ドラマ「正義の天秤」第4話 ネタバレ感想 主演・亀梨和也|娘の名誉を守るため

seigi

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「正義の天秤」第4話の感想です。

今回も、法廷では驚きの大どんでん返しがあります。

残念ながら、それは検察側のエース・一ノ瀬の手柄になる大どんでん返しでしたが…。

そして、安倍川事件についても大きく進展します。

手に汗握る展開に、思わず声がもれました。

ドラマ「正義の天秤」第4話の感想 はじめに

ball

あらすじ

4年前に娘の宮地灯里を殺された父・幹雄(吹越満)が、犯人の松田晴登を殺害した復讐殺人の公判が迫っている。担当検事が検察のエース・一ノ瀬(萩原聖人)に急きょ代わったことを不審に思う中、芽依(奈緒)と桐生(大政絢)は、同僚の渋川孔太が本当の殺害犯ではないかと再調査を進める。一方、鷹野(亀梨和也)は、長谷川検事(高橋克実)から告げられた、安倍川事件に関わる「キムラヒデユキ」なる人物を探して、静岡を訪れる

[引用元]NHK「正義の天秤」公式サイトエピソード

登場人物

鷹野和也/亀梨和也
元外科医の敏腕弁護士。口癖は「弁護は治療だ」「ワクワクしてきた」。

佐伯芽依/奈緒

新米弁護士で、師団坂法律事務所創始者の娘。

杉村徹平/北山宏光

元ニートのオタクの弁護士。コンプレックスの塊だが、自分の経験から人の心を読むのが得意。

梅津清十郎/佐戸井けん太

元刑事の弁護士。刑事事件を得意としている。

桐生実雪/大政絢

元裁判官のエリート弁護士。聡明で容姿端麗。優秀だが融通が利かない部分もある。

佐伯真樹夫/中村雅俊
師団坂法律事務所の創始者のカリスマ弁護士。鷹野を召喚した人物。病により急逝する。

雨宮久美子/大島優子

鷹野の恋人。暴漢に襲われ心身症に陥り、入院中。

西園寺清隆/竹中直人
師団坂弁護士事務所の弁護士。圧力をかけたり、裏取引をしたりする曲者。

冨野静子/山口智子
師団坂協会の女性牧師。芽依に慕われており、鷹野とも懇意にしている。

ドラマ「正義の天秤」第4話の感想 

courtroom

キムラヒデユキを追いかけて

鷹野(亀梨和也)は、「キムラヒデユキ」が静岡の拘置所にいるという情報を得て静岡へ向かいます。



木村秀幸(火野正平)が殺人を繰り返す理由は「損得勘定」。

自分が得するならやる。損するならやらない。それだけだと言います。



木村は安倍川事件の犯人は自分だと鷹野に言いますが、鷹野の策略に乗せられ、それも嘘だとわかります。

こういうつかみどころのない犯罪者って多いんだろうな…。

人を殺めることなど何とも思っていない人間。

火野正平さん、この正体不明の『木村秀幸』をさすがの貫禄で演じられていました。

復讐殺人

現在、ルーム1が抱えている事件は「復讐殺人」。

被告人・宮地幹雄(吹越満)は、罪を全面的に認めています。

ネットも、宮地に同情的な意見が多い。



宮地幹雄は、松田晴登の勤め先である鉄工所を訪ね、松田を殺害したのです。

松田は、4年前に宮地の愛娘・灯里を襲って殺害。

しかし、当時15歳だった松田は少年法に守られていました。

宮地は、松田が少年院から出所して間もなく殺害したのです。

ゆか
ゆか

ドラマの中でも、灯里ちゃんの可愛らしい姿が出来てきますが、宮地さんの復讐心もわからなくはないなぁ。

宮地に面会に行ったのは、佐伯芽依弁護士(奈緒)と桐生弁護士(大政絢)。

宮地は、情状酌量の余地があるという二人の弁護士に、「さっさと死刑にして下さい」と繰り返すばかり。

娘の復讐を遂げた宮地は、もう思い残すことはないのかもしれません。



少年法に不満を持つ人々は、常にその罰の軽さに疑問を持っています。

そのため、今回の復讐殺人は宮地氏に同情的なのです。

そして、この事件の担当検事が変わると連絡が入ります。

検察側のエース・一ノ瀬弁護士(萩原聖人)が担当することに。

なぜ、一ノ瀬が担当することになったのでしょうか。

検察側のエースの登場。

何か、この事件には何か理由がありそうです。

第一発見者の渋川

復讐殺人の第一発見者は、この工場に勤める渋川という男性です。

その渋川氏の証言が、とても曖昧でどこか怪しい。

渋川は被害者の松田の中学の先輩で、松田とは仲が良かったようです。

ヘビメタバンドのリストバンドをお揃いでしていたほど。



ただ、この事件の調書は、宮地の証言と大きく異なる点があります。

宮地は数回殴ったというのですが、殴打痕は16か所。

これは、宮地さんが本当の殺人犯ではない可能性があります。

それに気づいたのは桐生弁護士。



やはり、この事件、何か他に真実が隠れていそうです。

桐生とキャッチボール

今回の鷹野のキャッチボール相手は、女性弁護士の桐生さんです。

これが、鷹野弁護士のコミュニケーションの取り方。



宮地さんの事件について聞いているのですが、ふいに西園寺弁護士との関係について鷹野に聞かれた桐生は、ボールを失投してしまいます。

キャッチボールで相手の気持ちの機微を見つけ出す鷹野弁護士。

「ちゃんとトップを作れていないから変なところに投げてしまうんだ」と。

ゆか
ゆか

確かに、所属はルーム1で上司は鷹野弁護士ですが、裏で西園寺弁護士と繋がっている桐生弁護士。心がふらつくのは当然です。

結局、桐生弁護士は西園寺弁護士との裏取引(鷹野を追い出せばルーム1のトップにする)を蹴り、鷹野弁護士につくと言います。

やはり、桐生弁護士は正義感の強い弁護士なのです。



何か、ちょっと安心しましたね。

雨宮久美子を狙う者

入院中の久美子(大島優子)の部屋に不審者が入って来ました。

防犯カメラに写っている人物は、黒づくめで仮面を被っているので男女の区別も出来ませんが、どこか体つきからして、華奢なタイプの男性か、女性のように見えます。

鷹野はすぐに久美子の元へ向かいますが、木村秀幸は今、静岡拘置所にいるので、ここに来たのは木村ではありません。

久美子を襲った人間は他にいるということです。



一体、誰が?

そして、久美子は一ノ瀬検事とも接触していたようです。

一ノ瀬検事の差し金と考えることも出来ます。



久美子は、一番安心できる師団坂教会で預かってもらうことになります。

人の出入りが多く、久美子自身が司法試験の勉強を師団坂教会でしており、とても落ち着くと言っていました。

ゆか
ゆか

鷹野さんに師団坂教会に連れてこられた久美子。このときの二人のシーがとても美して、感動しました。正義のために戦う愛し合う者たちの神々しいまでの姿。

公判当日

佐伯芽依弁護士(奈緒)は、指紋のことで何か頭にひらめいたようです。

公判には、渋川が呼ばれています。



佐伯芽依弁護士から渋川は「松田さんの衣服にあなたの指紋が残っていた」と告げられます。

渋川は何かと言い訳をしますが、指紋が残っていたのは松田さんのポケットの中だったのです。

以前、芽依弁護士が一人で渋川を鉄工所に訪ねたとき、「俺を疑っているのか」と怒った渋川は芽依のバッグを手で掴んで放り投げたのです。

そのときについた指紋と松田の内ポケットについていた指紋が一致しました。

ゆか
ゆか

芽依弁護士、お手柄ですね!渋川がこの事件に関係していることをしっかりと証明出来ました。しかし、真実は別にあったのです…。

一ノ瀬検事は、ある真実を話し始めます。

本作を未見の方は、ぜひドラマを観て真実を知っていただきたいです。

NHKプラスなら見逃し配信が観られます。

宮地は、灯里さんのことで話があると渋川に呼び出されます。

宮地は渋川に強請られていたのです。

何枚もの灯里のわいせつな写真が渋川から送られてきました。

松田と渋川、宮地の娘・灯里は、もともと知り合いだったようです。

そして、渋川と灯里は、つきあっていました。

二人でベッドにいる写真も残されています。

相手の男の顔は写っていませんが、手首にヘビメタバンドのリストバンドが…。

宮地は、渋川に金を支払わなければこの写真をネットでばらまくと脅されていたのです。

渋川は、宮地に襲われるかもしれないと思い、金の受け渡しを松田に代わってもらっていました。

そして、松田の腕にもあのリストバンドがつけられており、松田と渋川を勘違いした宮地はそばにあった鉄の棒で殴ったのです。

宮地は、娘の名誉を守りたかった…。

あとで自分が殺害したのが松田だったと知りましたが、事実を話せず全面自供したのです。

次回は全ての謎が明らかに

公判が終わって、一ノ瀬検事と対峙する鷹野弁護士。

一ノ瀬検事は、鷹野弁護士に取引を持ち掛けます。

自分に協力してくれたら、安倍川事件の全てを教えるというのです。

この15年間にあった全てを。

ドラマ「正義の天秤」第4話の感想 最後に

ドラマ「正義の天秤」第4話の感想でした。

毎回最後に訪れる大どんでん返し。

本当におもしろいドラマです。

次回は最終回。

安倍川事件の全てが明らかになるようです。

最終回も、全力で楽しみたいと思います!

以下の記事で、第3話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

seigi ドラマ「正義の天秤」第3話 ネタバレ感想 主演・亀梨和也|正義を貫いてほしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA