ドラマ「真犯人フラグ」第7話 感想と考察 主演・西島秀俊|不倫疑惑勃発

finger

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「真犯人フラグ」第7話の感想です。

今回は、ラストシーンで物語が急展開します。

ほぼ動かなかった物語がやっと動き始めた感じですね。

そして、今回は林の存在が事件に関わっている可能性がかなり高くなりました。

ドラマ「真犯人フラグ」第7話 感想 はじめに

あらすじ

光莉が縛られ、口にガムテープを貼られた状態で転がされている血だらけの部屋の動画が送られてきた。警察のサイバー班と一星らプロキシマの社員が場所を特定。凌介は一星、瑞穂と共に現場に駆けつける。一方、瑞穂はぷろびんに凌介との不倫疑惑を直撃され…。

登場人物

相良凌介/西島秀俊
亀田運輸カスタマーサービス部・課長。温厚な人柄で、趣味は読書。お人好しでおっとりしている。

相良真帆/宮沢りえ

凌介の妻。スーパーでパートをしている。明るく社交的。ある日、突然姿を消す。

相良光莉/原菜乃華

凌介の娘。明るく優しい。

相良篤斗/小林優仁

凌介の息子。サッカー少年。

二宮瑞穂/芳根京子

凌介の部下。クレーム対応に優れている頼れる存在。追い詰められた凌介を助ける。

河村俊夫/田中哲司

凌介の大学時代のサークル仲間で親友。独身、離婚歴なし。「週刊追求」の編集長。

日野渉/迫田孝也

凌介の大学時代のサークル仲間で親友。本とお酒を愛する明るい性格のバーのマスター。

太田黒芳春/正名僕蔵
凌介の上司。カスタマーサービス部の部長。独身、離婚歴なし。幸せな凌介に嫉妬している。

望月鼓太朗/坂東龍汰

凌介の自宅周辺を担当する配達員。イケメンだが影がある。

橘一星/佐野勇斗

大学4年生。アメリカ留学し、2年前にIT企業「プロキシマ」を起業。事件について知っていることがある。

菱田朋子/桜井ユキ

相良家のご近所さん。篤斗と同い年の息子を持つシングルマザー。真帆のママ友。整体師。

本木陽香/生駒里奈

事件の日、凌介に接近してきた謎の女。実は葬儀屋で働いている。

猫おばさん/平田敦子
相良家の近所に住む女性。猫好きでクラシック音楽を好む。謎の発言を繰り返し…。

山田元哉/柿澤勇人

篤斗のサッカー教室のコーチ。

雫石千春/小松利昌

情報番組のコメンテイター。私立大学の社会学教授。

阿久津浩二/渋川清彦

横浜北警察署の刑事。地道な捜査を行い、検挙率が高い。

落合和哉/吉田健悟

横浜北警察署の刑事。阿久津を尊敬している。

林洋一/深水元基

相良家の新居の担当をする住宅メーカーの営業。凌介と真帆の大学の後輩。元サッカー部。

ぷろびん/柄本時生
再生回数のためなら何でもやるYouTuber「ぷろびんチャンネル」を運営。凌介一家の事件を考察する動画を上げる。

ドラマ「真犯人フラグ」第7話 感想 

soccer

ここまで苦しめられる理由

凌介(西島秀俊)は、一体、誰にここまで苦しめられなければならないのか。

どれだけの恨みを買っているのか。

当初、この失踪は真帆の自作自演なのでは?と思ったこともありますが、ここまで大掛かりなことを夫婦間の不満だけで行われるとは思えません。



凌介と一星(佐野勇斗)、瑞穂(芳根京子)は、特定できた場所に急ぎます。

警察のサイバー班が特定した場所も同じ建物だったということは、光莉(原菜乃華)の動画はこの建物の中で撮影されたのは間違いないでしょう。

そして、真帆(宮沢りえ)から送られて来たしし座流星群の写真とも一致。



建物の上の階に向かうと、人が血だらけで叫んでいるような気味の悪い絵が壁に描かれ、下には「死ニタイ」と書かれています。

これは、ただの落書きなのか、誰かが意図を持って書いたものなのか。

リストカット女と同じ人物が書いたのでしょうか。

食べ物を運ぶ女

凌介が心労から倒れてしまったあと、唐突に誰か女性が食べ物らしきものをタッパーに入れて運んでいる姿のカットが入って来ます。

これは、ニンジン刻み女と同じ女のようです。

服装や体型が同じに見えます。

おそらく、食べ物は真帆たちに届けられたものだと考えられると思います。

この女は「バタコ」さん?それとも本木陽香?

本木にしたら、背が高いような気もするのですが…。

もともと「バタコ」さんは、毎日亀田急便にクレームの電話を入れてくるようなちょっと変人。

しかし、相良家とどんな関係があるのでしょうか。

ゆか
ゆか

バタコさんも、何だか怪しさが増し増しになってきましたね。しかし、まだ本作の中では誰なのかが描かれていませんが、SNSではバタコ=香里奈さんだと言われていますね。

雫石と凌介の関係

TVのワイドショーのコメンテイターの雫石(小松利昌)は、凌介と同じ大学に通っていた顔見知りのようです。

凌介は学生時代から誰にでも優しいと言われており、人に流されやすいタイプだったため、今回の不倫騒動も納得できるなどといい加減なことを言い出します。

その番組を見ながら、菱田(桜井ユキ)が体の関節をぽきぽきと鳴らすシーン、ちょっと怖かったですね。

菱田は真帆が好きすぎて、自分が真帆に成り代わりたいと思っているような気がします。

そのため、真帆の夫の凌介のことも自分のものにしたいと思っていて、瑞穂との不倫もまるで自分が妻であるかのように怒っているのかも。



一方、瑞穂はマスコミに追いかけられているので、出社するのにも一苦労。

配達員の望月(坂東龍汰)に、制服も借りて亀田運輸のトラックで送ってもらっています。

望月は瑞穂のことが好きなのは明白なので、あのTwitterのポエムのようなものを書いたのも望月の可能性が高い。

瑞穂がそれとなく聞いてみるが、望月は「知りません」と言いますが、顔が暗い…。

ゆか
ゆか

望月は犯人ではないと思いますが、おそらく社内での瑞穂と凌介の写真は望月が撮って、ぷろびんに渡しているのだと思います。

マスコミとの対決

瑞穂は、いつまでもマスコミから逃げていても仕方がないと、対決することを決意。

しかし、ドッと押し寄せるマスコミに押されて倒れてしまった瑞穂を凌介が守るように覆いかぶさってくれます。

凌介は、自分は家族を愛していること、帰ってくることを信じて待っていること、2カ月間何の進展もないことに心が折れそうになったとき瑞穂が励ましてくれたことを話します。

そして、瑞穂は何かの見返りを求めて行動する人ではないとマスコミの前で断言します。

こうして、マスコミと対決していた凌介は、突然倒れて意識を失ってしまいます。

病院に運ばれた凌介は、軽いねん挫と胃腸炎でした。



これだけ、マスコミにあることないこと言われて、追いかけられていれば、胃が悪くなっても当然ですね。

マスコミって、何の証拠もないのに、なぜここまで一般人を追い詰められるのか。

怖ろしい世界。



病院に、相良家の新居の担当をしている林(深水元基)がやって来て、「騒ぎが大きくなりすぎて工事の再開はできない」とだけ言って帰っていきます。

林も上からこれだけ世間を騒がせている人の家の建築は避けたいようですね…。

何だか、凌介がやるせない…。

ストーカー再登場

光莉の動画をメールした発信元がネットカフェだということがわかりました。

メールを送ったのは、光莉の元ストーカーの男でした。

この男は何人もの女子高生のストーカーを行っており、この写真を警察に送ると脅され、代わりにこの動画を凌介にメールしろと言われたようです。

その命令をした女は、身長160㎝くらいの細身の人物。

今までに登場している人物で言えば、本木陽香、二宮瑞穂、菱田朋子、あたりでしょうか。

バタコさんであろうと言われている香里奈さんはもっと背が高いと思います。

瑞穂だったら、びっくりしますけどねw。



警察が猫おばさんに聞くと、光莉のローファーを投げ入れた女もこの女の可能性があるようです。

また、本木陽香はフリマサイトに篤斗の洋服を出品していた人物に、「私は全部知っている。早く出品情報を消せ、誘拐犯」とメールを送っています。

そして、相良家の郵便ポストにいろんな中傷ビラが入れられていて、それを確認していた凌介の目に飛び込んできたのは、「それでもまだ探しますか?」という特徴的な文字が書かれた横に林と真帆が二人でホテルのエレベーターから降りてきている写真が!

真帆と林は不倫関係だった?

林の存在

林は、建設会社の社員と言うだけでなく、何かこの事件に絡んでいる可能性があるのかもしれません。

凌介が入った生命保険のことを警察にチクったのも林だったようです。

プロキシマの社員とたまたま飲みに来ていた一星が、カウンターで愚痴っている林を見つけたのです。



ラストシーンで、いろんな情報がぶち込まれてきましたが、あの特徴的な文字の脅迫状的なものを書いているのは一体誰なのでしょうか?

そして、ストーカーを脅したり、フリマ出品者を脅しているのが本木陽香なら、誘拐犯は別にいるということです。

ここに来て、林の存在が事件に大きく関わっている可能性が出てきましたが、ただのミスリード?

ドラマ「真犯人フラグ」第7話 感想 最後に

ドラマ「真犯人フラグ」第7話の感想でした。

今回は、凌介の家族を思う気持ちの切なさ、切実さが描かれていて胸が痛みました。

ここまでじわじわと凌介をいたぶる犯人の目的とは一体何なのか。

最後にかなりたくさんの情報が投下されましたが、謎はまだまだ明らかになっていません。

次回も楽しみです!



以下の記事で、第6話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

finger ドラマ「真犯人フラグ」第6話 感想と考察 主演・西島秀俊|家族は生きている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA