ドラマ「スナックキズツキ」第3話の感想 主演・原田知世|サトちゃん

magcup

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「スナックキズツキ」第3話の感想です。

今回は、サラリーマンの佐藤さん。

お酒が飲めなくて、同僚との飲み会にも誘われず、お祝いは出ていくばかりでもらうようなお祝い事が自分にはない。

そんな佐藤さんがトウコから受けたおもてなしは…。

ドラマ「スナックキズツキ」第3話の感想 はじめに

kanpai

あらすじ

会社員の佐藤さん(塚地武雅)。会社では後輩(小関裕太)の態度が気に入らないが文句も言えず、家では母との地味な二人暮らし。そして、佐藤さんはお酒が飲めない。そのため同僚との飲み会にも誘われない。お祝い事も自分にはないので、お金が出ていくばかり。そんな佐藤さんも「スナックキズツキ」に辿り着き…。

登場人物

トウコ/原田知世
日々の生活の中で、傷ついた人が訪れるスナック「キズツキ」のママ。

こぐま屋/浜野謙太

スナック「キズツキ」に飲み物を届ける酒屋さん。何やら叶えたい夢があるようで…。

中田優美/成海璃子

仕事はコールセンターのオペレーター。仕事のクレーム対応に疲れ、彼氏の純とは倦怠期。落ち込んでいるときにスナック「キズツキ」に辿り着いた。

安達よしみ/平岩紙

総菜屋で働いている。自分だけが損をしているといつも思っている。そんなストレスをコールセンターの問い合わせで解消してしまうことも。

佐藤悟志/塚地武雅

独身で母と二人暮らしの広告代理店「大雄企画」の営業。潤の上司。周りと自分を比べて落ち込む。

瀧井潤/小関裕太

広告代理店「大雄企画」の社員。企画部に所属。つきあって2年になる中田優美の恋人。イケメンで苦労人。だし巻き卵ともろきゅうが大好物。

ドラマ「スナックキズツキ」第3話の感想 

coffee cup

母との二人暮らし

佐藤さん(塚地武雅)は、広告代理店「大雄企画」で働くサラリーマン。

母(丘みつ子)と二人暮らしで、特に不自由のない暮らしをしています。

母と二人の食事を終えた頃、甥っ子が京都大学に合格したという知らせが入ります。

お祝いをしなければ…。



自分の家系に京大生が誕生するのは喜ばしいことで、佐藤さんもお祝いする気持ちにはなっているのですが…

自分自身にはお祝い事が何もないので、お金が出ていくばかり。

ゆか
ゆか

身内のお祝いは自分自身もうれしいものですが、やはり自分にお祝い事がないと出ていくばかりで、ちょっとモヤモヤする気持ち、わからなくもないです…。

佐藤さんは、ご祝儀袋を買いにコンビニへ。

自分がお祝いをしてもらったのはいつのことだろう。

ふと、考えてみると就職祝いから何もお祝い事がない自分に気づきます。

会社で働き始めて28年。

その間、一度も誰からもお祝いをされていないのです。

何だかどんよりとした気持ちで歩いていると…。

スナックキズツキを見つけた

佐藤さんは、ブラブラ考え事をしながら歩いていると、「スナックキズツキ」の前に辿り着いていました。

『お酒置いてないスナック』と張り紙がしてある。

元々お酒が飲めない佐藤さんは、お酒を置いていないスナックなら入ってみようと思ったようです。

ゆか
ゆか

私もお酒が飲めないので、そんなスナックあったら絶対行く!最近の若い子はあまり飲み会が好きではないようですが、お酒の席で上司と話すのはサラリーマンにとってとても良いコミュニケーションの場であることも確かです。

会社でも、お酒の好きな同僚が多くお互い気を遣ってしまうので、佐藤さんは飲み会に呼ばれない。

それも、何だかとても寂しい。



コーヒーを注文した佐藤さんに、トウコ(原田知世)はフィンランドで飲んだコーヒーがおいしかった話をしてくれます。

佐藤さんは、一度も海外旅行にいったことがありません。

大学生のときは「鉄道研究会」に所属していて、国内はいろんなところに鉄道で行っていたようです。

佐藤さんはいわゆる『乗り鉄』。

電車に乗るのが好きなのです。

ストリートビューでフィンランドへ

佐藤さんは、出世も後輩に追い越され、ずっと年下の社員には面倒そうな受け答えをされ、こんな生活がこれからまだまだ続くのだとため息をつきます。

トウコはそんな佐藤さんを見て、「いっしょにフィンランドへ行こう」と誘います。

ストリートビューでヘルシンキへ。

ゆか
ゆか

ストリートビューの楽しい使い方!一度、やってみよう。

トウコはフィンランドに行ったことがあるようです。

トウコさんとフィンランド、とっても似合いますね。



そして、フィンランドはエアギターが有名なのだとトウコが言い出し…。

言いたいことがある!

トウコは、カセットデッキで音楽を流し、突然、エアギターを始めます。

「言いたいことがあるー!」とシャウトするトウコ。

戸惑う佐藤さん。

しかし、トウコは有無を言わせず、佐藤さんにもギターを渡します。

もちろん、エアーのギターですが。



佐藤さんが初めに歌い出したのは…

クリエイティブで会社にカーディガンで来るお前!

お前は俺が仕事できないと思っているのがじわじわ伝わって来るの何なんだ?

お酒も飲めない体質で、俺の人生これでいいんだと自分で自分に言い聞かせて。

俺は誰に見張られてるんだろう?!

人生の成功ってなんだ?!

なんだ、そのキーワード!



佐藤さんは、同僚たちの前でシャウトし続けます。

もちろん、想像上のことですが。



佐藤さんは「人生の成功」ってなんだろうといつも考えているんですね。



佐藤さんが出世できないのは、お酒が飲めないことも理由の一つかも。

飲みに行こうと誘って、喜んでついてくる部下の方がずっと可愛いはずです。

どうしようもないことなのに、いつも自分は「人生の成功」から遠ざけられていると考えているのです。

ゆか
ゆか

真面目でいい人そうな佐藤さん。会社では、本当に仕事の能力が高い人か、要領のいい人が出世するものなのです。平気で嘘つける人とかね…。

しかし、佐藤さん、今朝は少し元気が出たみたいです。

たまに、「スナックキズツキ」でエアギターでシャウトしちゃいましょう!

佐藤さんの部下で中田さんの彼氏

佐藤さんの部下で、クリエイティブな仕事をしていて、イケメンで可愛い彼女の中田さん(成海璃子)もいる瀧井くん(小関裕太)。

周囲からは、どう見ても幸せそうに感じる人ですが、彼も実は傷ついていたのです。

ドラマ「スナックキズツキ」第3話の感想 最後に

ドラマ「スナック キズツキ」第3話の感想でした。

今回のターンは、私自身が「わかりみが深すぎた」ターンでした。

お祝い事のことや、偉そうな後輩に文句が言えないこととか…すごくわかる。

私自身も、お祝いは本当にお祝いしてるからいいんだけど、考えたら自分はお祝い事からは縁遠いことや、後輩に限らず偉そうな人にはそのときは何も言えず、あとから腹が立ってくるタイプなので…。

そして、次回は瀧井くん。

どんなことで、彼は傷ついているのでしょうか。


以下の記事で、第2話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

magcup ドラマ「スナックキズツキ」第2話の感想 主演・原田知世|安達さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA