ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第7話の感想 主演・大原櫻子/櫻井海音

bouquet

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第7話の感想です。

今回は、千歳と瀬那が心を通わせるシーンがたくさん出て来て、きゅんとします。

しかし、ラストシーンでは千歳と瀬那が一緒に住んでいることを週刊誌にすっぱ抜かれて、大変なことに!

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第7話の感想 はじめに

チョコレート

あらすじ

千歳は瀬那の好きな人が、あゆみではなく自分だった?突然、キスをされて戸惑う千歳だったが、また瀬那の担当マネージャーとなる。映画の初主演に抜擢された瀬那の相手役はヒロイン役の白川雪乃。そして、白川雪乃のマネージャーとして現れたのが、原マネージャーだった!

登場人物

冴島千歳/大原櫻子
小学校の非常勤講師をクビなり、ひょんなことから東山の芸能事務所で働くことになる。子供の頃のある経験から嘘が大嫌い。そんな千歳が担当になったのは若手俳優の藤代瀬那だった。

藤代瀬那/櫻井海音

イケメンでブレイク目前と言われている若手俳優。しかし、実は女癖が悪くいつスキャンダルを起こすかわからない問題児。

東山一樹/西村まさ彦

千歳が働くことになった芸能事務所の敏腕社長。

原真知子/佐藤江梨子

人情派のベテランマネージャー。千歳にマネージャーのいろはを教えてくれる。

朝比奈玲司/宮尾俊太郎

かつての国民的スター。スキャンダルで落ち目になり、今は事務所の雑用係。

加賀見修/東啓介

イケメンの敏腕マネージャー。

森田実久/石川瑠華

千歳の元同僚。千歳はマネージャーに向いていると背中を押す。

栗尾あゆみ/松井愛莉

千歳が働くことになった事務所の看板女優。

白川雪乃/森田望智

芸能界のトップ女優。美貌と演技力を兼ね備えたスター。

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第7話の感想 

roses

瀬那(櫻井海音)が好きなのは、本当に千歳(大原櫻子)でした。

しかし、千歳は再び瀬那の担当マネージャーになったことから、「それは嘘だったことにして下さい」と言ってしまいます。

確かに、マネージャーと俳優が恋愛関係になるというのは、仕事上支障が出てしまいますよね。

しかし、瀬那はまた千歳にキスをして、千歳はドギマギ…。



一方、瀬那が主演する今回の映画は、監督も今、注目の人物で、映画が成功すれば瀬那の代表作になる可能性大です。

相手役の白川雪乃(森田望智)は、美貌と実力を兼ね備えた日本のトップ女優です。

そこにマネージャーとして現れたのは、ナント、あゆみの引退と共に辞めていった原マネージャー(佐藤江梨子)でした。

何となく、微妙な雰囲気になる現場。

瀬那も小さく「うそだろ…」とつぶやいています。

原マネージャーは、千歳にタレントに寄り添い過ぎるやり方は私は認めないと千歳に言って辞めていった人です。

特に千歳は、気まずい雰囲気で…。



原マネージャー、びっくりですね。

瀬那の事務所にいたときとは見た目も雰囲気もがらりとかわった原マネージャー。

大女優についている大物マネージャー然としています…。

これから、原マネージャーは、どんな風に瀬那に関わって来るのでしょうか。

ゆか
ゆか

原マネージャー、どちらかというと地味な感じでしたが、本来の佐藤江梨子さんの容姿を十分に生かされた外見になっていますね。ちょっと怖いですが、敏腕そう。

瀬那は、今回初めての「座長」となります。

映画の主演なので、自分のことだけではなく周囲のスタッフにまで気を遣わなければなりません。

かなりのプレッシャー。



瀬那は現場では、千歳に対して少しよそよそしい感じ。

そして、加賀見マネージャー(東啓介)は、何かに気づいたようです。

敏腕マネージャーにかかったら、瀬那と千歳の本当の関係などあっという間に知られてしまいそうですね。



それに、加賀見マネージャーは少し千歳に興味があるようです。

帰りの車で、千歳の運転で加賀見マネージャーを先に下ろすつもりが、加賀見マネージャーは先に瀬那を送っていってほしいといいます。

そして、そのあと千歳を食事に誘う加賀見マネージャー。

しかし、これは千歳に気があるというより、瀬那との関係について聞かれるためだったのではという気もしますが。

加賀見マネージャー、敏腕ですから。



瀬那は、ある映画のワンシーンに苦戦していました。

監督から何度もカットがかかり、ワンカットに1時間以上かかってしまいました。

監督は頭で演技をするのではなく、今までの経験からにじみ出るものがほしいと言うのですが…。

白川雪乃は、瀬那を気遣ってこの監督は、役者に考えさせるタイプの監督だから心配しないでと優しくアドバイスをしてくれるのです。

ゆか
ゆか

名実ともに大女優の白川雪乃さん。若い主演俳優のフォローも完璧です。

瀬那は、家に帰ってから千歳を相手に、NG連発シーンを読み合わせしています。

瀬那の感情が高ぶり、子供の頃から実はずっと好きだった千歳に想いを告げる瀬那。

しかし、千歳は「今のシーン、すごく気持ちがこもっていてよかったです」とマネージャーとしての対応をしてしまいます。

ただ、監督が言う実体験からくる地に足の着いた演技とはこのことなのでは?



ところが…。

心を通い合わせた二人でしたが、週刊誌に二人が一緒に住んでいることをすっぱ抜かれてしまいます。

ネットニュースになってしまい、慌てる二人ですが…。

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第7話の感想 最後に

ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第7話の感想でした。

よく実際にも、マネージャーとタレントが結婚したりすることはよく聞く話です。

しかし、今の瀬那は大事な時期。

千歳と瀬那が一緒に住んでいることがバレてしまったら、主演映画にも影響が?




以下の記事で、第6話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

bouquet ドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」第6話の感想 主演・大原櫻子/櫻井海音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA