ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第3話 ネタバレ感想 主演・戸田恵梨香/永野芽郁|似顔絵捜査官

パトカー

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第3話の感想です。

今回は、川合のある特別な才能が開花します。

気弱で、藤に会うまではあまりやる気のなかった川合ですが、彼女にも「特殊能力」があったのです。

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第3話の感想 はじめに

警察

登場人物

藤聖子/戸田恵梨香
ある問題を起こして刑事課の元エースから、交番勤務になった。勘が鋭く、ときどきブツブツと何か不穏な言葉をつぶやいている。しかし、パワハラ問題を起こしたとされているが、事実は異なり…。

川合麻依/永野芽郁

警察官になってまだ二週間の新米巡査。かなりの天然。安定だけを求めて警察官になったが、あまりの仕事のキツさに後悔している。藤の相方。

伊賀崎秀一/ムロツヨシ

町山交番署長。とにかく仕事で楽をすることがモットー。しかし、いつも藤や川合のことを何気なくフォローをしてくれる。

源誠二/三浦翔平

捜査一係の刑事。山田とバディを組んでいる。藤の警察学校同期。主席の藤とは真逆で成績はビリだった。しかし、地域住民からは慕われ、「取り調べの天才」と呼ばれる。藤とは悪口の応酬になるがいつも藤をフォローしている。

山田武志/山田裕貴

捜査一係の刑事。源とバディを組んでいる。正義感が強く、生真面目。藤と源のいざこざの仲裁に入り、潤滑油的存在。

北条保/平山祐介

捜査一係の係長。一見怖そうに見えるが、部下には優しい部下想いな人。いつも声を荒げているのも、実は部下のため。子だくさん。

牧高美和/西野七瀬

捜査一係、一人の女性刑事。藤の後任。新撰組オタク。運動神経はないが、頭が良いので書類仕事を認められている。

吉野正義/千原せいじ

副署長。機動隊出身で柔道が得意。上の圧力と下からの我儘に耐える中間管理職。

あらすじ

ペアとして息の合ってきた藤(戸田恵梨香)と川合(永野芽郁)。川合は、藤の期待に応えたいと思い始めていた。

そんな中、近所のスーパーで、女が「源刑事(三浦翔平)が来てくれないと万引きする」と言っているという通報が入る。駆けつけた藤と川合にふてぶてしく接する万引き犯の高齢女性・山崎だが、源が到着した途端、態度を急変させて……。川合の知らなかった源の“特殊能力”が明らかに!

翌日。川合は有給をとった藤の留守を守ることに。 “同期との女子会”に行くと話していた藤だが、実は一人、何かの捜査をしている様子で……。

一方、交番での公務に精を出す川合は刑事課から呼び出しを受け、町山警察署へ。源と山田(山田裕貴)から、女子高生が『知らない男にへんなことをされた』と話していると聞く。署内の女性警察官が出払っているため、初めて一人で被害者に聴取することになる川合。被害者の女子高生・彩菜(畑芽育)は、意外にも落ち着いた様子で痴漢被害について質問に答えるが……。

そして、翌出勤日。町山交番に一人の女性・珠代(茅島成美)が駆け込んでくる。珠代は伊賀崎(ムロツヨシ)の顔を見るやいなや、刑事を名乗る不審な人物から電話が来たと話し出す。さらに、彩菜の事件に予期せぬ展開が…。川合の“ある意外な能力”が試される!

[引用元]日本テレビ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」公式サイトSTORY

以下はネタバレあらすじ

源の特殊能力

 源(三浦翔平)には、特殊能力がある。それは、「人たらし」なところを使って、犯人を自白に追い込むのがものすごくうまいのだ。今回は、スーパーで万引きをした中年女性が、「源がきてくれないと万引きする」というちょっと意味の分からないことを言っている。しかし、源は別件で出動中なので、町山交番で対応することになった。
 万引き犯のおばさんは「ブスは帰れ」と川合(永野芽郁)と藤(戸田恵梨香)に悪態をついている。

ゆか
ゆか

源さん、おばさんに気に入られているようです。源さんが来ないと万引き事件は解決しそうにないのですが…。

 そこに、別件を処理し終わった源がやって来た。すると万引きおばさんは目をキラキラさせている。そして、源はそのおばさんの娘と孫を連れて来ていた。おばさんも、孫には弱い。すぐにお店に謝罪をするおばさん。告訴を取り下げてくれるという。こういうところが、源の特殊能力のゆえんだ。

藤は明日非番

 今日も、川合、藤、牧高(西野七瀬)の三人で、川合の部屋で女子会。源の特殊能力について話している。源は取り調べは藤より実力が上だという。
 そして、藤は明日、非番。川合は一人で交番勤務だったが、藤は同期と女子会だと言いながら、一人で何かを調べているようで…。

伊賀崎ハコ長の似顔絵

 川合は伊賀崎(ムロツヨシ)に頼まれ、振り込め詐欺撲滅のチラシを作っていた。チラシには伊賀崎の似顔絵が書かれている。街行く人はそのチラシを見ては、伊賀崎の顔を見て笑う。絵はうまいとは言えないが、そっくりなのだ。

ゆか
ゆか

川合さん、似顔絵を描く才能ありそうですね。伊賀崎ハコ長の顔のレーズンのようなほくろはバッチリ特徴を捉えています。

女子高生が性犯罪に巻き込まれ

 町山署から連絡が来て、川合に召集がかかった。女子高生が性被害にあって被害届を出しに町山署にやって来たのだ。たまたま、町山署の女性警察官が出払っており、女性警察官は川合しかいなかった。源は、ケガをしていないかと事件の概要を聞いてくるようにいう。川合は事情聴取は初めてだった。

 被害者は清水彩菜、17歳。川合は第一声から「何されたの?どんなことされた?」と聞いてしまう。戸惑う、彩菜。彩菜は「胸を触られた」というが、さらに細かく「どっちの胸?服の上から?」と聞くと、彩菜は「それ、言わなくちゃだめですか」とうつむいてしまう。事件の発生場所は駅前ショッピングモールの裏。相手がどんな人だったか覚えているかと聞かれると、彩菜は「なんか、もう大丈夫かも。お姉さんに話したら頭に来てたのが収まっちゃいました」と答えた。

ゆか
ゆか

女子高生にいやらしいことをするなんて、本当に許せない。それに、彩菜ちゃん、本当に怒りが収まったのでしょうか。どんなことをされたのかを話すのがつらかったのかも。

高齢者の振り込め詐欺を食い止める

 町山交番に、一人の高齢女性・木村珠代(茅島成美)が駆け込んで来た。「町山署の山本」という刑事が、電話をして来て珠代の口座が悪用されているので、キャッシュカードと通帳を預かりたいと言ってきたという。町山署に山本という刑事はいない。珠代は、川合が書いたチラシを見て、伊賀崎ハコ長に相談に来たのだ。
 町山署の三人は、珠代の家に向かい、犯人を無事逮捕。それも、「肩固め」で取り押さえたのは川合だった。

痴漢事案の目撃者

 彩菜の痴漢事件の目撃者が現れた。男子高校生・早見(池田優斗)だった。被害者を人形で再現するのだが、犯人役は山田(山田裕貴)が務める。早見は、通りすがりに路地裏でカップルが抱き合っているのを見たという。しかし、あまりにも年齢差があって、男が中年男性だったことから後戻りして声を掛けたという。すると、犯人ににらみつけられ、女子高生は別の方向に逃げて行ったという。
 早見が見たときは、男が女子高生の後ろから口に手を当てて、スカートの上から下腹部に手をおいていたらしい。早見は、顔は話しているうちに少し思い出したという。すぐに似顔絵を作成することに。

 藤は川合に、性犯罪は私たち女性警察官が行うことが多いので、「覚悟」が必要だという。一番に考えなければいけないのは被害者の「気持ち」だ。

山田の言葉

 山田は川合を別室に連れていき、被害者人形の修理を手伝ってもらっていた。そして、山田は川合に言った。

「川合さ、今、もし俺に襲われたとしたら、それをどう証明する?パクられたら、俺は合意があったって言い張るよ。人生かかっているからな。相手に合意があったかどうかで同じ行為でも犯罪かそうじゃないかが変わって来る。川合なら自分が受けた暴行、どうやって証明する?例えば、乱暴されたとき、傷ができたとするだろ。でも、その傷一つとっても女の人によっては全然違ってくる。だから川合自身の経験とか体質とか確認が必要になって来る。犯人の性犯罪の手口を特定するために、警察はどういうふうに乱暴されたか、覚えている限り、詳細に説明を聞かなきゃならない。被害者にとっては言いたくも思い出したくもないことだ。じゃあ、警察官はなぜさらに被害者に辛い思いさけなければならないのか。それは、俺らが聴取した内容が真実なのか裁判で審議に掛けられることになるからだ。実際、彼氏に浮気がバレた女の人が浮気を強姦だと申告した事案もあった。だから、裁判で虚偽の事件ではないと証明するためにも一つ一つ捜査を積み上げていかなきゃならない。隙だらけの捜査じゃ被害者も被疑者の人権も守れない。藤先輩の言ってた覚悟とはそういうことだと思う。俺さ、何度も何度も見て来たよ。あの藤先輩がさ、性犯罪の捜査のたびに苦しんだり悩んだりを繰り返してきたのを。警察の仕事なんて報われないことばっかりだよ。でもこの町で事件があれば、俺たちで何とかするしかねぇだろ。傷ついた被害者も傷つけた犯人もこのまま放っておくなら何のための警察だよ」

[引用元]山田のセリフより

 彩菜は、事件の後部屋に引きこもっている。学校にも行っていない。川合は「なぜ気づいてあげられなかったんだろう」と後悔していた。

ゆか
ゆか

山田刑事、素晴らしいです。性犯罪の捜査の難しさと警察の仕事を、こんなに端的に川合さんに話してあげられるなんて。警察の仕事は報われないことが多いようですが、やはり私たちは感謝しかないです。

川合が痴漢の犯人の似顔絵を

 振り込め詐欺防止のチラシの似顔絵を描いた川合が、痴漢の犯人の似顔絵を描くことになった。うまく描くより特徴をとらえて書くことが大切なのだ。もう一度、目撃者の早見に来てもらった。
 似顔絵捜査のやり方は、人それぞれなのだ。川合のやり方でやってみてと藤に言われた川合は、顔の特徴を食べ物に例えてもらった。そうすると、とてもうまく行った。

 似顔絵が完成したが、実際より目が大きすぎるのではないかと川合は言う。早見は犯人ににらまれたせいで、目を実際以上に大きく感じたのではないかという。藤がボールペンで似顔絵の目を少し隠してみると、そっくりな人間がいることに気づく。現在、執行猶予中の強制わいせつ罪で捕まった・安田大二郎だ。

 川合は似顔絵捜査官の才能があるようだ。

合同特別捜査本部

 安田には、他にも余罪がかなりありそうだった。合同特別捜査本部が設置され、藤と川合はそちらに回されることになった。その「特捜」には強面の刑事たちが集まっていた___。

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第3話の感想 

警察術化訓練での女子たち

警察官は、週に一度、剣道、柔道、逮捕術の訓練を行っています。

藤は、婦警相手のときは手加減をしていると副署長に言われます。

牧高と訓練しているときは、とてもゆっくりと優しいのですが、山田が相手だと容赦なしですw。

山田も思わず「マウンテンメスゴリラ」と叫ぶほどw。

ただ、川合には少しだけ強めに訓練をつけます。

そのくらい、川合は藤の相方として期待されているのかも。



しかし、このシーン、めっちゃ面白いし、可愛かったです。

女子三人とも華奢で可愛いのですが、藤だけは帯の結び方が本格的な感じw。

伊賀崎ハコ長の心の声も爆笑ものでした。

これは、ムロツヨシさんだからこそ面白い。

性犯罪の事情聴取

性犯罪の事情聴取は、本当に難しいだろうなと思います。

被害者も、思い出したくない出来事なのに、詳しく話さなければならないのです。

裁判になったら、弁護士に責め立てられ、そんな思いをするなら泣き寝入りする方がマシだと思う人も多いでしょう。

また、逆に、男性が陥れられることもあります。

山田刑事が言っていたように、女性側が浮気をしたのに、それを隠すために強姦されたと言ったり…。

本当に何が本当なのか、見極めるのはとても難しい。

山田刑事、川合さんを優しく諭していましたが、素晴らしい言葉でしたね。

思わず、引用してしまいましたw。

街をいつも守ってくれる警察官のみなさんには、感謝しかありません。



前クールの「桜の塔」などでは、警察の闇が描かれていましたが、実際の現場の警察官のみなさんは、命を懸けて市民を守ろうとしてくれているのです。

藤の個人的捜査

今回、藤は休みを取って、何かを調べていました。

軽トラックの持ち主を一軒、一軒、しらみつぶしにあたっているようです。

これが、前回、伊賀崎ハコ長の口から出てきた”あの子”の事件なのでしょうか。

藤さんは、どんな事件を背負っているのでしょう。

笑いの中に、どこか張りつめたものも感じさせてくれる本作、やっぱり、おもしろいです!

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第3話の感想 最後に

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第3話の感想でした。

今回は、少しハードな内容でした。

性犯罪と振り込め詐欺。

そして、川合の新たな才能の開花。

次回も楽しみです。


以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」第2話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA