映画「望み」 ネタバレなし感想│家族それぞれの「望み」が交錯する

こんにちは。

はるき ゆかです。



今日、堤幸彦監督の「望み」を観に行ってきました。

愛する家族や友人が犯罪の被疑者になったとき、あなたはどう感じますか?

母親、父親、妹、友人…。

映画「望み」感想 はじめに

あらすじ

一級建築士の石川一登とフリー校正者の妻・貴代美は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高一の息子・規士と中三の娘・雅と共に幸せに暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。高校受験を控えた雅は、一流校合格を目指し、毎日塾通いに励んでいた。冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。さらには、もう一人殺されているという噂が広がる。
父、母、妹ーそれぞれの〈望み〉が交錯する。

[引用元]映画「望み」公式サイトあらすじ

【監督】堤幸彦

登場人物

石川一登/堤真一
石川一登設計事務所を経営する一級建築士。規士の父。

石川貴代美/石田ゆり子
フリーの校正者で、一登の妻。

石川規士(ただし)/岡田健史
石川一登と貴代美の長男。

石川雅/清原果那
石川一登と貴代美の長女。規士の妹。

寺沼俊嗣警部補/加藤雅也
石川規士に関する事件の担当刑事。

織田扶美子/市毛良枝
貴代美の実母。

週刊ジャパン記者・内藤重彦/松田翔太
規士の事件を追うジャーナリスト。

高山建設社長・高山毅/竜雷太
一登の会社の仕事を請け負う建設会社社長。

映画「望み」家族それぞれの望み

サッカー

平和に暮らしてきた一家に突然起きた長男・規士の失踪と事件。

愛する息子は、加害者なのか被害者なのか。

父・一登の望み

父親の一登(堤真一)は、自分の息子が殺人犯だとはどうしても思えません。

規士(岡田健史)が隠し持っていたナイフを見ても

「あいつはそんなことが出来るやつじゃない」と、一登は苦悩します。

母・貴代美の望み

母親の貴代美(石田ゆり子)は、とにかく愛する息子の規士に「生きていてほしい」と望んでいます。

たとえ加害者だったとしても

しかし、貴代美は、規士が殺人を犯したとも思えず、為す術もない今の気持ちを母の扶美子にだけ話すのです。

妹・雅の望み

規士の妹の雅は、名門女子校に合格するために毎日塾に通い、必死で勉強しています。

自分のために合格祈願のお守りを買ってきてくれた優しい兄が、殺人犯だとは思いたくありません。

さらに、今まで頑張ってきた自分の努力が水の泡になってしまうので、雅は兄が加害者より被害者であってほしいと父に打ち明けます。

規士の望み

規士は、サッカー部に入っており、日々練習に励んでいました。

必死で取り組むあまり、先輩にも命令口調で接してしまうことがありました。

それを面白くないと思った先輩に、わざと膝に怪我を負わされ、サッカー部を辞めることに。

そして、規士にはある『望み』がありました。

それは、規士が父に言われた何気ないアドバイスから生まれたものです。

私は、このシーンで、涙腺崩壊しました…。

どうしてこんないい子が、こんなことに…と思うと、胸が締め付けられます。

近隣住民の嫌がらせとマスコミ攻勢

少年犯罪に限らず、何か事件が起こるとマスコミが挙って関係者の家に押しかけます。

そして、近隣住民の露骨な嫌がらせ…。

近隣住民の執拗な嫌がらせ

SNSが発達した今、事件の全てが解明されてもいないのに、憶測で噂が独り歩きしてしまいます。

本作「望み」でも、それは公然と行われます。

そして、それを真に受けた「誤った正義」を振りかざす人々が、家の壁にスプレーで落書きをし、生卵をぶつけ…。


良く見る嫌な光景。

これは、自戒を込めて、SNSに振り回されないようにしなければ…と感じました。

マスコミ攻勢

マスコミ関係の方々もそれが仕事で、上からやれと言われているのはわかりますが…。

この悪しき慣習は、どうすれば正されるのでしょうか。

本作「望み」の中でも、石川家に執拗なマスコミ攻勢が…。

息子の行方がわからない上にそれがのしかかります。

近所迷惑にもなり、外出もできず、食事は宅配ピザや冷凍食品で凌がなければなりません。

それも、事件の真実が警察によって解明されていないうちからです。



これは、本当に怖ろしいことだと思いました。

嫌がらせをしている側は、それを正義だと信じているからです。

犯罪者に制裁を加えているつもりで。

映画「望み」で理解したこと

石川家の人々は、愛する息子が被害者なのか加害者なのか、わからないまま時を過ごします。

そして、最後には真実が明かされます。

その真実はとても悲しいことだけれど、家族にとっては時間が平和を取り戻してくれるということです。

現在絶賛上映中なので、ネタバレなしで書いていますが、映画「望み」を観ていただけば、わかっていただけると思います。

正しくあればその人の尊厳は、どんなことがあっても、永遠に失われることはないのです。

映画「望み」感想 最後に

映画「望み」の感想でした。

涙する場面がいくつもあるのですが、人間としての美しさを知ると人は涙を流すものなのだと本作で、改めて感じることができました。

そして、堤真一さんの息子を信じ、思う演技が本当に素晴らしかったです。

ぜひ、ご覧になっていただきたい映画です!

以下に、予告編の動画を共有しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA