ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第9話 感想 主演・窪田正孝

radiation

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第9話の感想です。

本作も大詰めとなりました。

今回は技士の田中福男さんのターン。

福というおめでたい字がついた田中さんですが、その人生はそれほど幸福に恵まれたものではなく…。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~9話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第9話の感想 はじめに

あらすじ

「僕がずっと心から尊敬している医者は、甘春先生…あなたですから」。唯織(窪田正孝)から言われた言葉が頭から離れない杏(本田翼)。その唯織が研究チームの一員だったピレス教授の研究室のサイトを見ていた杏は、『留学生募集』の文字に目を止める。

一方、田中(八嶋智人)は、最新の撮影技術を考案した、と言って脳外科医の渋谷(野間口徹)に自分を売り込んでいた。だが田中は、基礎が身についてないことを渋谷に指摘され、すっかり落ち込んでしまう。そんな田中に追い打ちをかけるかのように、別れた妻・幸子(猫背椿)から、再婚することになったというメールが届き……。

ある日、ラジエーションハウスに、医療メーカーの営業マン・山田福造(石井正則)がやってくる。山田は造影剤の販売を担当しているが、十分在庫があるという理由から小野寺(遠藤憲一)に追い返されていた。帰ろうとしていた山田だったが、唯織に声をかけられる。唯織は、彼の左耳が聞こえにくくなっているのではないかと気づいて……。

そんな折、田中は、ひょんなことから山田と知り合う。同じ“福”という字がある名前にも関わらず、不幸続きだという境遇も似ていることから意気投合するふたり。その際、山田は、実家で寿司職人をしている父親から跡を継いでほしいと言われていることを明かすと、冗談で一緒にやらないかと田中を誘う。元妻に再婚され、傷心の田中は、その話に食いつき…。

[引用元]フジテレビ「ラジエーションハウスⅡ」公式サイトSTORY

登場人物

五十嵐唯織/窪田正孝
医師免許を持つ放射線技師。幼馴染の杏との約束を守って放射線技師になった。2年間のアメリカ留学を終え、再び甘春総合病院に勤務。

甘春杏/本田翼

放射線科医師。唯織の幼馴染。甘春総合病院勤務。

広瀬裕乃/広瀬アリス

甘春総合病院の放射線技師。新人として病院に入り、努力の成果で今は一人前の技師となった。五十嵐に想いを寄せる。

黒羽たまき/山口紗弥加

男っぽい性格の中堅放射線技師。昼食はいつも決まったカップラーメン。

田中福男/八嶋智人
甘春総合病院の放射線技師。

小野寺俊夫/遠藤憲一

放射線技師長。技術は一流。お酒とギャンブル好き。

軒下吾郎/浜野謙太

放射線技師。とにかくモテたい。脳のMRIが得意。

威能圭/丸山智己

AIを得意とする放射線技師。人たらしで彼が目当てで来る患者も多い。

悠木倫/矢野聖人
放射線技師。メカオタク。

辻村駿太郎/鈴木伸之

父が総合病院の院長という整形外科医。杏のことが好き。唯織の恋のライバル。

灰島将人/高嶋政宏

合理主義の新院長。病院経営が第一の冷酷な性格。

鏑木安富/浅野和之

甘春総合病院の副院長。事なかれ主義だったがラジエーションハウスのメンバーに感化され、今では院長にも意見する。

大森渚/和久井映見

甘春総合病院の前院長。唯織とラジエーションハウスのメンバーの良き理解者で、杏の相談相手。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第9話の感想 

doctor

名は体を表す

ラジエーションハウスの技士・田中福男(八嶋智人)は、何度も転職を経験して、今の放射線技師の仕事を始めました。

技士になる前には、結婚もしていたのですが、愛想を尽かされて妻の幸子(猫背椿)から離婚を突き付けられたのです。

名は体を表すと言いますが、田中さんはあまり「福」に恵まれた人だとは言えないようですね。



田中さんは年齢的にもベテラン技士だと思っていたのですが、まだ技士になって5年。

技術面でも他の技士と差がついている理由はそこだったんですね。



そんな田中が医療メーカーの営業・山田福蔵(石井正則)に出会います。

山田の名前にも「福」という字が入っているのに、彼も仕事でのストレスがたまり、耳が聞こえにくくなっています。

山田の実家は寿司屋で、父は後を継いでほしいと言っています。

山田は冗談で、田中に「一緒に寿司屋をしませんか?」と言います。

しかし、田中は乗り気で本気で技士を辞めて寿司屋になろうと考えます。

山田には家族がいるので、安定した今の仕事を辞めることは出来ないのですが…。

そんな田中には、離婚した妻から再婚するというメールが来ていました。

ゆか
ゆか

田中さんは、独身なので身軽なんですね。それに、ちょっと移り気。今のラジエーションハウスの仕事、頑張ってほしいです。

山田の難聴の理由

五十嵐(窪田正孝)は、山田の難聴が精神的ストレスからくるものではないかもしれないと気づきます。

そして、一度脳の検査を受けてみませんか?と言って…。

検査を受けた山田ですが、特に異常が見られず、やはり精神的なストレスからくるものだと田中は言います。

自分も営業をやっていた頃、かなりのストレスを感じていたので、山田の気持ちがわかるのです。



検査の結果は特に異常がなかったのですが、山田は病院から家に電話をかけていると軽いめまいに襲われます。

耳に異常があると、めまいがするんですよね…。

これが、また辛い。



結局、山田は耳の中の「アブミ骨」を骨折していて、そのせいで難聴とめまいに襲われていたことを五十嵐が突き止めます。

仕事のストレスからくる難聴ではなかったのです。

山田は、ノルマやプレッシャーを感じながらも、この仕事に誇りとやりがいを感じているのです。

田中の居場所

田中は、このラジエーションハウスに一番最後に入って来て、不安なのだと五十嵐は言います。

田中が医師たちに自分を売り込んだりするのも、不安から来ているようです。

「自分は道端に落ちている石ころと同じ。取るに足らない存在なんです」という田中。

田中は、このラジエーションハウスが自分の居場所だと確認したいために、医師に自分を「営業」するのです。

ゆか
ゆか

何だか切ないですね。田中さんはラジエーションハウスの立派な一員なのに。

二件の急患

甘春総合病院に、二件の急患が運ばれてきました。

一人はショック症状が出ている子供。

五十嵐が駆け出していきます。



もう一人は外国人の男性です。

この外国人の男性・ボヌールは、田中の元妻・幸子の再婚相手です。

そして、ボヌールは造影剤アレルギーを持っているので、造影剤を使った検査を受けることが出来ません。

突然、頭を押さえて倒れたので、脳の検査をしたのですが、異常がなく、腹部の検査をするには造影剤を使わなくてはならないようです。

杏(本田翼)は、ASL検査を行うと言います。

しかし、特殊な検査なので皆、やったことがありません。

田中は、山田に連絡をしてASLのやり方の学術論文を持って来てもらうことになります。

山田の人脈のおかげで、ASLの論文を手に入れることができ、ボヌールは検査を受けることが出来ました。

そして、治療を受けることになります。



元妻の幸子は、田中に「今、あなたが幸せそうで良かった」と言います。

田中福男の「福」は周りに福を与える福なのです。

503号室の患者

大森先生(和久井映見)が密かに診ている患者は、ある女性のお腹の中にいる胎児でした。

肺動脈弁が閉鎖していて、生まれて来ても数日の命だと言われています。

大森先生が渡米した理由は、この赤ちゃんの治療のためでした。

小児の心臓カテーテル手術を学びに行っていたのです。

そして、大森先生は、ラジエーションハウスを訪れ「みなさんの力を借りる時がきました」と言って…。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第9話の感想 最後に

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第9話の感想でした。

今回は、どんな小さな存在でも、かならず果たす役割があるということを教えられるターンでした。

田中さんも、自分のラジエーションハウスでの存在意義をもっと強く感じてほしいです。



以下の記事で、第8話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

radiation ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第8話 感想 主演・窪田正孝


ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~9話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA