮)に数学を教えてもらって、少し点数が上がった青木くん(道枝駿佑)でしたが、やはり数学が苦手なのは変わりないようです。

大学進学するなら、急ピッチで数学の勉強をしなければならないと谷口先生(田辺誠一)に言われた青木くんは、焦り始めますが、青木くんと同じように数学が苦手だったのに大学に合格できた岡野先生に数学を教えてもらうことになります。

岡野先生は教育実習生です。

放課後残って勉強を教えてもらっていると、岡野先生が自分は好きな子が理数系だったから数学をがんばれたと言い、青木くんも自分も同じだと意気投合する二人。

岡野先生は、恋愛相談にも乗ってくれる気さくな先生。

「二人はどこまでいってるの?」と聞かれた青木くんは、慌てて「なにもないっす」と答え、お昼ご飯を一緒に食べているというと、岡野先生に「ピュアだな。手を繋いだりキスしたりしたいと思わないの?相手は案外待っているかも」と言われます。



青木くんは、理数系の井田くんと離れたくない一心で、数学を勉強することになったようですが、やっぱり好きな人とが絡んでくると勉強ってはかどるものです。

例えば、好きな先生の教科の勉強を頑張った記憶が私にもあります。

ゆか
ゆか

岡野先生は、青木くんの相手が女の子だと思っているようですね。何か、ちょっと嫌な予感が…。

「相手は待っているかもしれない」と言われた青木くんは、一緒にお昼ご飯を食べているときに、井田くんの手にそっと手を触れてみました。

すると、意外なことに井田くんは「うわっ」と言って手を離します。

青木は、調子に乗ってしまったと反省して、ちょっと傷ついてしまったようです。



かわいい。

青木くん、本当に井田くんのことが好きで、嫌われたくないんですね。



このときのことを思い出したくなくて、青木くんはさらに数学の勉強に励みます。

最初の頃とは違って、少しづつ点数も取れるようになってきました。



青木くんに手を触られて井田くんが驚いたのは、青木くんの手があまりにも冷たかったからでした。

それ以来、青木くんはずっと手をポケットに入れているので、青木くんは自分に手を触られるのを警戒しているのだと勘違いしていました。

井田くんは青木くんの手を温めてあげるために、いつもポケットにカイロを入れていたのです。



こんな小さなことで悩んだり後悔したり…。

本当にピュアな恋をしている二人。

そして、井田くんは「青木のこと気持ち悪いなんて思うわけないだろ」とまたキュンなことを言うのですw。



歩道橋の上で、そっと手を握り合う二人。

それを、岡野先生に見られてしまいます。

岡野先生は、やはり、男の子同士の恋愛については偏見があるようでした。

青木くんと井田くんの姿を見て「なんだあれ?そう言えば、俺、青木くんにやたらと慕われている気がする」と勘違いするのです。

ゆか
ゆか

岡野先生は、イケメンでモテるタイプだと思うので、勘違いしやすいのかもしれませんが、井田くんと青木くんのことを全く知らなかったらこの反応は一般的な反応なのかも。

悲しいけれど、これが現実なのかもしれません。

青木くんだって、相手が井田くんだから好きなのであって、相手が誰でもいいわけではないのです。

だから岡野先生を慕っているのは、ただ単に数学をわかりやすく教えてくれる岡野先生を慕っているだけです。

ラーメン奢る約束も、反故にされるとは、岡野先生の偏見もかなりのもの。

確かに、一瞬は驚くかもしれませんが、井田くんとつきあっている青木くんを色眼鏡で見るのは間違っています。

最近はLGBTへの理解が進んできましたが、まだまだ「普通じゃない」と考える人は多いものなんですね。



そして、青木くんは井田くんの部活終わりに、二人でラーメンを食べに行こうと誘います。

「岡野先生なんて、こっちからお断りだ」



井田くんを待っていた青木くんは、ホテルの場所がわからない高齢者に道を聞かれました。

その高齢者の方が、ホテルまで連れて来てくれたお礼に青木くんに謝礼金を渡そうとしているのを、また岡野先生に見られて勘違いされます。

青木くんは「道案内してただけだよ」と言いますが、岡野先生は「じゃあ、この前の歩道橋も道案内か?」と言います。

岡野先生、かなり偏見がひどい。

怒った青木くんは、それを岡野先生にはっきり言いました。

偏見、ヤバいと。



「偏見」という言葉を投げかけられた岡野先生は「おごるから三人でラーメン食べよう」と言います。

岡野先生は、すぐには理解できないけど、悪かったと謝ってくれます。

岡野先生にさっきの高齢者のことも誤解だと言って、青木くんは「俺は井田が好きなんだ」と。

ゆか
ゆか

岡野先生は「偏見ヤバ男」でしたがw、理解してくれたようです。青木くんは男女の枠を超えて井田くんが好きなのです。やっぱり、私自身も含めて偏見はよくないと改めて思いました。

ドラマ「消えた初恋」第8話の感想 最後に

ドラマ「消えた初恋」第8話の感想でした。

今回は、強烈に偏見に満ちた岡野先生という存在が現れ、現実を見せつけられた気がしました。

しかし、岡野先生の言動はとても見苦しいと感じられたので、これからこんな感覚が世界に浸透していくといいなぁ。


以下の記事で、第7話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

red roses ドラマ「消えた初恋」第7話 感想 主演・目黒蓮/道枝駿佑|橋下さんの恋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA