映画「コンフィデンシャル/共助」 感想│歴史上初の南北共助捜査!

こんにちは。

はるき ゆかです。



映画「コンフィデンシャル/共助」の感想です。

ヒョンビンのスマートなアクションシーンが、本当にカッコいい映画です。

韓国側の刑事役カン・ジンテ役のユ・ヘジンさんのコミカルで味のある演技もすごく素敵でした。

ラストシーンは、続編も期待させるものでした。

「コンフィデンシャル/共助」感想 はじめに

あらすじ

北朝鮮の刑事イム・チョルリョンは極秘任務を遂行中、上官チャ・ギソンの裏切りにより仲間と妻を殺されてしまう。ギソン率いる組織は世界を揺るがす機密を盗み、韓国へ逃亡。それを秘密裏に取り返さなくてはならない北朝鮮はチョルリョンをソウルに派遣する。国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は庶民派熱血刑事カン・ジンテを任務にあたらせ、歴史上初の”南北共助捜査”を契約する。しかし、韓国は北朝鮮の真の思惑を探るべく捜査を偽装してジンテにチョルリョンの密着監視を命じていた。かくして出会うはずのなかった刑事コンビはそれぞれの思惑を持ちつつ凶悪な犯罪組織との戦いに身を投じていく_。©2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RRSERVED

[引用元]Amazonプライムビデオ「コンフィデンシャル/共助」あらすじ

【監督】キム・ソンフン

登場人物

イム・チョルリョン/ヒョンビン

カン・ジンテ/ユ・ヘジン

チャ・ギソン/キム・ジュヒョク

パク・ソヨン/チャン・ヨンナム

パク・ミョンホ/イ・ドンフィ

パク・ミニョン/イム・ユナ(少女時代)

ファリョン/シン・ヒョンビン

カン・ヨナ/パク・ミナ

ピョ班長/イ・ヘヨン

上官・ギソンに裏切られて

チョルリョン(ヒョンビン)は、北朝鮮の検閲官です。

北朝鮮には米ドルのニセ札製造工場があるとされています。

そこで銃声がしたことから、チョルリョンは、現場に突入するべく上官のチャ・ギソン(キム・ジュヒョク)に指示を仰ぎますが、なぜか待機を命じられます。

しかし、待機したままただ見ていることができなかったチョルリョンは、部下らと共に突入します。

チャ・ギソンの裏切り

チャ・ギソンは、初めからニセ札づくりの「銅版・明刀銭」を盗むつもりでいたようです。

それをチョルリョンに邪魔され、チョルリョンの部下らと妻を射殺してしまいます…。

最愛の妻を目の前で殺害されたチョルリョン。

ギソンは、チョルリョンも射殺しようとするのですが、ちょうど銃が玉切れで、チョルリョンは射殺を免れました。

復讐心が燃え上がる

チョルリョンの命を奪わなかったことが、後々ギソンの痛恨のミス(いや、良かったんだけどw)となります。

目の前で妻の命を奪われたのですから、チョルリョンの復讐心に火がつくのも当然のことです。

ギソンは部下のチョルリョンたちだけでなく、北朝鮮国家自体を裏切ることになるのです。

ギソンは今までも何度も不正を働いており、妻は連座制で逮捕され収容所で亡くなっています。

自業自得なのですが、ギソンは国家に恨みを持っていました。

そして、どんな精密な機器でも偽造が発覚しない「銅版」を持って、ギソンは中国を経由してソウルに渡ります。

こんなことが他国に知れたら、世界を揺るがす大事件に発展してしまいます。

戦争になるかもしれません。

そして、北朝鮮は「殺人犯の逮捕」とだけ伝えたまま、韓国警察に協力を要請するのです。

韓国の刑事 カン・ジンテ

チョルリョンとバディを組むことになる韓国警察の刑事、カン・ジンテはとても心の温かい人情派刑事です。

停職3か月

ジンテは、やっと逮捕直前まで追いつめた犯人を取り逃がしてしまいます。

それも、娘のヨナからのおねだりの電話に出ている間に、犯人に逃げられてしまうのですw。

韓国警察から犯人から賄賂を取っていたのではないかという疑いもかけられ、停職3か月となってしまいます。

新人刑事の連絡ミスによって起こったことなのですが、ジンテは「新人は最初が肝心だから…」と許してくれます。

良き先輩であり、良き父であるジンテ。

これから巻き込まれる危険な捜査のことも知らずに…。

南北長官級会談

1週間後に行われる南北長官級会談に、北朝鮮から一人の刑事が随行することになっているので、その刑事とバディを組まないかとピョ課長から申し出がありました。

これは共同捜査というより、北朝鮮の刑事の見張り役をしてほしいということでした。

この件が成功すれば、給料も上がり、チームのみんなが階級も上がります。

極秘任務ということもあり、始めは、かなり難色を示していたジンテですが、この仕事を引き受けることにします。

家族や部下の幸せのためには、自分が出世することが一番だとジンテは考えているのです。

チョルリョンが韓国へ飛ぶ

飛行機

韓国へ逃げたチャ・ギソンの部下だったチョルリョンは、当局から二人はグルだったのではないかと疑われてしまいます。

そして、拷問を受けるチョルリョン。

「私を死刑にしてください。私を生かしてくれるならチャ・ギソンを捕まえてきます」というチョルリョンの言葉に、当局は1週間後に行われる南北長官級会談に随行して、ギソンを捕まえてくるように命令します。

この仕事を引き受ける二人の刑事が背負ったものの違い、北朝鮮と韓国であまりの差に心が痛みます。

ジンテとチョルリョン

南北長官級会談の会場のエスカレーターから降りてくるチョルリョンとジンテの出会いのシーン。

軍服からスーツに着替えたチョルリョンが、とにかく、カッコいい!

ジンテも、思わず「チョー カッコイイ」と言ってしまうほどです。

本作はアクションシーンなど手に汗握る映画ではありますが、コメディタッチのシーンもたくさんあります。

その緩急もこの映画の素晴らしいところです。

チョルリョンとジンテがバディを組む

出迎えたジンテは、チョルリョンに歓迎のハグをするふりをして、チョルリョンから銃をかすめ取ります。

南北共助捜査の規則で、捜査中は北朝鮮の刑事の拳銃は、韓国の刑事が管理することになっているのです。

南北共助捜査は、史上初のことで、今回もタイムリミットは3日間です。

お互い明かさない秘密

北朝鮮が逮捕したいのはチャ・ギソンという犯人だと韓国側に伝えられていますが、銅版については話していません。

韓国側からすると、一人の犯人を逮捕する為だけに、南北長官級会談を開くとは思えない。

何か他に目的があるはずだと思っているのです。

そのため、チョルリョンの動きをジンテが逐一報告をあげ、遠ざけることが任務なのです。

信頼関係が築けない二人

チョルリョンは銅版のことを知られてはいけないし、ジンテは殺人犯の逮捕のためだけが目的ではないはずだと思っているので、なかなか信頼関係が築けないようです。

ジンテが世間話をしようとしても、はぐらかすチョルリョン。

ソウルの交通渋滞にしびれを切らしたチョルリョンが、高速道路から下に飛び降りるシーンは、度肝を抜かれました。(このシーン、ぜひ見ていただきたいです!)

ヒョンビンの華麗でスマートな身のこなしが本当に美しいです。

そして、笑顔のないヒョンビンも、すごくカッコいいw

自由すぎるチョルリョン

チョルリョンは、まずチャ・ギソンの連絡係であるパク・ミョンホを見つけ出そうとしています。

そのため、共助捜査といっても、単独行動になりがち。

さらに、チョルリョンはすごい身体能力を持っているので、ジンテはなかなかついていけいないのです。

しかし、科学捜査が主の韓国では、チョルリョンを見つけ出すことはそう難しくはありません。

それにしても、チョルリョン、自由すぎるw

パク・ミョンホの追跡シーン

カッコイイアクションシーンはたくさんあるのですが、パク・ミョンホを追跡するシーンは、超人的です。

私はあまり韓国映画について詳しくないのですが、ヒョンビンはスタントマンを使っていないのでしょうか。

ある程度は、ヒョンビン自身が演じていると思うのですが、本作のアクションはちょっと危険すぎて…。

ご存じの方、いらっしゃったら、ぜひ教えてください。

そして、このときの車での犯人追跡が街中を走り回る派手なものだったため、韓国側の上層部はこれでは極秘捜査にならないとジンテは注意されます。

たしかにここまで自由に動き回っていては、極秘ではないですね…w

DSホールディングスとチャ・ギソン

DSホールディングスという反社会勢力が経営する企業とギソンが取引をするという情報が入って来ました。

ギソンは、DSホールディングスの社長にもかなり尊大な態度で接しています。

あの銅版の威力が、どれだけすごいものか…。

表だけ印刷された米ドル

チョルリョンが追っていたパク・ミョンホは、様々な闇の取引が終わったあと「韓国に残りたい」と言って、ギソンの部下に消されてしまいます。

そうなると、ギソンとのつながりが一切絶たれてしまいます。

ミョンホは、司法解剖に回され、所持品を調べると表だけ印刷された米ドル紙幣を持っていました。

ここから韓国側の警察が、これがギソンを見つけるための大きな理由なのではないかと気づきます。

ギソンとの直接対決

ここでも、すごいカーアクションが観られます。

しかしそれ以上に、「家族愛」が深く描かれていて、チョルリョンの瞳が涙で潤むシーンは心に打たれます。

ギソンとチョルリョンが直接対決する場面で、ジンテがギソンを撃とうとするチョルリョンを止めます。

刑事の仕事はそれではないと言って。

そして、ギソンは橋の上から飛び降り、行方不明になってしまいます。

銅版はチョルリョンが手にして、北朝鮮の上層部に引き渡すことになります。

ギソンは生きてた

海に飛び込んだギソンの生死は不明でしたが、やはり彼は生きていました。

そして、ジンテの妻と娘を人質に取り、銅版を渡せと迫ってくるのです。

ものすごい執念…。

ここからあとは、クライマックスなので、多くは書きません。

ヒョンビンがさらにカッコよくて男前で、ユ・ヘジンさんの味のある演技に泣かされて…。

しかし、最後のギソンの叫びは、北朝鮮の人々の真実の声なのかもしれないな…と思いました。

少女時代のユナちゃんが可愛い!

ジンテの義理の妹・ミニョン役の少女時代のユナちゃんが、とにかく可愛い!

初めてジンテの家に来たチョルリョンに一目ぼれw

「カッコイイー」を連発です。

ミニョンの気持ち、わかります!

ヒョンビンもカッコイイけど、ユナちゃんもあり得ないほど可愛いです。

アクションあり笑いあり涙あり

本作は、アクションシーンが一番の見どころだと思いますが、笑えるシーンもかなり多いです。

私が一番笑ったシーンは、手錠をしたまま車に乗ろうとするシーン。

手錠をした状態で、先にチョルリョンが助手席に座ったので、ジンテが運転席に異動するのに、チョルリョンをまたがなくてはいけない。

しかし、チョルリョンの足が長すぎて、ジンテがなかなか運転席に行けず、キスシーンみたいに二人の顔が近づいてw

このシーン、しばらく笑いが止まりませんでした。

あとは、ジンテのちょっとした愚痴とか、ミニョンのほのかな恋心とか…。

子役のヨナちゃんもすごく可愛くて、演技も上手でした。

韓国の子役は、本当に上手な子ばかりで驚きますね。

あと、蛇足ですが…

毎回、北朝鮮物の韓国映画を観ていて思うのですが、同じ言語のはずなのに、言葉の調子がかなり違う印象。

もちろん、ある程度の誇張はあるのかもしれませんが、韓国の方が表現豊かで北朝鮮の方はいつも怒ってるみたいな感じ…。

本作でもまさにそれをとても強く感じました。

以下に、カーアクションシーンの一部と予告編の動画を載せておきますので、ぜひご覧になってみてください。

最後に

映画「コンフィデンシャル/共助」の感想でした。

何気なく観た韓国映画「ファイ」から、韓国映画沼にハマってしまいました。

しかし、本作もそうですが、韓国映画はよく出来たストーリー展開で、引き込まれる作品が多いですね。

まだ、韓国ドラマはほとんど観たことがないのですが、本作の主演ヒョンビンの「愛の不時着」を観るためにNetflixに入ったので、韓国ドラマ沼にもどっぷりハマりそうな予感。

こうなったら、とことんハマってみます!

また、本作は続編の製作が決定しているようです。

続編は、イ・ソクフン監督がメガホンをとるとのことです。

映画「コンフィデンシャル/共助」を観るならAmazonプライムビデオで!


Prime Video


コンフィデンシャル/共助(字幕版)

映画観るならこちら

残念ながら、現在U-NEXTは「コンフィデンシャル/共助」は現在配信停止のようですが、韓国映画やドラマのラインナップが豊富です。


本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA