ドラマ「#家族募集します」最終回 ネタバレ感想 主演・重岡大毅|雨上がりの空にかかる虹

ギター

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「#家族募集します」最終回の感想です。

最終回は、シェアハウスの家族たちが別々に暮らすことを決意します。

銀治さんが本当の家族と和解し、また一緒に暮らすことになったからです。

最後までずっと心が温かくなる素敵なドラマでした!

ドラマ「#家族募集します」最終回の感想 はじめに

登場人物

赤城俊平/重岡大毅
絵本の出版社社員。3か月前に妻が亡くなり、一人で息子の陽を育てている。幼馴染の小山内蒼介がSNSに出した「#家族募集します」という募集に巻き込まれ、シェアハウスで暮らすことに。

赤城陽/佐藤遥灯
俊平の一人息子。母が亡くなったことを知らされていなかったが、先日やっと聞かされた。素直で明るいいい子。

桃田礼/木村文乃

小学校教諭。5歳の娘・雫を一人で育てているシングルマザー。親にも周囲にも頼らず、シングルマザーであることを言い訳にせず一人で雫を育てたいと思っている。雫より受け持つクラスの生徒との時間の方が長くなっていることに板挟みになっている。思うことあって、今はシェアハウスの住人になった。

桃田雫/宮崎莉里沙
礼の娘。ママに甘えたいが甘えられない状況を彼女なりに理解している健気な子。

小山内蒼介/仲野太賀

お好み焼き店「にじや」に住み込みで働いている。俊平の幼馴染。人情味あふれる性格だが、ややおせっかい。「にじや」の二階をシェアハウスにしようと「#家族募集します」とSNSに投稿した。元カメラマン。

横瀬めいく/岸井ゆきの

シンガーソングライターのシングルマザー。自由奔放な性格で、マイペース。言いたいことを何でも言ってしまう性格から、礼や蒼介とケンカになることも多いが、真っ直ぐで優しい人。

横瀬大地/三浦綺羅
めいくの息子。ゲームさえあれば、何時間でもママを待ち続けられる。歌がうまいママが自慢。

野田銀治/石橋蓮司

お好み焼き屋「にじや」の店主。面倒見が良く「にじや」の二階をシェアハウスとして提供。俊平たちをあたたかい目で見守る優しい”おじいちゃん”的存在。過去に何か秘密がある。

赤城みどり/山本美月

俊平の亡くなった妻。絵本作家で、一冊目の本を出版した途端、亡くなってしまった。ヨーロッパで次回作の取材中、不慮の事故に遭う。彼女が遺したスケッチとヴォイスレコーダーの声を頼りに、今新たな作品が生まれようとしている。

あらすじ

突然涙をこぼした蒼介(仲野太賀)。蒼介がひとりで何かを抱えていることを察した俊平(重岡大毅)は「今度は自分が話を聞く番だ」と屋上で蒼介に語りかける。すると蒼介は、銀治(石橋蓮司)の見舞いに一緒に来てほしいと言う。2人が病院へ向かうと、そこには銀治の息子の妻・久実子(ヒコロヒー)の姿が。銀治と家族が疎遠になった事情を知り、蒼介がそのために思い悩んでいたことを理解した俊平。銀治の家族の問題を解決したい思いはあれど、それは同時に銀治の家族がにじやに戻ってくることを意味していた。そうなれば、礼(木村文乃)やめいく(岸井ゆきの)、黒崎(橋本じゅん)とのにじやでの暮らしは終わってしまうのだ……

にじやに戻り、“家族”たちに全てを打ち明ける俊平と蒼介。礼とめいくは戸惑いを隠せない。それぞれの思いが交錯する中、ついに銀治の息子の達也(宇野祥平)と久実子がにじやにやって来る。さらに、黒崎の元妻・黛倫子(平原綾香)もいつきを引き取りに現れて…!?

突然の来訪者たちに困惑しながらも、それを機に、それぞれが自分たちの問題と向き合うにじやの“家族”たち。そして彼らは、未来のためにある選択をすることに──
SNSの「#家族募集」から始まった“家族”が、最後に選ぶ答えとは……?

[引用元]TBSテレビ「#家族募集します」公式サイトSTORY

ドラマ「#家族募集します」最終回の感想 

図書館

また家族で暮らしたい

入院している銀治さん(石橋蓮司)のところに、息子の嫁の久実子(ヒコロヒー)がお見舞いに来ました。

夫の達也(宇野祥平)は、大阪の店はやめてしまったけれど、再出発は「にじや」でしたいと思っているようです。

前のように「にじや」で一緒に銀治さんと働きたいのです。

銀治さんは自分が倒れたら、「にじや」は閉めるといつも言っているように、久実子にも告げます。

しかし、銀治さん、どこか本当の家族との生活を望んでいるように見えます。



そうなったら、今のシェアハウスの家族たちはまた離れ離れになってしまうということなのですが…。

ゆか
ゆか

やはり、仕方のないことなのかもしれませんね。心臓発作で倒れてしまった銀治さんも、不安になっていると思いますし、家族が側にいる方が…。だけど…。

「にじや」に息子夫婦が

銀治さんが入院していることを知らない息子の達也は、直接「にじや」を訪ねてきます。

そして、久実子と合流し「にじや」の店内に。

外の看板や店の外観は昔とかなり変わっていますが、店内は何一つ変わっていないと久実子は言います。

突然やって来た息子夫婦に、蒼介(仲野太賀)は慌てます。

さらに、そこにいつきの母の倫子(平原綾香)までやって来て…。

ゆか
ゆか

やはり、いつきちゃん、お父さんにお母さんの帰国が早くなったことを言えずにいたんですね。いつきちゃん、本当にしっかりしてて優しいいい子。

いつきの母が帰って来た

大きなつばの帽子をかぶった美しい女性が大きなスーツケースを持って「にじや」にやって来ました。

いつきの母の倫子です。

いつきのスマホのGPSで場所を知ったようです。

ゆか
ゆか

平原綾香さんの演技、初めて来ましたが黒崎さんとのやり取りとかすごく面白い。そして、アーティストとしてのプライドの高さとかすごく上手に表現されていたなぁと思います。ミュージシャンの方って演技も出来る人多いですよね。

ちょうどそのとき、黒崎さん(橋本じゅん)が「にじや」の厨房に入ってお好み焼きを焼いていました。

倫子にはわけがわかりません。

俊平(重岡大毅)は、とにかくいつきちゃんのいる二階へ倫子を案内することに。



蒼介が息子夫婦の相手をして、俊平が倫子の相手をすることになりました。

二階にはいつものように子供たちがいて、礼(木村文乃)とめいく(岸井ゆきの)もいます。

いつきは、倫子が世界的に有名な歌手だと言って、めいくの歌を聴いてほしいと言い出します。

めいくも歌手だから、倫子にめいくが作った家族の歌を聴いてほしいのです。

めいくのオーディション

まるで、「にじや」の二階は突如としてオーディション会場になりました。

めいくは、心を込めてギターで弾き語りをします。

じっと、めいくの歌を聴く倫子。

めいくの歌は店にも響き渡ります。

この歌は、いつきちゃんと黒崎さんのことでもあり、シェアハウスの家族たちのことでもあり、息子夫婦と銀治さんとのことでもある歌です。

めいくの歌を聴いて、倫子はどんな感想を持ったのでしょうか。

ゆか
ゆか

倫子は、感想をそっとめいくにだけ耳打ちします。めいくの表情からは喜びとも戸惑いともつかない気持ちが溢れていましたが、倫子は「あなたの思いは全部伝わった」と言ったようです。

いつきちゃんは、倫子にめいくの歌を一緒に歌ってほしいと願います。

倫子さん、さすが一度聞いただけで歌を覚えてしまえるようです。

そして、素晴らしい歌声。

歌を聴きながら涙を流す黒崎さんに、私ももらい泣き号泣でした。



その二人の姿を黒崎さんが動画に撮り、いつきちゃんがSNSにアップして…。

ここに連れて来てくれてありがとう

今回、一番泣いたシーンです。

ずっと孤独を感じていたいつきちゃんが、パパと打ち解けて、パパが大好きになっていたんですね。

それも、このシェアハウスの家族たちに会えたから。

いつきちゃんは大粒の涙を流しながら、パパに「ここに連れて来てくれてありがとう」と言います。

二人は抱き合って、これからもいつでも会える、離れていてもシェアハウスの家族はずっとこれからも家族だと言います。

いつきがみんなにプレゼントしたブレスレットを、10人で空に高く掲げて。

ゆか
ゆか

いつきちゃん、この夏休みは最高の夏休みだったね!いつきちゃんのおかげで、黒崎さんの心境もいろんな面で変化したようです。

黒崎さんは、いつも高層ビルや商業施設など大きな仕事を抱えていましたが、これからは住宅部門の仕事をすることにしました。

家族の大切さを知った黒崎さん。

黒崎さんにとっても、この夏は一生忘れられない夏になったのだと思います。

銀治さんと息子夫婦

家族だから余計に、本心を話せないときって誰にでもありますよね。

銀治さんと息子夫婦は、今がそのときのようです。

銀治さんは、達也に「豚玉を焼いて見ろ」と言って厨房に立たせます。

何かを話すより、銀治さんたち親子にはお好み焼きの味で心が伝わるようです。

そして、達也は銀治さんに「腕は落ちてないようだな」と合格点をもらいます。

ゆか
ゆか

達也さんも、お好み焼き屋さんの仕事が大好きなんでしょうね。ちょっと意地を張ってしまいましたが、にじやでまたお好み焼き屋さんを銀治さんと頑張ることが、達也さんの願い。

次のページをめくるとき

銀治さん親子をみて、シェアハウスの家族たちは話し合いをすることになります。

まず、めいくがこの家を出ていくといいました。

初めてプロの人に「思いが届いた」と言われ、歌に自信がついたと言います。

すると、礼が自分はここに来て強くなれた。「離れていても帰るところがあるってわかった」から、私が出ていくと。

最後に俊平が自分の人生を絵本に例えるなら「次のページをめくるときが来たんだ」と言います。

次のページでどんなことが待っているかわからないけど。

めいくは、ここの楽しい生活の思い出だけで5年は楽しくやっていけると言いました。

「私たちは離れていても、ずっと家族」



蒼介は自分の思い付きで始めたことにみんなを巻き込んでしまったと後悔しているようですが、みんなは自分で決めたことだと言ってくれます。

ゆか
ゆか

本当にみんな優しい。普通なら、そんなに突然出て行けって言われても…と言う人が一人くらいいても普通なのに、誰もそんなこと言わない。それほどこの夏、みんな家族になれて幸せだったのですね。

シェアハウスの家族たちは、自分たちの決めたことを銀治さんに話します。

銀治さんも納得してくれたようです。

最後の夜、屋上でまたキャッチボールをする俊平と蒼介。

そして、ありがとうと言い合うみんな。

蒼介がSNSでみんなを集めてくれたこと、みんな本当に心から「ありがとう」と思っているのです。

蒼介は自分を捨てた母にも、今なら、「俺の周りはありがとうで溢れてる」と言えると笑います。

SNSの良いところを視点に

黛倫子が歌っためいくの歌をSNSで上げたら、オリジナルのめいくの曲もSNSでバズり始めます。

そして、レコード会社からメールが来て、めいくはメジャーデビューすることが決まりそうです。

蒼介は、カメラマンの仕事を再スタート。

さらに、俊平が手掛けたみどり(山本美月)の飛び出す絵本も完成。

タイトルは「君の声が聞こえるーみんなのおうちー」。



この本を出演者が少しづつ朗読していくナレーションもとても素敵でした。

SNSの悪い部分を描いたドラマも大切ですが、SNSは悪いことばかりじゃないと本作で改めて感じることが出来ました。

最後まで心が温かくなる素敵なドラマでした!

ドラマ「#家族募集します」最終回の感想 最後に

ドラマ「#家族募集します」最終回の感想でした。

最後まで心が温かくなる素晴らしいドラマでした。

最後は、シェアハウスの家族たちは別々に暮らすことになりましたが、離れていてもずっと家族。

何だか、みんな一人じゃないんだと背中を押してくれたドラマでした。

そして、俳優さんたちの演技も素晴らしかったです!

素敵なドラマを「ありがとう!」


以下の記事で、第8話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ギター ドラマ「#家族募集します」第8話 ネタバレ感想 主演・重岡大毅|銀治の本当の家族

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA