ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第3話 感想 主演・窪田正孝

radiation

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第3話の感想です。

今回は、浜野謙太さん演じる軒下吾郎の恋のお話。

マッチングアプリで知り合った小学校の先生をしている可愛い女性と知り合って、上機嫌の軒下。

しかし、彼女にはある事情があって…。

彼女は人の顔の識別ができない相貌失認という病気を持っていたのです。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~3話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第3話の感想 はじめに

幼稚園児

あらすじ

唯織(窪田正孝)は、辻村(鈴木伸之)杏(本田翼)を美術館デートに誘ったと知り、動揺していた。唯織の前にやってきた辻村は、杏に思いを伝えたことを明かすと、「僕の方が一歩リードです」と告げる。

同じ頃、軒下(浜野謙太)は、マッチングアプリで知り合った絶世の美女からデートの約束をすっぽかされて荒れていた。その日、軒下は、右足にギプスをはめた入院患者・荒井和真(萩原利久)のレントゲン検査をする。その際、和真に付き添っていた幼なじみの宮本すみれ(堀田真由)が、軒下のIDを見て、声をかけてきた。軒下とのデートをすっぽかした絶世の美女とは、すみれだったのだ。すみれは、和真がスケートボードの練習中に転倒してケガをしたと聞き、病院まで付き添ったせいでデートに行けなかったことを軒下にわびると、「早くお会いしたいと思っていた」と偶然の出会いを喜んだ。事情を知り、すっかりご機嫌になる軒下。すみれは、「埋め合わせがしたい」と言って軒下をデートに誘う。

そんな折、唯織は、すみれが和真と別の入院患者を見間違える場面に出くわす。するとそのとき、近くにいた外来患者の丸井耕吉(温水洋一)が激しくせき込んで倒れた。唯織たちは、ただちに丸井のレントゲン検査を行うが、喫煙歴50年という丸井の右下肺には腫瘤(しゅりゅう)影が見られ……。

[引用元]フジテレビ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」公式サイトSTORY

登場人物

五十嵐唯織/窪田正孝
医師免許を持つ放射線技師。幼馴染の杏との約束を守って放射線技師になった。2年間のアメリカ留学を終え、再び甘春総合病院に勤務。

甘春杏/本田翼

放射線科医師。唯織の幼馴染。甘春総合病院勤務。

広瀬裕乃/広瀬アリス

甘春総合病院の放射線技師。新人として病院に入り、努力の成果で今は一人前の技師となった。五十嵐に想いを寄せる。

黒羽たまき/山口紗弥加

男っぽい性格の中堅放射線技師。昼食はいつも決まったカップラーメン。

田中福男/八嶋智人
甘春総合病院の放射線技師。

小野寺俊夫/遠藤憲一

放射線技師長。技術は一流。お酒とギャンブル好き。

軒下吾郎/浜野謙太

放射線技師。とにかくモテたい。脳のMRIが得意。

威能圭/丸山智己

AIを得意とする放射線技師。人たらしで彼が目当てで来る患者も多い。

悠木倫/矢野聖人
放射線技師。メカオタク。

辻村駿太郎/鈴木伸之

父が総合病院の院長という整形外科医。杏のことが好き。唯織の恋のライバル。

灰島将人/高嶋政宏

合理主義の新院長。病院経営が第一の冷酷な性格。

鏑木安富/浅野和之

甘春総合病院の副院長。事なかれ主義だったがラジエーションハウスのメンバーに感化され、今では院長にも意見する。

大森渚/和久井映見

甘春総合病院の前院長。唯織とラジエーションハウスのメンバーの良き理解者で、杏の相談相手。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第3話の感想 

抽象的な絵

軒下、デートをすっぽかされる

宮本すみれ(堀田真由)は小学校の教員ですが、今は休職中です。

すみれは、小学校で何度かトラブルを起こしており、それにはある事情が隠されていました。



一方、軒下(浜野謙太)は昨日、マッチングアプリで出会った絶世の美女とデートの約束をしていたのにドタキャンされ、朝から機嫌が悪い。

そんなとき、新井和真(藤原利久)のケガの通院につきそってすみれが甘春総合病院にやって来ます。



その日のレントゲン検査担当は、軒下でした。

するとすみれが「もしかして、のきっちさん?」と声を掛けてきました。

彼女こそ、昨日軒下がデートをすっぽかされた絶世の美女・すみれだったのです。

ゆか
ゆか

軒下さん、マッチングアプリ上では『のきっち』なんですねw。

しかし、彼女はどこか様子がおかしい。

付き添ってきた幼馴染の和真を別の人と見間違えたのです。

それを五十嵐(窪田正孝)が、たまたま見ていました。



初めて会った人ならともかく、幼馴染を間違えるなんてあるでしょうか。

すみれは、人の顔を覚えるのが苦手だと言って…。

和真の骨折

和真は、スケボーをしていて転倒し、足を骨折していました。

そのとき、腕にも痛みを覚えたのですが救急の医師は骨には異常がないと言っていたのですが、レントゲンを撮った軒下は専門外の医師にはわからない小さな骨折を見つけました。

ゆか
ゆか

のきっち、仕事はバリバリなんですね。そして、すみれさんとは再度デートをすることが出来ます。それも幼馴染がケガをしたと聞いてすっぽかしたからと、すみれさんの方から誘ってきたのです。のきっち、いきなり上機嫌w。

軒下は、すみれとデートをすることになり、とても楽しい時間を過ごします。

すみれは、小学校の教師ですが本当は別の夢があるといいます。

それは、幸せな家庭を持つこと。

それを聞いた軒下は一気にヒートアップ。

いきなり、給料三ヶ月分の指輪を買ってしまうのです。



そんなとき、和真のお見舞いにやって来たすみれが、軒下に渡すために持って来たお菓子を田中(八嶋智人)に渡してしまいます。

二人は外見がとても似ていますが、顔自体はそれほど似ているわけではありません。

五十嵐は、すみれに脳の検査を勧めてくれないかと軒下に言って…。



五十嵐はすみれの様子にある病気を疑っていました。

相貌失認という病気です。

すみれは、人の顔の区別がつかないのです。

それで、いつもその人の服装や靴、特徴をノートに書き留めてそれぞれの人を区別しています。

すみれの本当の夢は、小学校教員。

学校でのトラブルは、生徒の顔を覚えられないことからくるものでした。

ゆか
ゆか

確かに、先生に顔を覚えてもらえないというのは子供にとって悲しいことです。トラブルになってしまっても仕方がない。しかし、その病気さえ治れば、すみれはきっと素敵な先生になれます。

毎回、放射線技師の腕一つで病気やケガが判明し、助けられるものなんだなと本作を見て感じています。

病院は、何かというと医師の意見だけが取り上げられがちですが、裏方の技師さんや薬剤師さんの活躍があることを忘れてはいけないということです。

そして、人間の『脳』の不思議。

丸井の胸の影

五十嵐が院内を歩いていると、一人の初老の男性・丸井(温水洋一)が激しくせき込んで倒れるのを発見。

レントゲンを撮ると、胸に影が見えます。

精密検査の結果を待たなければなりませんが、肺がんの疑いが濃厚。

また、丸井は1日48本の煙草を吸っているヘビースモーカー。

どちらにしても腫瘍があるので、手術をすると言う杏(本田翼)。

しかし、五十嵐はこの影を見て、「これは本当に悪性なんでしょうか」と言って…。



出来るだけ身体にメスを入れるのは避けたいと思っている五十嵐は、丸井が以前奥歯の銀歯を誤嚥したことがあることを確認。

もう一度、PET検査をさせてほしいと願い出る五十嵐。

杏(本田翼)は、もう一度レントゲン画像を見ると、放線菌に感染している可能性が高いと判断します。

PET検査を行い、精密検査の結果と併せて、丸井は「肺放線菌症」だとわかります。

丸井は、肺がんではなかったのです。

ゆか
ゆか

これで、丸井さんは手術を受けなくてよくなりました。高齢者の方は特に出来るだけ手術はしない方がいいと言われています。そのまま寝たきりになることも多いですから。

放射線科の仲間たち

放射線科の技師さんたち、いつもは憎まれ口を叩き合っていますが、本当はとてもみんな優しい。

今回も、それとなく軒下さんの恋を応援しています。

治る可能性があるすみれの病気、すぐにでも検査をするべきです。

そして、治る見込みにかけてみるのが一番。

検査だけでも受けてほしいです。

五十嵐の言う通り相貌失認だったとしたら、手術で治らなかったとしても、一生人の顔が識別できないことにかわりありません。

それなら、手術にかけてみてほしいです。

すみれさんの本当の夢は、小学校の先生としてやっていくことなのですから。

すみれの検査結果

すみれの脳には、良性の腫瘍が見つかりました。

杏はこの腫瘍を取り除けば、相貌失認は治る見込みが高いと判断。

すみれは手術を受けることに。



手術後、すみれはちゃんと人の顔が識別できるようになったのです。

ゆか
ゆか

脳って不思議ですね。すみれさんは、目が見えないわけじゃなくて人の顔の識別だけが出来なかったわけです。脳にはまだまだ解明されていないことがたくさんあるんでしょうね。

軒下の恋の終わり

軒下は、すみれさんの手術が終わって顔の識別が出来るようになって、恋を諦めることにしました。

すみれさんには、幼馴染の和真がお似合いだと思ったのです。



おそらく、すみれさんは軒下の顔がわかっても嫌いになったりしないと思います。

しかし、軒下は和真自身がとてもいい男だと思ったのです。

軒下はすみれさんの病気が治ったら、嫌われたらどうしようと思うばかりでしたが、和真はすみれさんのために受け持ちの児童たちの顔の特徴や写真を貼ったスクラップブックを作っていました。



みんな、いい人たち。



手術後、五十嵐と共にすみれさんの病室を訪ねる軒下は名札を田中に取り替えてもらっています。

もう、軒下が軒下としてすみれさんの目の前に現れることはないのかもしれません。

退院のときのすみれさんの言葉がとても素敵でした。

手術前に一度、すみれに告白していた和真は「あれは冗談じゃないから」というと、すみれは「軒下さんみたいな大人の男性になったらね」と。

ゆか
ゆか

軒下さん、いつもはただの調子乗りですが、今回は本当にカッコよかった!軒下さんの恋は報われたのです。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第3話の感想 最後に

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第3話の感想でした。

今回は、軒下さんが最高にカッコいいターンでした。

そして、放射線科のメンバーもみんなすごく優しい。

すみれさん、きっと優しくて生徒思いの素敵な先生になるでしょうね。

次回も楽しみです!

以下の記事で、第2話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

radiation ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第2話 感想 主演・窪田正孝

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~3話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA