ドラマ「SUPER RICH」第5話 感想 主演・江口のりこ|優の変身

ebook

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「SUPER RICH」第5話の感想です。

今回は、お金についていろいろと考えさせれたターンでした。

優くんの成長は、目に見えるほど素晴らしくて、留学は大成功。

『スリースターブックス』の事業も軌道に乗り始めて…。

ドラマ「SUPER RICH」第1~5話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。

ディレクターズカット版配信中です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「SUPER RICH」第5話 感想 はじめに

aircraft

あらすじ

氷河衛(江口のりこ)は春野優(赤楚衛二)に告白された。優は宮村空(町田啓太)に衛を取られたくないと言うが、衛は彼の告白をはぐらかそうとする。2人が押し問答のようになっていると、インターフォンが鳴り、島谷聡美(松嶋菜々子)がやってくる。衛は聡美を食卓に招き、旧『スリースターブックス』社員の再就職先を世話してくれたことへの礼を述べた。そんな衛に聡美は、次に何を考えているのかと尋ねる。

次の日、衛は社員たちに会社の新たな目標を掲げる。すると資料を読んでいた優が、目標のひとつである人材育成の手段として挙げられていた留学に自分が行きたいと発言。まだ軌道に乗っているとは言えない会社で海外留学出来る人間は優しかいないと、1年間の留学に赴くことになり…。

[引用元]フジテレビ「SUPER RICH」公式サイトSTORY

登場人物

氷河衛/江口のりこ
『スリースターブックス』の代表取締役CEO。裕福な家で育ち、今までお金で苦労したことが一度もない。全てはお金で解決できると考えており、忙しく働く日々を送っている。女性起業家として社会的に評価されているが、親を早くに亡くしているため、愛に飢えた人生を過ごす。大学時代に知り合った一ノ瀬と『スリースターブックス』を起ち上げた。

春野優/赤楚衛二
プログラミング専門学校の専門学生。愛情に包まれて育ったが、経済的には常に厳しい状況で過ごしてきた。手に職をつけるため専門学校に入学し、アルバイト代で生計を立てている。『スリースターブックス』がインターンの募集をしているのを知り、応募した。固い意志と行動力を備えた青年。

宮村空/町田啓太

『スリースターブックス』の人事責任者。しっかり者で、衛に対する忠誠心が強く、衛から絶大な信頼を置かれている。衛への忠誠心にはある出来事が関わっている。インターン生には優しく接する。ただ、衛を慕う春野には厳しい。

一ノ瀬亮/戸次重幸

『スリースターブックス』のCEO。大学時代に知り合った衛と二人で会社を成長させてきた。衛からの信頼は絶大。会社を成長させるために投資に力を入れており、多少無理な投資も衛からは許されている。そんな信頼関係の強さから二人はつきあっているという噂も。

今吉玲子/中村ゆり
『スリースターブックス』の財務責任者。衛の親友。会社設立当時から衛を支える。会社の財務を管理しているため、一ノ瀬の投資のやり方に疑問を持っている。

東海林達也/矢本悠馬

『スリースターブックス』の技術責任者。機転が利いてフットワークが軽い。物腰は柔らかいが、上司にNOが言える存在。衛からは信頼されている。

鮫島彩/菅野莉央

『スリースターブックス』のマーケティング責任者。世の中の動向や流行を素早く察知する。衛を慕い、会社を大切に思い、仕事にやりがいを感じている。仕事のスキルの高さから時には衛に意見を求められることも。

春野真子/茅島みずき

年の離れた優の妹。しっかり者。電話では優を冷やかしながらいつも応援してくれる。

春野桜/美保純

優の母。栃木県で工場を経営しているが、経営状態は良くない。夫は出稼ぎに出ている。インターンになった優を心から応援している。

碇健二/古田新太
『スリースターブックス』の電子書籍編集長。締め切りに追われ、いつもデスクが散らかっている。飄々とした性格で着実に仕事をこなしていく。衛の要望を受け流しながら、最高の仕事環境を与えてくれたことに感謝している。衛が本心を話せる存在の一人。

鬼頭流星/嘉島陸

『スリースターブックス』で働く若手社員。沖縄出身でいつもアロハ。オリジナル作品でヒットを飛ばすことを夢に懸命に働く。

田中リリカ/志田未来

『スリースターブックス』のインターン。勝ち気で自信家の大学生。自分に自信があるが、春野と話すときだけはペースを乱される。

豪徳尊/板垣瑞生

『スリースターブックス』インターン。明朗快活な大学生。インターンの女子学生に馴れ馴れしく、押しが強い。インターン生の盛り上げ役。

髙橋みゆ/野々村はなの

『スリースターブックス』インターン。落ち着いた性格でクール。インターンに熱意はあまりなく、会社の危機によって自分の進路に決断を迫られる。

島谷聡美/松嶋菜々子

大手IT企業『MEDIA社』の取締役。かつての衛の上司。衛を育て上げた人物で、衛の能力を高く評価している。衛の憧れの存在。

ドラマ「SUPER RICH」第5話 感想 

pc

事業計画の中の海外留学

『スリースターブックス』の事業計画書が社員たちに配布されました。

その中に、海外でも通用する人材を育てるために一年間社員を留学させるという案がありました。

それに優(赤楚衛二)が立候補。

優は「変わりたい」というのです。

一年間、海外で生活をしたあとの優の変化、楽しみですね。

優は、仕事で留学するのはちゃんと理解していますが、個人的なモチベーションは「衛に男として認めてもらうこと」だと言います。

衛(江口のりこ)も、OKを出してくれるのですが…。

ゆか
ゆか

衛は優のことも空のことも、はぐらかしていますが、本音はどうなのでしょうか。他に好きな人がいそうな雰囲気でもないですし…。

一年後

このスピード感w。

優は、一年のアジア圏への留学を経て、日本に戻って来たときには、服装も変わり韓国語も中国語もペラペラ。

この一年で、優は変身したのです。

しかし、帰って来るなりリリカ(志田未来)に「何カッコつけてんだ、バカタレ」と頭を叩かれてしまいますw。

こういうところのユーモア、本作のたまらないところです。



迎えに来てくれたリリカと共に、車の中で1年間で変わった会社の変化について聞かされる優。

ハムスターを飼い出したこと、バイトにしておくにはもったいないほど優秀な男の子が入ったこと、三日月モバイルとの提携を進めていること、そして空(町田啓太)と衛が付き合ってるんじゃないかという噂があること…。

優にとって、一番の関心事は空のこと。

一年間、側にいた人と離れていた人。

なかなか厳しい立場の優くん。



一方、マーケティング担当の鮫島彩(菅野莉央)はおそらく妊娠しているようで…。



優くんの帰国祝賀会のあとの衛、空、優のやりとりも、本当におもしろい。

これは、江口のりこさんがいてこそ成り立つ面白さ。

そして、空も優も本当に衛が好きなんですね。

これだけ、わかりやすくライバル心むき出しにするのってなかなかないんじゃないでしょうか。

空も優も可愛いです。

三日月モバイルの社長

三日月モバイルの森ノ宮社長(矢野聖人)は、とても厳しい人で日本のビジネスマナーには辟易していると言います。

しかし、森ノ宮社長は、実は優が留学時代に知り合った友人だったのです!

これだけでも、留学した甲斐があったというもの。

ただ、森ノ宮社長は、優に電子書籍は父の息がかかった会社に決まっているので、早々に手を引くべきだと忠告します。

三日月モバイルは、基地局を来年にも倍に増やすという計画なので、『スリースターブックス』にとっては、またとないチャンスなのですが…。

しかし、優は、早々に手を引くべきだと言われたことを盛り上がるみんなに言うことが出来ませんでした。

ゆか
ゆか

世の中は、コネとお金で成り立っているんだなぁ。

それでも、優はあきらめてはいませんでした。

森ノ宮社長が行きそうなところを当たって来ると朝から出かけていきます。

優は、留学させてもらったことに、結果を出したいのです。



そして、優は出来るだけのことをしてから森ノ宮社長に手を引くべきだと言われたことをみんなに話します。

満月グループを牛耳っているのは森ノ宮社長の父親ではなく、専務の大河一郎という男だと言うのです。

だから、無理なのだと。

しかし、その大河一郎は、衛の父の親友だったのです。

そして、再び訪れた島谷聡美に、衛は大河一郎が来るパーティを教えてもらいます。

そのパーティ会場で待ち伏せて、話をしようと衛は決めたようです。

ゆか
ゆか

優は、何とか自分でも打開策を打ち立てようとがんばっていたために、何度も母から電話がかかって来ていたことに気づいていませんでした…。

子供にお金を借りるということ

優が三日月モバイルの社長に会いに、今吉(中村ゆり)ら社員たちと向かっていると優の携帯が鳴り、母が倒れたという知らせが入ります。

優はそのまま実家に戻ると、工場で仕事中に母・桜(美保純)が倒れたと妹の真子(茅島みずき)から聞かされます。

倒れたというのに、お金がかかるからと病院にも行かない母。



優に直接会いに来ていたのですが、優は仕事に夢中で会うことが出来ませんでした。

そして、母は布団の上で土下座をし、優に「200万円、貸してください」と頭を下げるのです。



お母さん、どんな気持ちなんだろう。

子供が親に借金するのは、それはそれで気持ち的に厳しいことだと思うのですが、親が子供にお金を借りなければならない気持ちは推し量ることも出来ません。

それも、疲れ切った体で土下座までして…。

優は、それでも、200万円ものお金を持ち合わせていません。

親に土下座までさせても、自分にはそんな力がない…。

厳しいなぁ。

ゆか
ゆか

お母さんも優も、どれだけ辛い思いをしているのだろうと思うと胸が詰まります。本当にお金が敵(かたき)の世の中です。

優は、どうしようもない無力感の中、会社から200万円を借りる決意をします。

しかし、今の『スリースターブックス』にはそんな資金はありません。

すると、空が自分の貯金から貸してやると言って…。



このシーンは、本当に涙が出そうになりました。

恋のライバルでもある空からお金を借りる優。

空の優しさもさることながら、優のみじめな気持ちは持って行きようがないだろうと思います。

そして、「絶対に返済しろ。返さなかったら許さないからな」ときつく言ったのも、空の優しさ。

同情されたり優しくされる方が、優が傷つくことをわかっていて空は突き放すように言ったのです。

そこまでの人間

衛は、大河一郎に会いに行きます。

「30年前に死んだ人間のことなんて覚えていない」と言える人間なんて、どうせそこまでの人間。

忘れているとしても普通は思い出そうとするし、友人だった人を忘れるなんて、ありえない。

この男も、衛の父のお金にすり寄っていただけでしょう。

優とは違った理由で、お金で嫌な思いをする衛。

ゆか
ゆか

女性を突き飛ばしておいて謝りもしないし、こんな人間になってはいけないという典型。

このあとの、優くんのフォローも素晴らしかったです。

おそらくこの会場より格上のホテルなんだろうな、帝都ホテルって。

今の優にとって衛の「あなたは成長してる」という言葉は、大きな勇気を与えたと思います。

優くんの涙、キレイでした。

ダンスシーンのあと、キスをしようとした優の足を思いっきりヒールで踏んだ衛。

もしかしたら、衛は誰かに愛されるのが怖いのかもしれない。

島谷聡美氏のこと

数回前から気になっていたのですが、島谷聡美(松嶋菜々子)は、ただ衛のことを今も可愛がってくれている“素敵な上司”なだけなのでしょうか。

衛がこれから何かを始めようとしていると、いつもやって来て「これから何をするの?」と聞いてくるのは、ただ衛を気にかけているだけなのかが、少し引っかかるのですが。

もし、衛を励まそうとしてるだけなのだとしたら、申し訳ありませんw。

ドラマ「SUPER RICH」第5話 感想 最後に

ドラマ「SUPER RICH」第5話の感想でした。

ドラマも中盤を迎えましたね。

優くんが一年の留学を終えて、大人っぽくなって帰って来ました。

そんな優くんが、また壁にぶつかったときに衛に「あなたは成長してる」と言われたことが印象的なターンでした。

次回も、勿論、楽しみです!



以下の記事で、第4話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

ebook ドラマ「SUPER RICH」第4話 感想 主演・江口のりこ|強烈なパワハラ!過去との決別

ドラマ「SUPER RICH」第1~5話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
ディレクターズカット版配信中です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA