ドラマ「和田家の男たち」第1話 感想 主演・相葉雅紀|三世代報道記者

news

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「和田家の男たち」第1話の感想です。

新聞記者の祖父、報道畑のテレビマンの父、ネットニュース記者の息子。

三世代が同居し、それぞれの「報道」が描かれています。

相葉くんにぴったりな優。

すごくほっこりした役が、まさに適役です。

ネットニュース記者って、まだまだ地位が低いのかな…。

ドラマ「和田家の男たち」第1話の感想 はじめに

あらすじ

 コロナ禍で14年勤めた会社が突然倒産し、生活費を稼ぐためデリバリーサービス『クイデリ』の配達員を始めた和田優(相葉雅紀)。ある日、配達先で、数年間疎遠になっていた父・秀平(佐々木蔵之介)と、秀平の父、つまりは祖父の寛(段田安則)と再会する!

 優が10歳の頃、母のりえ(小池栄子)と再婚する形で優の父親となった秀平。26年前にりえが事故で亡くなってからは、父子2人で暮らしてきたが、社会人になったのをきっかけに優が独立してからは、なんとなく頻繁に連絡をとらなくなっていたのだ。

 優が職を失ったことを知った秀平は、寛をひとりにしておくことへの不安もあり、「ここで3人で暮らさないか?」と提案を持ちかける。平日は帰宅が遅い秀平からの「うちのことをやってくれたら、今のバイト代の3倍は出す」という申し出にちょっぴり心が揺れた優は、そのまま押し切られる形で寛の家へと移り住むことに…。

 こうして、数年来疎遠だったテレビ局報道マンの父、幼い頃に数回しか会ったことのない元新聞記者の祖父との共同生活が始まった優。初日の食卓から、さっそく寛と秀平が「報道のあり方」についての議論を交わすのを目の当たりにする中、優には大学時代のゼミの後輩・三ツ村翔星(正門良規)から、ネットニュース『バズとぴ』のライターをやらないかという誘いが舞い込む。数日前に寛から教えてもらった“すき焼きの裏技”についての記事で好感触を得た優は、寛と秀平に仕事が決まったことを意気揚々と報告するが…?

 取材の対象的に、まったく交わることなどないと思っていた優と秀平だったが、ある出来事が意外な繋がりを導き出すことになり…!?

[引用元]TV朝日「和田家の男たち」公式サイトSTORY

登場人物

和田優/相葉雅紀
14年働いた会社が突然倒産。今はフードデリバリーのバイトをしている。配達先で久しぶりに祖父の寛と再会。父の周平もいたことから、三人で暮らすことに。周平は26年前に亡くなった母の再婚相手。両親ともTV局で働いていたため優が家事全般を担う。家事は得意。そんなとき、大学の後輩からネットニュース「Buzz Topic News」(バズとぴ)の仕事を紹介され、ネットニュース記者になった。

和田秀平/佐々木蔵之介

血は繋がっていない優の父。報道番組「フロンティアニュース」のプロデューサー。27年前、優の母と結婚したがすぐに事故で亡くす。

和田寛/段田安則

周平の父で優の義理の祖父。大手新聞社の社長だった。部下の不祥事の責任を取り、辞任。現在は論説委員。今も新聞記者としてのプライドを持ち続けており、秀平や優の報道の在り方に苦言を呈する。

和田りえ/小池栄子

優の母。秀平と同じ報道番組を担当していたが、結婚を機に情報番組に異動。結婚一年後に取材中の事故で亡くなる。

和田優(幼少期)/潤浩

母子家庭で多忙な母のために、家事全般を行っていた。

三ツ村翔星/正門規

優の大学の後輩。優を「バズとぴ」の記者として誘った。「バズとぴ」でビューを稼ぐために優にアドバイスする。

印田吾郎/駒木根隆介

優の同僚。仕事に慣れない優を気遣ってくれる優しい人。

志麻さと美/石川恋

優の同僚。無愛想で冷たく見えるが、優のことを気にかけている。

滝口剛/岡部たかし

秀平が担当する「フロンティアニュース」のデスク。秀平の右腕。

井上智子/宮澤美保

「フロンティアニュース」のディレクター。秀平に想いを寄せる女性。

ドラマ「和田家の男たち」第1話の感想 

PC

血のつながらない関係

和田優(相葉雅紀)は、和田りえ(小池栄子)の連れ子なので、祖父の和田寛(段田安則)とも父の和田秀平(佐々木蔵之介)とも血は繋がっていません。

母のりえは取材中の事故で亡くなり、秀平とともに暮らしてきましたが、就職と共に独立。

祖父とは二度ほどしか会ったことがなく、父とも最近は疎遠。

さらに、優は大学を卒業してから入った会社が、コロナ禍で倒産してしまい、今はフードデリバリーの仕事をしています。

ゆか
ゆか

優、結構複雑な生い立ちなんですね。それでも、優しそうで真面目な感じが相葉くんにぴったりな役柄です。

物語は、そんな優が偶然祖父の家にフードデリバリーの仕事の注文先として訪れたことから始まります。

祖父は報道界では有名人でしたが、今は一人暮らしの高齢者。

そして、注文の品を受け取るなり熱中症で倒れてしまいます。



そんな父を見かねた秀平は一緒に暮らすことにするのですが、家事をやってくれる人がいません。

そこで、優に白羽の矢が立ったのです。

秀平は、優にデリバリーサービスの3倍の日給を出すから一緒に暮らさないか?というのです。

ゆか
ゆか

これは、一石二鳥では?家賃もいらなくなるし、優は家事は苦にならないタイプみたいですし。デリバリーサービスの仕事は1日約5000円にしかならないのです。

すき焼きに牛乳

三人で夜はすき焼きを食べることに。

寛は、すき焼きに牛乳を入れるのが定番らしい。

ちょっと驚く優と秀平。

しかし、すき焼きに牛乳を入れてみると、まろやかになってかなりおいしいようです。



すき焼きに牛乳?

でも、一度、やってみようかなと思ってしまいますね。



すき焼きの食べ方で、寛と秀平は「報道の在り方」について議論を始めます。

「報道」と言えば、一番頂点にいるのはやはり新聞なのでしょうか。

次にテレビ。

元新聞記者の寛には、今のテレビの報道に不満があるようです。

国には逆らえず、報道すべきことが出来ていないと。

ゆか
ゆか

寛さん、カッコいい。新聞記者魂はまだまだ健在のようです。

家族の肖像

優は、寛が所有する膨大な書籍を書庫に整理し始めます。

すると、そこには「家族の肖像」が置いてありました。

祖父母と両親、そして優が描かれていました。

優は、何故かその肖像画を見て「わぁぁぁー」と叫び、書庫を飛び出していきます。



優には、祖父の家に来た記憶が二度しかありません。

祖父ではあっても、ほぼ初対面に近い間柄。

叫び出してしまっても無理はないかも。

宅配業認可の汚職事件

「フロンティアニュース」では、国土交通大臣の汚職事件について報道しようとしています。

宅配業の認可は、普通許可されるまでに1年はかかると言われています。

しかし、株式会社マイニーだけはすぐに認可されたのです。

実は、国土交通大臣と株式会社マイニーの社長の藤井社長は、小学校の同級生でした。

「フロンティアニュース」のデスク・滝口(岡部たかし)は、これは裏で二人がつながっていると確信しているようですが、今も二人が親しい間柄かどうか証拠がないとニュースには出来ないと秀平は突っぱねます。

ゆか
ゆか

怪しいけれど、もっと確実な証拠がなければ…。それがひょんなことから二人が今も親しい証拠が出てくるのです。

ネットニュースの記者になる優

大学自体のゼミの教授が亡くなったことから、ZOOMで教授のゼミ生が集まり教授を悼む会が開かれました。

そのとき、後輩の三ツ村(正門良規)が自分が働くネットニュースの記者を募集しているという話を出してきます。

軽いノリで、優が「俺、やってみようかな」と言ったことから優はネットニュースの記事を書くことに。



初めに書いた記事は、すき焼きに牛乳を入れるという裏技についての記事。

とても読みやすくて、いい記事が出来上がりました。

そして、そこそこのビュー数を稼ぐことができ、優はネットニュースの記者に採用されます。

ゆか
ゆか

優は、三ツ村に「決してお父さんの真似はしないでくれ」と釘を刺されます。ネットニュースには高い志はいらないということです。確かにネットニュースは楽しくサラッと読めるものが人気。

優は、祖父と父に自分がネット記者になったことを報告。

優自身はわりとこの仕事を気に入っているようですが、祖父と父にはあまり歓迎されていないようで…。

新聞記者の祖父はテレビマンの息子に対してあまりよい感情をもっておらず、テレビマンの父はネット記者の息子をちょっと情けなく思っているのです。

報道三世代。

それぞれの年代と立場で「報道」を捉えています。

那須高原へ

優の仕事は順調です。

やはり、報道一家に生まれただけあって、文章力が高そうです。

次の記事は、アルパカの可愛さについて。

犬や猫だけでなく、優はアルパカに注目したんですね。

那須高原に向かい、アルパカの可愛い写真を激写。



それが、父の仕事に大きな利益をもたらすことになるのです。

国土交通大臣の汚職事件の大きな証拠写真が撮れていたのです。

大臣と株式会社マイニーの社長・藤井が、アルパカの後ろで乗馬に興じている姿がバッチリ。

TVは新聞と違って、どうしても報道するには画像など視覚に訴えるものが必要です。

国土交通省の内部告発者にこの写真を見せて、TVで匿名で話をしてもらうことに。

「フロンティアニュース」の大スクープです。



しかし、優は何も知らされておらず、傷ついたようです。

自分が撮った写真が、父の仕事に勝手に使われたことに。

秀平が帰宅したとき、優は秀平に怒りをぶつけます。

すると、秀平は「優は素人で、俺はプロだ」と言われてしまいます。

ゆか
ゆか

落ち込んでいる優ですが、優が書いたネット記事はヴュー数がどんどん上がって、三ツ村は上機嫌。おそらく優もインセンティブがもらえるはずです。

三世代の報道の姿勢がおもしろい

本作は、祖父、父、息子の三世代の「報道」に対する考え方やプライドが描かれ、すごく面白いです。

新聞という報道の頂点にある場所にいた寛のプライド、報道畑のテレビマンという秀平の鋭い視点、ニュースも娯楽の一部として提供するネット記者の息子。

そのどれもが共存している現代。

これからどのように描かれていくのか、楽しみです。

しかし、次回は三世代の男たちの「恋愛事情」が描かれるようです。

それも、楽しみ。

ドラマ「和田家の男たち」第1話の感想 最後に

ドラマ「和田家の男たち」第1話の感想でした。

思っていた以上におもしろいです。

相葉雅紀さんの優しくておっとりした優に、とても癒されました。

また、亡くなった母のエピソードもこれから描かれていくと思います。

次回も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA