ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第5話 感想 主演・清野菜名/坂口健太郎

hand in hand

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第5話の感想です。

美晴が離婚届を置いて、家を出てしまいました。

行くところがない美晴を、柊は自分たちの家に泊まらせようと言い出して…。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第5話の感想 はじめに

bedroom

あらすじ

 美晴(倉科カナ)が離婚届を残していなくなってしまった…。

 身寄りのない美晴の行き先がわからず、同級生たちに連絡をとる百瀬(坂口健太郎)を、明葉(清野菜名)は心配そうに見つめることしかできない。

 美晴の行方が気がかりなまま時間だけが過ぎる中、不動産屋の前に美晴の姿が! 家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案するのだった。

 だが、偽装結婚中の2人には美晴がいることで生活に大きな変化が…。同じベッドで寝ることになり、緊張した時間を過ごす明葉をよそに 、百瀬は美晴への想いをポツリポツリと話し始めるのだった。

 百瀬と一緒にいたいと思うようになった明葉の願いも虚しく、美晴との同居生活で2人の関係にも影が差し始めてしまい…!

[引用元]TBSテレビ「婚姻届に判を捺しただけですが」公式サイトSTORY

登場人物

大加戸明葉/清野菜名
「森田デザイン」のデザイナー。彼氏なしだが、おひとり様最高!のOL。ひょんなことから百瀬の偽装妻になることになって…。

百瀬柊/坂口健太郎

広告代理店「秀伝堂」の社員。変人だが、イケメンで仕事も出来て真面目な性格。ある理由があって“既婚者”肩書が欲しくて明葉に偽装結婚を持ちかける。

森田聡/田辺誠一

「森田デザイン」の社長。明葉の上司で、部下の面倒見がいい素敵な上司。社内で唯一の既婚者で愛妻家だと言われている。

舛田康弘/岡田圭右

柊の上司で、営業部長。関西弁で部下にもすぐにツッコミを入れる。柊と仲良くなりたくて飲みに誘うことが多い。

小杉美雪/中川翔子

明葉の先輩。デザイナー。20代で自由を謳歌しすぎて、30代に入って慌てて婚活を始める。

麻宮祥子/深川麻衣

広告代理店「秀伝堂」の受付嬢。結婚願望はあるが、愛情よりも相手に高いスペックを望む。柊に結婚を申し込まれたことがある。

井上陸/森永悠希
「秀伝堂」若手営業マン。よく気が利くので上司に可愛がられている。休日はいつもYouTubeを観ている。

坂原証/笠原秀幸

明葉の先輩。ベテランデザイナーで実力は社内一。長らく彼女はいないが男としての自分に自信がある。

藤井ひかり/小林涼子

明葉の先輩デザイナー。2.5次元俳優好き。推しのためなら全国どこへでも行く。SNS上での友達が多い。

田村彩乃/長見玲亜

入社一年目の新人デザイナー。友達が多く、トレンドに敏感。お金持ちのお嬢様で、今まで順風満帆な人生を歩んできた。

牧原唯斗/高杉真宙

動物看護士。人懐っこく、天然。何を考えているかわからなそうで、実は洞察力が優れている。

大加戸初恵/木野花

明葉の祖母。小料理屋「はつや」を営んでいる。海外にいる明葉の両親に変わり、明葉を育ててくれた。明葉が柊と結婚することを心から喜んでいる。

百瀬旭/前野朋哉

柊の兄。弟とは真逆の性格。実家のお弁当屋さんを継ぎ、妻の美晴と営んでいる。美晴とはとても仲が良い。

百瀬美晴/倉科カナ

旭の妻。柊の義姉。ナチュラル美人で天然。明るく器用な料理上手。

百瀬透/小倉博久
百瀬の父。

百瀬すみれ/朝加真由美

百瀬の母。

おもち
百瀬の飼い猫。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第5話の感想 

明葉(清野菜名)は、柊(坂口健太郎)に恋をし始めているので、柊の想い人である美晴を家に泊めることになり、気もそぞろになってしまいます。

さらに、美晴に変に思われないように二人で一緒に寝ることになった明葉と柊。

柊は、ベッドの中で美晴への気持ちとどれだけ心配しているかを話しだし…。



美晴は、妊活で夫の旭が自分を気遣ってくれる気持ちはわかっていますが、何でも旭は美晴の気持ちばかり優先して自分のことは後回し。

旭は美晴に嫌われたくないのです。

そして、心から美晴を愛しています。

しかし、美晴は自分が旭のことを本当に愛しているのかどうかわからなくなり、家を出たのです。



そういうものなのでしょうか。

夫が妻に対してとても優しくて気持ちを優先してくれるのはとても幸せなはず。

おそらく、美晴は完璧な家族を作るために旭と結婚したので、「愛している」という感情は旭に抱いていないのかもしれません。



美晴の両親は不仲で、美晴が中学2年生の時離婚したようです。

そして、美晴は自分の父親とは似ても似つかいない旭を選んだというのです。

ゆか
ゆか

美晴は、やっぱり旭を愛してはいないようですね。旭さん、ちょっとかわいそう。

明葉が、美晴に「お父さんってどんな人なんですか?」と聞いたら、性格や考え方が柊とぴったり。

美晴は本当は柊が好きだったけど、父親に似ている柊をわざと選ばなかったということ?

でも、心は柊にあるように見えますが…。



そういう気持ちって相手に伝わりやすいものです。

旭は美晴と自分が関係を修復するのはもう無理だと諦めています。

すると、柊は「美晴が別の人の横で笑っているのを見て辛くないの?」とまるで今まで自分が苦しんで来たことをそのまま兄にぶつけます。

旭は、仕事でもミスが目立ってきて、もう美晴のことを諦めるしかないのだと決めたようです。

柊にとっては、自分が愛する美晴という女性を伴侶として迎えることが出来た旭にもっと頑張ってほしいのだと思いますが…。



実家から戻った柊は、高熱を出していました。

柊は、美晴と兄の結婚式の前日にも同じように熱を出していたのです。

おそらく、ストレスで柊は熱を出したようです。

柊は、美晴は旭と結婚してずっと幸せだったのだと思っていました。

しかし、そうではなかった…。

そして柊は、美晴と兄が離婚してほしくないという気持ちと同時に、その逆を望んでいる自分もいて。

ゆか
ゆか

美晴は、本当に旭への愛情がわからなくなっているのでしょうか。自分が愛され過ぎてその立場に旭に対して申し訳ない気持ちになっているだけでは?妊活というデリケートな問題にも旭は何よりも美晴のことを第一に考えてくれているのですが…。

正直、美晴は贅沢過ぎる気がします。

柊のことが好きな明葉にとっては、兄夫婦が仲良くしてくれていた方がいいはずです。

そうすれば、柊が美晴に方に行ってしまうことはないからです。

ずっと側にいられる。



何だか切ないですね、明葉。

明葉は柊に「二人が離婚してそれで幸せならそれはそれでいいんじゃないでしょうか」と自分の気持ちを押し殺して柊に話します。

柊は、離婚した兄の元妻である美晴と結婚することなど出来るのでしょうか。

何だか、兄から奥さんを略奪したように世間的には見られてしまいそう。

それも、また世間的には明葉という妻がいながら。

おそらく、柊は世間体なんて関係ないほど美晴のことが好きなのでしょう。

しかし、それなら明葉の気持ちは?

柊は、明葉が自分のことを好きだとは知らないから仕方がないのかもしれませんが…。

ゆか
ゆか

柊のサイン済みの離婚届を明葉は持っています。そして、その離婚届を見ながら明葉は涙をこぼします。何だか明葉の気持ちは柊にとって二の次三の次なのでしょうか。

美晴は、柊に旭がプロポーズしてくれた日の話をします。

旭は、結果、幸せならどっちでもいいと思うタイプの人のようです。

豪華なレストランを予約してプロポーズしても、公園で自分が作ったお弁当を食べながらプロポーズしても。



そんなとき、旭が火事で病院に運ばれたと連絡が入ります。

それも隣の家が火事になって、その家の猫を助けようとして割れた窓ガラスで腕をざっくり切ってしまったようです。

旭さん、いい人過ぎるんじゃないでしょうか。

美晴さんより、もっと素朴なタイプの人と結婚していたら、もっと幸せだったかも。

でも、恋というのはそううまくはいかないのですね。



美晴は、泣きながら旭の頬を叩きます。

「どうしてそんなにお人好しなの?もっと自分のこと優先してよ」と言って。

泣き出した美晴を旭は抱きしめ、「俺の隣でずっと笑っている美晴を見て言いたいんだ」と言います。

どこまで、いい人なんだ、旭さん。

そして、美晴と旭は元の鞘に収まることになりました。



人騒がせだなw。

最後にグレーゾーンな言葉を残して去っていく美晴。

ある意味、これだけ自分の気持ちに素直に生きられる美晴は、最強なのかも。

明葉は、そのグレーゾーンな言葉に、また悩まされるのです。

白黒つけちゃダメ…。

う~~~~ん。

柊は柊で、「遠くからこれからも美晴の笑顔を見れたらそれで幸せ」とか言ってるし。

明葉ちゃん、不毛な恋過ぎて…。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第5話の感想 最後に

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第5話の感想でした。

今回は、結局周囲を振る舞わして美晴は旭の元へ帰っていきます。

何だか思わせぶりなグレーゾーンな言葉を残して…。

一応、柊の「スイッチ」は消えましたが、また明葉は不毛な恋へ逆戻りしただけでした。




以下の記事で、第4話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

hand in hand ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第4話 感想 主演・清野菜名/坂口健太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA