ドラマ「シェフは名探偵」第7話 ネタバレ感想 主演・西島秀俊|ヴィンテージワインとタルタルステーキ

ワイン

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「シェフは名探偵」第7話の感想です。

今回は、ヴィンテージワイン目当てのせこい人たちと嫁姑の二つのエピソード。

人間の暗部を描いた後の心温まる三舟シェフの推理のホッとさせられます。

ドラマ「シェフは名探偵」第7話の感想 はじめに

登場人物

三舟忍/西島秀俊
フレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ。10年以上フランスで修行をしてきた。冷静で優しく穏やかな性格の職人気質の料理人。ミシュランの星や肩書には興味がなく自分の料理で、人を癒したい。記憶力がずば抜けており、客の顔から料理の色や味、些細なことにも気がつく。レストランに訪れる客の悩みを解決していく名探偵。

高築智行/濱田岳

「ビストロ・パ・マル」のギャルソン。店では一番の新入り。しかし、ある才能を持っていて…。

志村洋二/神尾佑

高級ホテルで働いていたが、「ビストロ・パ・マル」開店と同時にスーシェフとして入店。気が短いが涙もろい。

金子ゆき/石井杏奈

ワインが好きで、「ビストロ・パ・マル」のソムリエになった元OL。俳句好き。

小倉大輔/佐藤寛太

「ビストロ・パ・マル」のオーナー。何軒もの飲食店を経営する実業家だが、一見実業家には見えない。

上原美里/橋本マナミ

客として「ビストロ・パ・マル」やって来るが、三舟と親し気な謎の美女。実は探偵。

あらすじ

 三舟シェフの父親の居所が分かった。謎の美女探偵が、「パ・マル」に連れてくることになっている。

ワイン持ち込み可

 とても上品な若い女性・山下嗣麻子が、「パ・マル」にワインの持ち込みをさせてほしいと訪ねてきた。お付きの男性も一緒だ。もちろん、抜栓料(ワインを持ち込む際の手数料)は必要だが、予約時に伝えてもらえれば、「パ・マル」では持ち込みは可能だ。
 ソムリエの金子(石井杏奈)がいうには、かなりの高級ワインの持ち込みだった。

学生の食事会

 山下嗣麻子はまだ大学生だ。今回は、その嗣麻子の友人たちとの食事会のようだ。彼女は裕福な家庭のお嬢様らしく、さらに友人たちはなぜか嗣麻子を嫌っているようだ。彼らは嗣麻子が持ってくるヴィンテージワインが目当てなのだ。食事会の前に、遥香という一人の女性が全員に5000円を渡している。会費を集めるのは珍しくないが、お金を一人が他の人に渡すのは珍しい。
 「パ・マル」は、大学生にとってはかなり高級なお店である。しかし、嗣麻子にとっては、「リーズナブル」なのだ。そんな金銭感覚の違いが、鼻につくようで、遥香は次からは嗣麻子抜きで食事会をしたいという。

ゆか
ゆか

確かに、お嬢様で感覚が合わないと、楽しくない部分は多いと思いますが、これはどうなんでしょうか。お会計のときも、一人11000円でしたが、嗣麻子さん以外は先に5000円を受け取っているので、6000円で済んでいる…。

 お会計は遥香が代表して行った。嗣麻子は「パ・マル」がとても気に入ったようなので、次に来店したときに抜栓料を彼女に教えてほしいと遥香は高築(濱田岳)に言ったのだが、すぐに「やはり教えないでほしい」と言ってきた。これはどういう意味なのだろうか。

嗣麻子が再来店

 嗣麻子と遥香は幼馴染で、嗣麻子はあの食事会のグループには最近誘われて入った。遥香はヴィンテージワインを持ってきたりするのはよくないというが、嗣麻子はみんなの喜ぶ顔が見たいからという。そこで、三船シェフが質問した。「あなたは自分のワインが目当てなだけの友達と付き合っていて楽しいんですか?」と。
 すると、遥香が店にやってきた。三舟シェフが次は二人で来てくださいと言っていたのだ。
 嗣真子は遥香も自分のワインが目当てだったのかとがっかりする。しかし、そうではなかった。遥香が高築に「嗣真子に本当の抜栓料を教えてほしい」と言ったのを、グループの一人の男性が聞いていた。そして、その男性は遥香にスマホで「嗣麻子に抜栓料を教えるな」とメールをしたのだ。
 遥香は昔からよくいじめにあっていた。それを嗣麻子に助けられていた。遥香は今でも仲間はずれにされるのが怖くてその男性の言うことを聞いていた。だから、嗣麻子をこの集まりに来させないために、わざと冷たくしていたのだ。
 そして、三舟シェフ(西島秀俊)は遥香に「このままでは大切な友達をなくしてしまいますよ」と助言した。

ゆか
ゆか

そのあと、二人は遥香さんが持ってきた「友達のために作られた」と言われるワインを二人で楽しみました。雪解けを模した料理とともに。
いい話ですね。遥香さんは、三船シェフがいなかったら、本当の友達をなくしているところでした。

タルタルステーキ

 予約時に、牛肉のタルタルステーキを希望していた福岡というお客様が来店した。女性三人で一人は妊婦。妊婦さんが生肉を食べるとトキソプラズマという病気に感染することがあるので、妊婦の女性だけは違う料理を頼んだ。しかし、初老の女性が妊婦さんに美味しいからちょっと食べてみてと一口食べさせてしまったのだ。福岡という女性は、この二人以外の女性で、タルタルステーキは「パ・マル」のメニューにはないが、「本日のメニュー」として載せてほしいとわざわざリクエストしてきた人だ…。

ゆか
ゆか

これもまた、謎の多いエピソード。でも、三舟シェフはお見通しのようです。

福岡の思い

 後日、福岡と妊婦の女性が二人で「パ・マル」にやってきた。実は、すでに妊婦さんはトキソプラズマに感染しているという。原因はわからない。今は、子供に感染させない治療を受けている。初老の女性と妊婦さんは姑と嫁の関係。姑はとても厳しい人で、どうすれば感染したことがバレたとき、風当たりが強くなく済ませられるか、福岡に相談した。福岡は、姑がすぐに人に自分の食べ物を分け与える癖があるのを利用して、タルタルステーキを注文させ、そのせいで感染したことにしようとしたのだ。そして、姑は嫁に「生肉を食べさせてごめんなさい」と謝ってくれた。
 しかし、実は、姑は事前に「パ・マル」にやって来て、三舟シェフに自分に出すタルタルステーキは生肉を使わないでほしいと頼んでいたのだ。

感染を知っていた

 姑は、嫁がトキソプラズマに感染していることを知っていた。薬を見てしまったのだ。姑は嫁が自分を責めることがわかっていたので、自分がタルタルステーキを食べさせたために感染したと思わせるため、わざと食べさせたのだ。生肉を使っていないタルタルステーキを…。

ゆか
ゆか

厳しいけど、本当の意味で優しいお姑さん。それに、そんないろんなお願いを聞いてくれる「パ・マル」も、すごくいいお店。

三舟と志村の絆

 高築が忘れ物をして店に戻ると、三舟シェフと志村がボランティアでお弁当を作っていた。志村の地元が水害で被害を受けており、少しでもおいしいものを届けようと考え、二人で料理をしていたのだ。
 志村はこうして三舟シェフと夜中に料理をしていると、あることを思い出す。志村がホテルで働いているとき、大企業の貸し切りで、400名以上の料理を任されていた。そして、カクテルジェルサラダを運んでいた志村は、400名分を全てひっくり返してしまったのだ。その日、一緒に飲む約束をしていた三舟は、志村がテンパっているのを知り、駆け付けて最初から一緒に作り直したことがあったのだ。そのとき、志村は心底、この人の下で働きたいと思ったという。


 そして、翌日、探偵に連れられて三舟の父が戻ってきた___。 

ドラマ「シェフは名探偵」第7話の感想 

ブイヤベース

ヴィンテージワイン

今回の二つのエピソードも、謎多きお話でしたが、三舟シェフは全てお見通しなんですね。

そして、どちらのお客様に対しても傷つけないように、うまくお話をされるのも素敵です。

ヴィンテージワインだけが目当ての友達なんて、本当の友達じゃないのでこれからは一緒に食事すること自体を止めるべきです。

それにしても、グループの学生たち、せこい。せこすぎる。

そんな根性で、ヴィンテージワインの味がわかるわけがないと思います。

ただ、値段が高いワインだから飲みたがってるだけなんでしょうね…。

こんなあさましい人間にはなりたくないものです。

タルタルステーキ

妊婦さんが生肉を食べてはいけないというのは、知りませんでした。

妊婦さんの友達と食事するときは気を付けないと…。

それにしても、嫁姑問題って永遠ですね。

今回のエピソードでも、お嫁さんが叱られるのが怖くてお姑さんのせいにしようとしてたなんて…。

それだけ、普段から厳しい人だったのでしょうが、お姑さんが意地悪で厳しくしてたわけじゃなかったのが、幸いです。



それにしても、食べ物や飲み物って、楽しくて幸せなものでもありますが、ちょっと怖い部分もあるんだなぁと感じさせられたターンでした。

志村さんと三舟シェフ

二人は、本当にいいコンビです。

そして、志村さんの三舟シェフへの信頼や惚れこみようが、素晴らしいです。

男が男に惚れるというやつでしょうか。

三舟シェフって、推理力はすごいですが、あまり細かいことにこだわらないタイプ。

ほとんど怒らないし、説教じみたことも言わないし、素敵です。



そんな三舟シェフのお父さんが、やっと見つかりました。

お父さんも、腕のいいシェフだったようですが、なぜ失踪していたのでしょうか。

次回以降、この謎も解き明かされていくことでしょう。

ドラマ「シェフは名探偵」第7話の感想 最後に

ドラマ「シェフは名探偵」第7話の感想でした。

今回は、いつもより少し人間の暗部を見せつけられたターンでした。

そのため、最後の三舟シェフと志村さんの友情物語にホッとさせられました。

次回も楽しみです!




以下の記事で第6話の感想を書いています。

よろしければ併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「シェフは名探偵」第6話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA