ドラマ「アバランチ」第7話 ネタバレ感想 主演・綾野剛|戦争

mask

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「アバランチ」第7話の感想です。

今回は、無敵のアバランチが窮地に追い込まれます。

大山の被せるように襲ってくる強大な悪の力に言葉をなくします。

物語も大詰めを迎えます。

アバランチの正義が正しく世に知らしめられることを祈ります。

ドラマ「アバランチ」第1~7話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「アバランチ」第7話の感想 はじめに

あらすじ

公安時代の上司・戸倉(手塚とおる)と素顔で対面した羽生(綾野剛)。ドローンカメラを通じて、山守(木村佳乃)らがその模様を見守る中、3年前に5人の仲間を死に追いやった偽装テロ事件の真相と、黒幕である大山(渡部篤郎)の真の狙いについて証言するよう迫る。しかし、戸倉はその答えの代わりに、「3年前の事件を終わりにしよう」と銃口を羽生に向けて…。

日本版CIA創立のため、犠牲や手段をいとわない大山によって張り巡らされていくアバランチ包囲網。正義のヒーローから一転、テロリストとして非難の的となっていく彼らが打つ、次なる一手とは?

[引用元]フジテレビ「アバランチ」公式サイトSTORY

登場人物

羽生誠一/綾野剛
アバランチ。元刑事。

西城英輔/福士蒼汰

警視庁捜査一課から警視庁特別犯罪対策企画室へ。

山守美智代/木村佳乃

警視庁特別犯罪対策企画室・室長。

牧原大志/千葉雄大

アバランチ。天才ハッカー。IMMAに勤務していた姉を殺害された。

明石リナ/高橋メアリージュン

アバランチ。 元自衛隊特殊工作部隊「コヨーテ」。親友を自殺に追い込まれた。

打本鉄治/田中要次

アバランチ。元警視庁爆弾処理班。

大山健吾/渡部篤郎
内閣官房長官。

郷原栄作/利重剛

内閣総理大臣。

福本優美/堀田茜

大山の秘書。西城の友人。

ドラマ「アバランチ」第7話の感想 

SNS

大山の目的

大山がさまざまな犠牲を強いて、作り上げようとしているのは日本版CIA。

日本がどれだけ危険なのかを国民に示し、CIAが必要だと思わせる風潮を作為的に作り上げているのです。



素顔のままで戸倉公安部長(手塚とおる)に会いに行った羽生は、大山がやろうとしていることを証言させようとするのですが、戸倉は羽生に「極東リサーチ」のリーダー格の男から預かった銃を向けて…。

牧原(千葉雄大)と打本(田中要次)は、ドローンを飛ばして、二人の会話を録画するのですが、突然映像が乱れて録画が切れてしまいます。

大山はこのことも想定内だったようです。



「3年前の事件は終わりにしよう」と言いながら、羽生に銃口を向ける戸倉。

そんな戸倉が、突然狙撃されてしまいます。

あるビルの屋上から二人のスナイパーが戸倉を狙ったのです。

これは戸倉の口封じのため?

そして、戸倉の次に羽生も狙われますが、寸でのところでよけることが出来ました。



こんなことまでして、大山は日本版CIAを作り上げたいようです。

何人もの仲間を犠牲にして。

ゆか
ゆか

大山の野望があまりにも大きすぎて、現実感なさすぎますが、アバランチはこれからどのように大山と戦っていくのでしょうか。悪に支配されすぎた大山は、あまりにも手強すぎる。

アバランチを利用

戸倉は死の間際で11月29日に全てが終わると言って息を引き取りました。

11月29日には一体、何があるのでしょうか。

内調の桐山は、アバランチの顔が映った写真を手に入れたので、全国指名手配をして逮捕しましょうかというのですが、大山はそれを止めます。

大山は話題になっているアバランチを利用することを考えているのです。

ゆか
ゆか

どこまで悪党なんだか…。大山が怖すぎる。

アバランチのチャンネルが乗っ取られ

アバランチのYouTubeチャンネルが、「極東リサーチ」に乗っ取られ、ニセの犯行声明がだされます。

日本を堕落させた上層部の人間に、我々の手で天誅を下すと。

大山は、アバランチをテロリストに仕立て上げようとしているのです。

動画の最後に出た1129は、戸倉が言っていた11月29日で全てが終わると言っていたことです。



何としても、アバランチの手でこのテロを止めなければなりません。

ターゲットと場所を確定

ターゲットは郷原総理(利重剛)、11月29日は総理があるイベントに参加することになっています。

大山はこの日、総理についていくことになっています。

しかし、羽生は少し疑っています。

こんなにわかりやすいことを大山が計画するだろうか…。



アバランチを総理暗殺のテロリストに仕立て上げようとしているのは確実です。



先日戸倉を狙撃した人物は、元オリンピック選手の久米スミレ。

リナがオリンピック候補生の合宿で同じだった女性です。

スミレは今は、ケガのため選手を引退しています。

「極東リサーチ」には、元自衛官の人間が複数いるようです。

このことだけでも、総理を狙撃することができる人間が向こうには複数いるということです。



打本によると、イベント会場に爆弾を仕掛けるのは難しいということです。

やはり、総理は狙撃される予定なのは明白。

ゆか
ゆか

もちろん、羽生さんもカッコいいけど、私は、本作で一番カッコいいのはリナだと思っています。本当に力強くて鋼の女って感じ。工場の娘のあかりさんもカッコいいし、本作はなよなよした女が一人も出てこないのもいいところ。

総理を救出

郷原総理は、危機感が全くなくて、ちょっと子供みたいですw。

ランチを当初のホテルランチから出前に変えるという大山の予定を、「絶対、ダメ!」と言って、どうしてもホテルのハンバーグを食べたいようです…。

しかし、郷原総理、いかにも日本の総理って感じですね。

自分の命が狙われていることなど、微塵も感じていないのです。

予定通り、お気に入りのホテルで大好きなハンバーグに舌鼓を打つ総理。

しかし、その能天気さが命を守ることにはなるのですが…。

ゆか
ゆか

羽生は総理誘拐を提案します。イベント会場に向かう前に、総理を誘拐すれば確実に暗殺は避けられます。

ランチ中の総理をうまく「誘拐」して、アバランチは総理を安全な場所まで届け、リナは狙撃犯のいそうな場所に向かうのですが、既に逃げられたあとでした。



大山は予定が狂いましたが、次の一手を考えていました。

「極東リサーチ」とは話がついているようで、彼らは次の計画実行に向かいます。

大山のあまりにも先手先手を打つやり方に、想像が追い付きませんが、本当に大山、怖すぎる…。

牧原が拉致される

車の中で待機していた牧原は、「極東リサーチ」に捕まってしまいます。

大山は、アバランチの計画さえも先読みしていたということです。



イベント会場で警備に当たっていた山守室長(木村佳乃)と西城(福士蒼汰)のもとに、大山が現れます。

牧原が拉致されたことを聞かされ、慌てる山守の肩を「やあ!」と言って叩いたのは大山。

ゆか
ゆか

こんな怖い「やあ!」初めて聞いたー。

そして、お互い近況を報告し合おうじゃないかと言って、山守をお茶に誘う大山。

大山は自分は安全な場所で、これから起こる惨劇を見物しようとしているかのようです。

大きな花火

アバランチを騙った「極東リサーチ」が、14:00に大きな花火を打ち上げるという予告動画を出しています。

それは、イベント会場の爆破。

大山は、総理暗殺が無理なら、イベントに参加している一般人を犠牲にするつもりなのです。

イベント会場のどこかに爆弾が仕掛けられているはず…。

それが14:00に爆発するということです。




イベント会場に向かう、アバランチのメンバー。

彼らは爆破を食い止め、一般人の犠牲者を出さずに済ませることが出来るのでしょうか。



山守室長の「私達はまだ気づいていなかった。私たちの計画に雪崩が起き始めていることに」というモノローグも気になります。

ゆか
ゆか

大山がやろうとしていることは、全く先が読めない。日本版CIAを作ることにどれだけの意味があるのか。CIAの頂点に立って、権力を手に入れたいだけならここまでの犠牲を払う意味はあるのでしょうか。

記者・遠山

アバランチに対してあまりいい感情を持っていなかった記者の遠山(田島亮)は、一人、アバランチの行動を追っていました。

総理を助けるシーンも写真に収めているはず。

遠山がどんな形であれ、アバランチの助けになってくれるといいのですが…。

ドラマ「アバランチ」第7話の感想 最後に

ドラマ「アバランチ」第7話の感想でした。

全ての犯行をアバランチがやったことにしようとしている大山。

全てのことを先読みして、先手を打つのも、怖ろしいくらい用意周到です。

アバランチは大山の計画を阻止することができるのでしょうか。



以下の記事で、第6話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

mask ドラマ「アバランチ」第6話 ネタバレ感想 主演・綾野剛|正義

ドラマ「アバランチ」第1~7話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA