ドラマ「シェフは名探偵」第5話 ネタバレ感想 主演・西島秀俊|2つの家族と金子の悲しみ

ワイン

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「シェフは名探偵」第5話の感想です。

今回は二つの家族の物語と「パ・マル」に戻って来たソムリエの金子さんの物語。

とても心があたたかくなる素敵なターンでした。

ドラマ「シェフは名探偵」第5話の感想 はじめに

ブイヤベース

登場人物

三舟忍/西島秀俊
フレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ。10年以上フランスで修行をしてきた。冷静で優しく穏やかな性格の職人気質の料理人。ミシュランの星や肩書には興味がなく自分の料理で、人を癒したい。記憶力がずば抜けており、客の顔から料理の色や味、些細なことにも気がつく。レストランに訪れる客の悩みを解決していく名探偵。

高築智行/濱田岳

「ビストロ・パ・マル」のギャルソン。店では一番の新入り。しかし、ある才能を持っていて…。

志村洋二/神尾佑

高級ホテルで働いていたが、「ビストロ・パ・マル」開店と同時にスーシェフとして入店。気が短いが涙もろい。

金子ゆき/石井杏奈

ワインが好きで、「ビストロ・パ・マル」のソムリエになった元OL。俳句好き。

小倉大輔/佐藤寛太

「ビストロ・パ・マル」のオーナー。何軒もの飲食店を経営する実業家だが、一見実業家には見えない。

上原美里/橋本マナミ

客として「ビストロ・パ・マル」やって来るが、三舟と親し気な謎の美女。

あらすじ

金子ゆき(石井杏奈)が恋人の転勤を理由に辞めてしまう。三舟忍(西島秀俊)が引き留めなかったことを知った高築智行(濱田岳)は怒りを露わにする。そんな金子を欠いた『パ・マル』に元常連の館野が来店。再婚するという。また2日連続来店した脇田は妻の由美子が家出して落ち込んでいた。新たに家庭を築く者、音信不通の妻に悩む者――三舟は2組の家族に極上の料理で救いの手を差し伸べる。

[引用元]テレビ東京「シェフは名探偵」公式サイトSTORY

金子(石井杏奈)が退職したので、「パ・マル」はランチもディナーなタイムも大忙し。三人で全てを回すのは難しいということになり、オーナーの小倉(佐藤寛太)が手伝いに来ることになった。しかし、やる気が空回りして失敗が多くて、高築(濱田岳)の仕事は増えるばかり…。

ドラマ「シェフは名探偵」第5話の感想 

バンショー

名探偵のシェフのあたたかさ

三舟シェフは、料理人としての腕も素晴らしいですが、人としてもとてもあたたかい人です。

小さな事にはこだわらず、人の意見もむやみに否定しない。

そして、その素晴らしい推理力から、人の心をくみ取るのもとても上手です。

人に本当の意味で優しくできる人って、すごく自分に自信があって心に余裕があるのだと三舟シェフを見ていていつも感じます。

今回の二つの家族、そして金子さんへの心遣い。

素晴らしいと思います。

「パ・マル」が本当に実在するレストランなら、私もきっと常連になりそうですw。

夫婦を長くやっていると

脇田さんご夫妻。

脇田さん自身は、奥様をとても大切に思い、愛しているのはわかりますが、長い間夫婦でいると相手の話をちゃんと聞いているようで聞いていないということが起こってしまうのかもしれませんね。

チーズとジャムを一緒に食べるとすごくおいしかった奥様は、その意外なおいしさを夫にも味あわせてあげたくて、ちゃんとその話もしていたのに、そのジャムを人に上げてしまうなんて…。

それだけではなく、それまでもフォアグラには絶対合わないソースのサラダのお皿にフォアグラを取り分けたり、「これからはフォアグラは自分で取り分けるから」といったことも夫は聞いていなくて、再び同じことを繰り返す。

きっと夫婦として生活していく中でもこんなことが度々あったのでしょう。

奥様の無力感、とても良くわかります。

そんなことが度重なって、妻である自分の存在感を感じられなくなってしまったのです。



たまに脇田さんみたいな男性いますよね。

優しいし、特に嫌なところはないのですが、どことなく無神経な人w。

そこに長い夫婦としての生活のせいで、それをより強くしてしまっているのです。

しかし、三舟シェフの推理のせいで、優しくそれを知ることができた脇田さん。

やっぱり、三舟シェフは素敵です。

金子さんの涙

金子さんは、「パ・マル」を辞めてまで福岡についていった恋人にフラれてしまいます。

それまでも、いろんな場面で悩んでいた大切な恋人。

そんな大切な人にフラれた金子さんが、どれほど悲しい思いをしていたでしょうか。

金子さんは珍しくお店でもミスを多発して、落ち込んでしまいます。



しかし、金子さんには帰る場所がありました。

「パ・マル」の4人は、まるで本当の『家族』のようです。

「辛いときは辛いと言っていいんだ」という三舟シェフの言葉も、心に響きました。

こんな素敵な職場、金子さんは本当に恵まれていますね。

ドラマ「シェフは名探偵」第5話の感想 最後に

ドラマ「シェフは名探偵」第5話の感想でした。

今回は幸せに向かう家族と壊れてしまいそうな家族、そして、金子さんの悲しみと「パ・マル」の人々の優しさについて描かれた、心温まるターンでした。

おいしそうな料理と心温まる物語。

素敵なドラマです!



以下の記事で第4話の感想を書いています。

よろしければ併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「シェフは名探偵」第4話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA