ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第10話 感想 主演・窪田正孝

radiation

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第10話の感想です。

今回は、大森先生が一切外に漏らさず治療を続けていた妊婦さんのことが明かされます。

大森先生は心臓カテーテル手術の権威ですが、小児の心臓カテーテル手術の経験がなく、アメリカに留学していたのは、小児の心臓カテーテル手術を学ぶためでした。

しかし、甘春総合病院では小児の心臓カテーテル手術の前例がないということで、灰島院長の許しが得られず…。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~10話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第10話の感想 はじめに

baby

あらすじ

「皆さんの力を借りる時が来ました」。

唯織(窪田正孝)たちのもとを訪れた渚(和久井映見)は、胎児の心エコー画像を見せ、協力を求めた。この胎児は、「純型肺動脈閉鎖症」を起こして心臓から肺に血液が行かなくなっており、場合によっては生後もって数日の命だった。母親は、503号室に入院中の妊婦・池田しずく(伊藤歩)。しずくは、心臓カテーテルでの治療を望んでいるという。そのためには心臓を正確に把握できる画像が必要だというのだ。

するとそこに、鏑木(浅野和之)が現れ、渚をこの患者の担当から外すと告げる。灰島(髙嶋政宏)の決定だった。灰島は、新生児への心臓カテーテル治療は前例がないと言って認めず、外科手術で対処するよう指示していた。

裕乃(広瀬アリス)たちは、何故渚がカテーテル治療にこだわるのか疑問を抱く。実績のある外科的アプローチの方が無難な選択肢だからだ。そこで唯織は、循環器内科が専門の渚が、ワシントンに留学中、小児の心臓カテーテルについて学んでいたことに触れる。唯織が理由を尋ねても、渚は知見を広げたいとしか言わなかったらしい。

そんな中、しずくのカルテに胎児の腹部エコー画像が追加される。それを見て何かに気づいた唯織は、渚のもとへ向かった。その途中、唯織は、郷田一平(工藤阿須加)という男から、眼科はどこかと尋ねられる。その際、一平は、唯織の顔を見つめると、どこかで会ったことはないかと言い出し……。

[引用元]フジテレビ「ラジエーションハウスⅡ」公式サイトSTORY

登場人物

五十嵐唯織/窪田正孝
医師免許を持つ放射線技師。幼馴染の杏との約束を守って放射線技師になった。2年間のアメリカ留学を終え、再び甘春総合病院に勤務。

甘春杏/本田翼

放射線科医師。唯織の幼馴染。甘春総合病院勤務。

広瀬裕乃/広瀬アリス

甘春総合病院の放射線技師。新人として病院に入り、努力の成果で今は一人前の技師となった。五十嵐に想いを寄せる。

黒羽たまき/山口紗弥加

男っぽい性格の中堅放射線技師。昼食はいつも決まったカップラーメン。

田中福男/八嶋智人
甘春総合病院の放射線技師。

小野寺俊夫/遠藤憲一

放射線技師長。技術は一流。お酒とギャンブル好き。

軒下吾郎/浜野謙太

放射線技師。とにかくモテたい。脳のMRIが得意。

威能圭/丸山智己

AIを得意とする放射線技師。人たらしで彼が目当てで来る患者も多い。

悠木倫/矢野聖人
放射線技師。メカオタク。

辻村駿太郎/鈴木伸之

父が総合病院の院長という整形外科医。杏のことが好き。唯織の恋のライバル。

灰島将人/高嶋政宏

合理主義の新院長。病院経営が第一の冷酷な性格。

鏑木安富/浅野和之

甘春総合病院の副院長。事なかれ主義だったがラジエーションハウスのメンバーに感化され、今では院長にも意見する。

大森渚/和久井映見

甘春総合病院の前院長。唯織とラジエーションハウスのメンバーの良き理解者で、杏の相談相手。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第10話の感想 

doctor

赤ちゃんの病気

赤ちゃんや子供の病気は、本当に心が痛みます。

503号室に入院している池田しずく(伊藤歩)という妊婦のお腹の中の胎児は、心臓だけでなく腸にも病気を持っています。

小さな体でどちらの手術も受ける必要があるようです。



大森先生(和久井映見)は、しずくの赤ちゃんのために、アメリカに留学してまで小児の心臓カテーテル手術を習得しました。

大森先生がそこまでしずくの赤ちゃんにこだわる理由とは一体、何なのでしょうか。

それは、しずく自身が外科手術ではなく、カテーテル手術を望んでいるからです。



甘春総合病院では、小児の心臓カテーテル手術は前例がなく、外科手術しか許可しないと灰島院長(高嶋政宏)は決定してしまいます。

ゆか
ゆか

しずくには、悲しい過去があるようです。どうしても外科手術を受けさせたくない理由が。

しずくは、一人目の赤ちゃんも、今お腹にいる胎児と同じ病気でした。

そして、まだ留学前の大森先生には小児のカテーテル手術をすることが出来なかったのです。

外科手術は成功しましたが、術後の合併症のため、赤ちゃんは亡くなってしまいました。

しずくがカテーテル手術を強く希望する理由はそれでした。

合同カンファレンス

灰島院長は、心臓カテーテル手術にこだわる大森先生を担当から外すことを決定します。

しかし、大森先生はずっとしずくを診て来た医師として、最後までしずくのケアをしたいと言います。

そして、しずくの胎児の手術の合同カンファレンスを開くことに。

ラジエーションハウスのメンバーにも出席してほしいと言います。



しかし、このカンファレンスは灰島院長によって止められてしまいます。

ゆか
ゆか

大森先生は、しずくさんに対して個人的な感情を持っているようですね。生まれてたった二週間で失われた小さな命と両親の悲しみ…。もうこれ以上こんな思いを誰にもさせたくないと。

赤ちゃんの生命力

病院の方針は、経験のない手術には踏み切らず、小児科のベテラン医師による外科手術をすることです。

腸の方の手術は無事終わり、次は心臓。

しずくは、大森先生に「次はカテーテル手術で赤ちゃんを助けてくれると思っていたのに」と言って泣きます。



大森先生、辛いですね。

元院長ではありますが、今は一人の医師としてどうしても院長の方針に逆らうことはできないのです。

あとは、赤ちゃんの生命力にかけるしかない…。

カテーテル手術をさせてください!

しずくの赤ちゃんの容態が急変。

今すぐ心臓の手術をしなければなりませんが、腸の手術をしたばかりなので赤ちゃんの体力が持たない…。

大森先生は、心臓カテーテル手術なら赤ちゃんに最小限の負担で済むので、やらせてほしいと言います。

鏑木副院長は数日前、五十嵐(窪田正孝)に「正しい治療法を選べるのは放射線科医の先生です」と言われていたこともあり、院長の意向を無視して心臓カテーテル手術を行うことを告げます。

甘春総合病院の方針は、とにかく命を救うこと。

院長の意向も同じはずです。



そして、大森先生の素晴らしいカテーテル手術の技術と五十嵐のエコー、鏑木副院長のアドバイスで手術は成功。

すやすや眠る赤ちゃんの顔に、一安心です。



しかし、手術の成功はうれしいしずくですが、5年前に亡くなった子のことを思うとつらいと言って…。

RAINBOW BABY

そこに五十嵐が、あるカードを持ってやって来ます。

アメリカでは早くに亡くなった赤ちゃんのあとに生まれて来た赤ちゃんのことを「RAINBOW BABY」と呼ぶのだと。

カードには虹の絵が描かれています。

それを、赤ちゃんのベッドに貼りませんか?としずくに手渡す五十嵐。

亡くなった赤ちゃんのことを隠す必要はないのです。

その子のことを忘れず、新しく生まれて来た赤ちゃんと未来を見つめていいのです。

郷田一平

ひとりの患者さんが、いろいろな科を探して甘春総合病院の中を行ったり来たり…。

その男性は郷田一平(工藤阿須加)という人で、杏や五十嵐の幼馴染でした。

一平は、二人のことを覚えていて、五十嵐も思い出しますが、杏だけは五十嵐のことを思い出せないようです。

「肉まん」と呼ばれていた五十嵐は、今ではスリムになっているので、イメージがかなり子供の頃とは違っています。

そんな話をしている中、一平が、突然倒れてしまい…。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第10話の感想 最後に

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第10話の感想でした。

RAINBOW BABY、素敵ですね。

私も実は、 RAINBOW BABY です。


ラジエーションハウス、映画化決定だそうですね。

次回は、最終回ですが、まだ楽しみが残るのはうれしいです!




以下の記事で、第9話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

radiation ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第9話 感想 主演・窪田正孝


ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~10話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA