ドラマ「和田家の男たち」第6話 感想 主演・相葉雅紀|優の大スクープ

news

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「和田家の男たち」第6話の感想です。

今回は、優が大スクープをものにします。

優の優しくて心遣いのできるところが功を奏したようです。

そして、和田家の男たちは皆、恋をし始めるようです。

ドラマ「和田家の男たち」第6話の感想 はじめに

pc

あらすじ

 山路食品グループの代表・山路有美(かとうかず子)の失踪事件がワイドショーや週刊誌を賑わす。和田秀平(佐々木蔵之介)が総合プロデューサーを務める『フロンティアニュース』では、週刊誌の後追いはしない主義の秀平とスタッフの間で意見の対立が…。

 そんなある日、秀平は数日前にデンタルクリニックで出会った女性・岸文子(堀内敬子)と再会する。実は文子は、以前に寛(段田安則)に関する「ワダカン、未だ衰えず」という記事を配信した『週刊アスタ』の編集長だった! 秀平が寛の息子だと知った文子から、『週刊アスタ』内の“家族の肖像”というコーナーへの登場を打診され、秀平は「ありえない」と一蹴するが、寛が勝手に取材を引き受けてきてしまう!

 一方、ヘッドハンティングされ一時は別のネットニュース媒体に移っていた優(相葉雅紀)は、無事『バズとぴ』に復帰。さっそく“話題の町中華”の取材に出かけることになる。

 寛から、駆け出しの頃によく行っていた中華料理店で毎日冷やし中華を食べていた、という話を聞いた優は、その店を取材することに。店を訪れた優は、ひとりで切り盛りする店主の幸子(梅沢昌代)の忙しそうな様子に、思わず手伝いを。優の取材をきっかけにとんでもない事態へと発展していく…!

[引用元]TV朝日「和田家の男たち」公式サイトSTORY

登場人物

和田優/相葉雅紀
14年働いた会社が突然倒産。今はフードデリバリーのバイトをしている。配達先で久しぶりに祖父の寛と再会。父の周平もいたことから、三人で暮らすことに。周平は26年前に亡くなった母の再婚相手。両親ともTV局で働いていたため優が家事全般を担う。家事は得意。そんなとき、大学の後輩からネットニュース「Buzz Topic News」(バズとぴ)の仕事を紹介され、ネットニュース記者になった。

和田秀平/佐々木蔵之介

血は繋がっていない優の父。報道番組「フロンティアニュース」のプロデューサー。27年前、優の母と結婚したがすぐに事故で亡くす。

和田寛/段田安則

周平の父で優の義理の祖父。大手新聞社の社長だった。部下の不祥事の責任を取り、辞任。現在は論説委員。今も新聞記者としてのプライドを持ち続けており、秀平や優の報道の在り方に苦言を呈する。

和田りえ/小池栄子

優の母。秀平と同じ報道番組を担当していたが、結婚を機に情報番組に異動。結婚一年後に取材中の事故で亡くなる。

和田優(幼少期)/潤浩

母子家庭で多忙な母のために、家事全般を行っていた。

三ツ村翔星/正門良規

優の大学の後輩。優を「バズとぴ」の記者として誘った。「バズとぴ」でビューを稼ぐために優にアドバイスする。

印田吾郎/駒木根隆介

優の同僚。仕事に慣れない優を気遣ってくれる優しい人。

志麻さと美/石川恋

優の同僚。無愛想で冷たく見えるが、優のことを気にかけている。

滝口剛/岡部たかし

秀平が担当する「フロンティアニュース」のデスク。秀平の右腕。

井上智子/宮澤美保

「フロンティアニュース」のディレクター。秀平に想いを寄せる女性。

ドラマ「和田家の男たち」第6話の感想 

ラーメン

山路ホールディングの社長・山路有美(かとうかず子)の失踪事件が、世間では話題になっています。

失踪して3週間が経とうとしていました。

有美は、夫より30歳年上で年の差婚としても、話題になりました。

TVの報道の仕方では、いかにも30歳年下の夫が有美を殺害したのではないかと匂わせる報道をしています。



このニュースを秀平(佐々木蔵之介)と一緒に観ていた優(相葉雅紀)。

秀平は「夫が殺したと思っただろ?」と優に聞きます。

確かにこういうニュースの場合、TVでははっきりとは言わないにしても、夫が殺害したかのような報道がなされますよね。



秀平は、自分の「フロンティアニュース」では週刊誌の後追いのような報道はしたくないようです。

TVマンとしてのプライド。



一方、優は「バズとぴ」に復帰。

次の記事は、町中華。

三ツ村(正門良規)に、取材拒否の店を開拓出来たらOKと言われ、優は何とか取材するお店を探します。



秀平が部下と飲んでいると先日、歯科医院で順番のことで揉めた女性(堀内敬子)が隣に座って来ました。

そして、この女性は「週刊アスタ」という雑誌の編集長でした。

秀平が忌み嫌う雑誌です。

「週刊アスタ」は、先日、父の寛のことをニュースにした雑誌です。(ワダカン未だ衰えずという若い女性と一緒に食事をしている記事でした)

女性は、秀平が「フロンティアニュース」の総合プロデューサーだと知ると、「週刊アスタ」の『家族の肖像』というコーナーに出てほしいと申し出ますが、一蹴されてしまいます。



和田家では、寛と優が優の次の取材先を探しているという話をしています。

町中華なので、寛には関係のない話かと思ったら、東西新聞の元本社ビルの近くに会った冷やし中華しかないお店に通っていたという話になり、優はその店を紹介してもらうことに。

メニューは冷やし中華だけで、そのアイディアは今の女将さんの妹が言い出したことでした。

今は、女将さん一人でお店を切り盛りしているようですが、大繁盛しています。

優は、取材のために来たのですが、あまりの忙しさにお店をお手伝いすることに。

良き気が付く優は、洗い物を片付け、注文を取り、お水を出して…。

ゆか
ゆか

本作は、優くんがお料理を手際よく作るシーンも見どころですね。料理男子の優くん、カッコいい。

「週刊アスタ」の編集長は、岸文子。

かなりのやり手のようです。

そして、直接和田家にやって来て、『家族の肖像』の取材を申し込み、寛はOKしてしまうのです。

あんなでたらめな記事を書く雑誌に出たくないという秀平でしたが、もうOKしてしまったのでどうしようもない…。

寛、秀平、優は、文子の取材を受け、終わったあと寛が文子にワインを勧め、夕食を共にすることに。

文子にあの和田家特製牛乳入りすき焼きを振る舞うことになります。

和田家の男たちと文子は、報道について議論を交わし合います。

思わず文子は「一番ダメなのはTVなんです」と言ってしまい、「私どうしてこんなにカッカしてるのかしら。好きだからかしら」と…。

歯科医院でやりあったときから、文子は秀平を好きになっていたようです。

ゆか
ゆか

きゃあ、秀平さんに恋の予感!!!

優が洗い物をしていると、携帯が鳴ります。

先日、取材をした冷やし中華しかない町中華のお店からでした。

女将さんが苦しそうに息をして、助けてと。

お店に向かう優。

病院に運ばれた女将さんは、不整脈が出ただけで事なきを得ます。



そこに、現れたのが女将さんの妹。

何と、この妹が今、失踪中で世間を騒がせている山路有美だったのです。

そして、優は有美が無事だったことを喜び、ご主人にも連絡してあげてくださいと言ったことで、有美に気に入られ、「バズとぴ」の取材を受けてくれることになったのです。



大スクープです!



有美は夫との年齢差が今さらながら気になり、夫はどんどん働き盛りになっていくのに、自分は衰えていくだけ…。

有美が失踪した理由は「幸せ過ぎたから」。

有美は現実から逃げ出したかったのです。

心の中にあることをありのままに話してくれた有美のことを優は記事にしました。

この記事はバズるなんてものではなく、TV局がこの記事を使わせてほしいという電話が鳴りっぱなしです。

TV局も新聞も週刊誌も取れなかったインタビューを、優は勝ち取ることが出来たのです。



その頃、秀平は、岸文子を呼び出していました。

そして、時間がない文子に突然、「お付き合いしてもらえないでしょうか」と言う秀平。

文子も少し間がありましたが「承知いたしました。よろしくお願いいたします!OKです!」と走り去っていきます。

「よっしゃー!」と叫ぶ秀平。



「ええ?ええええー!?」ってなっているうちに、二人はつきあうことになりました。

そして、優にもあの戸倉ほのか(宮澤エマ)から連絡が来て…。

ドラマ「和田家の男たち」第6話の感想 最後に

ドラマ「和田家の男たち」第6話の感想でした。

今回は、和田家の男たちに春が来ましたね。

秀平さんの告白、文子の返事、カッコよかったなぁ。

忙しい大人同士がわかりあって、恋に落ちる瞬間…素敵でした。



以下の記事で、第5話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

news ドラマ「和田家の男たち」第5話 感想 主演・相葉雅紀|優の転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA