ドラマ「最愛」第7話 感想と考察 主演・吉高由里子|優は不起訴

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「最愛」第7話の感想です。

今回のラストシーンは、とても悲惨で悲しいものでした。

やっと再会できた梨央と橘しおり。

橘の悲惨な人生を思うと、この最期もこれ以上にないほどにひどすぎて…。

ドラマ「最愛」第7話の感想 はじめに

news

あらすじ

梨央(吉高由里子)の前に現れたしおり(田中みな実)は、真田グループの不正について追及する。話が見えない梨央はその場を去るが、しおりが自分や優(高橋文哉)のことを昔から知っていたような口ぶりに違和感を抱いていた。

加瀬(井浦新)の尽力によって昭(酒向芳)の死には関与していないことが証明された優は、梨央と一緒に暮らすことに。さらに、加瀬の言葉で前向きに生きることを考えるようになり、新薬の治験を受ける決意をする。

一方、大輝(松下洸平)と桑田(佐久間由衣)は、15年前の事件の捜査から関係者として浮上したしおりと接触。15年前のある恨みが昭殺害事件につながった可能性があることを掴むが、しおりには事件当夜のアリバイがあった。

さらに、しおりは真田ウェルネスが経営する老人ホームに出入りし、真田グループの不正を執拗に追う。そんな彼女に対し、後藤(及川光博)は再び取材をやめさせようとするが・・・。

[引用元]TBSテレビ「最愛」公式サイトSTORY

登場人物

朝宮梨央/吉高由里子
高校三年生当時、白山大学陸上部寮夫の娘。明るく誰からも愛される性格。陸上部の大輝に初めての恋心を抱いていた。将来の夢は新薬開発。弟の優とは異母姉弟。現在は「真田ホールディングス」の子会社「真田ウェルネス」の社長。バイオベンチャーを買収し、念願の製薬事業に乗り出す。

宮崎大輝/松下洸平

白山大学三年当時、陸上部のエースだった。陸上部の寮住まいで面倒見のいいさわやかな青年。寮の看板娘である梨央に恋をしている。現在は警視庁刑事部捜査一課の刑事。梨央とは15年ぶりに再会を果たす。

朝宮優/柊木陽太

梨央の弟。興奮すると記憶の一部を失うという記憶障害を持っている。異母姉の梨央のことが大好き。

朝宮達雄/光石研

白山大学陸上部の寮夫。梨央と優の愛情あふれる父親。陸上部員たちにとっても父親的な存在。梓と離婚後、秋子と再婚し、優が生まれる。15年前、クモ膜下出血で突然この世を去った。

真田梓/薬師丸ひろ子

梨央の母。「真田ホールディングス」の社長として、不動産やホテル事業を展開して成功させたやり手。達雄とは梨央が三歳のときに離婚。息子の政信を引き取り、達雄が梨央を引き取った。現在も「真田ホールディングス」の社長で、明るい性格から求心力のある社長だが、事業拡大のためには手段を選ばない。娘の梨央に子会社を任せている。

加瀬賢一郎/井浦新

真田家の番犬と言われる弁護士。東大法学部を首席で卒業。「真田ホールディングス」の法務部に所属し、梓の指示でときどき梨央の様子を見に行っていた。現在は梨央が社長を務める「真田ウェルネス」の弁護士。様々な方法で梨央をフォローしている。

長岡恵/茅島成美

達雄の再婚相手の秋子の母。秋子が亡くなってから梨央と優の面倒を見ていた。

真田政信/奥野瑛太

梨央の兄。プライドが高く、上京した梨央には冷たく当たる。現在は「真田ビジネスサービス」の社長。自分ファーストなタイプ。梨央にはライバル心を持っている。

渡辺康介/朝井大智

白山大学大学院生。薬学部。長嶋の友人でよく寮に出入りしている。突然失踪し、15年後白骨遺体で発見される。

渡辺昭/酒向芳

康介を男で一つで育てたシングルファーザー。妻とは離婚。現在は失踪した息子の康介を15年間探し続けていたが、山の中で発見された白骨遺体が康介だと判明。その10日後、本人も遺体で発見される。

長嶋透/金井成大
白山大学三年の陸上部員。

藤井隼人/岡山天音

白山大学陸上部の二年生。現在は富山県警刑事。大輝を手助けする。殺人事件と梨央の関係に苦悩する大輝の唯一の相談相手。

青木菜々/水崎綾女

白山大学陸上部のマネージャー。

高城隆之介/菅原健

白山大学陸上部の三年生。

山尾敦/津田健次郎

警視庁捜査一課係長。大輝の上司で、観察眼が鋭く部下から信頼されている。

桑田仁美/佐久間由衣

駒沢署の刑事。若い女性警官から慕われている姉御肌の女性。大輝とコンビを組み、殺人事件を捜査する。

後藤信介/及川光博

「真田ウェルネス」の専務。「真田ホールディングス」の古参社員で、次期「真田ウェルネス」の社長候補だった。梨央を敵対視する。

児島彩夏/宮下かな子

梨央の秘書。

橘しおり/田中みな実

フリーのノンフィクションライター。元新聞記者で、記者クラブ賞を受賞するほどの実力を持つ。「真田ホールディングス」の闇を追う。

情報屋/高橋文哉

後藤の指示で梨央の素行や情報を探る情報屋。実は梨央の弟の優の仮の姿だった。

ドラマ「最愛」第7話の感想 

courtroom

もしも…

橘しおり(田中みな実)は、もしもあのときここにいなかったら、もしもあのときあの人に会わなければ…とふと考えてしまいます。

「もしも」。誰もが人生の中でいい方にも悪い方にも、考えることがあると思います。

あのときあの場所いなければ、こんなことにはならなかった。

あのときあの人に会わなければ、こんな思いをすることもなかった。

考えても仕方のないことですが、誰もが考えてしまう「もしも」。

今回の冒頭のモノローグは、橘しおり。

彼女の人生は渡辺康介に襲われたときから、がらりと変わってしまったのです。

殺されても仕方がない人間なんてこの世にはいないのかもしれませんが、渡辺康介が多くの人から恨まれていたことも事実。

ゆか
ゆか

橘の合同合宿のときの明るい笑顔の写真を見ると、こんなに輝く笑顔になれる人だったのだと思わされます。今は真田グループの不正を暴く使命感で、ギリギリ生きているような…。

優と梨央の平和な暮らし

優(高橋文哉)と梨央(吉高由里子)は、やっと姉弟二人で平和な暮らしをすることが出来るようになりました。

そして、梨央は優にSND850の治験を受けてみないかと言います。

しかし、優は子供の頃とは言え、人を手にかけている自分に治験を受ける権利があるのかどうか、迷っているようです。

上手くいけば、病気が治るのです。

逆に言えば、その病気のせいで記憶が飛んで康介を手にかけたのですから、治験を受けるべき。

ただ、優は自分がやってしまったことを一生背負って生きていく覚悟を決めているのです。

ゆか
ゆか

優の罪悪感もとてもよくわかりますが、人間は前を向いて歩いていかなければならないのです。どうか、優には治験を受けてもらいたい。

今回のことで、とてもお世話になった加瀬弁護士(井浦新)のことが大好きな優。

買い物も、加瀬さんと行きたいと言ったようですね。

加瀬は、本当に家族のような存在。



事件に関しては、優は立件されず、梨央たちの父・達雄(光石研)は遺体遺棄で書類送検されることになりました。

これで、優に関しては事件はひとまず落ち着きましたね。

優は加瀬に治験を受けて、これから好きなことをするためにも病気を治そうと言われ、治験を受ける決意をします。

梨央と優のシーンは、まだまだ子ども扱いする梨央とそれをちょっと照れる優が本当にほのぼのとしていて、いいシーンですね。

緊張感たっぷりの本作の中の心のオアシス。

そして、病院での検査の結果待ちですが、優は治験を受けることが出来るようです。

ゆか
ゆか

優くん、弁護士になりたいようですね。治験を受けて、病気を治して司法試験、がんばれ!

そして、あの昭に優が渡した500万円の出所は、後藤専務(及川光博)でした。

後藤は、冷徹な感じがしますが、彼にとって何よりも大切なのは「真田ウェルネス」という会社なんですね。

渡辺昭を殺害した真犯人は?

優ともみあって小さいほうの東側の池に落ちた渡辺昭(酒向芳)は、自力で池から這い上がったあと、誰かに殴られ西側の池に落ちて亡くなったとされています。

池から這い上がって西側の池に落とされるまでの間、渡辺昭は一体誰と何があったのでしょうか。

大輝(松下洸平)は、一人気になる人物がいると言います。

橘しおりです。

渡辺康介の被害者の中で唯一控訴しているのが橘なのです。

橘には、渡辺昭を殺害する動機があるということです。

渡辺昭は大男で、橘はとても華奢で小柄な女性。

しかし、一度優にダメージを与えられているので、殺害するのも無理とは言えないでしょう。

橘は渡辺康介に人生をめちゃくちゃにされたのです。

その康介を正当化して、まるで被害者のように言って探している昭に対して恨みを持つことも不自然ではありません。



また、事件当日のアリバイも、当初証言していたものは異なっていたということもあり、これから橘は捜査対象になる可能性があるようです。

大輝の異動

大輝(松下洸平)は、捜査一課から所轄の生活安全課に異動になります。

規則違反を犯していたからです。

優と梨央を思うあまり…。

そして、それを上に報告したのはバディを組んでいる桑田刑事(佐久間由衣)でした。

桑田はまさかこんなことになるとは思っていなかったようで…。



大輝が異動になることを知った優は、梨央にうちに大ちゃんを招こうと言いますが、梨央は二度と会わないと決めたからと言いいます。

優は、一人暮らしをしていると嘘をついて大輝を家に迎え入れようとします。

その途中で車で帰って来た梨央は、大輝と優が一緒にいるのを見てしまいます。

三人で食卓を囲む

梨央は、大輝に自分たちのせいで異動になったことを謝罪しますが、大輝はこうして二人が仲良く幸せに暮らしてるのを見て、自分がやったことは間違いではなかったと思っていると言います。

優は、白山大学陸上部の寮の名物・牛丼を作ります。

三人は、まるであの楽しかった日々に戻ったように楽しそうに食事をしています。

達雄も生きていて、大勢で食べる食事…優と梨央が一番幸せだった頃ですね。



優が、気をきかせて、突然ビールを買いに行ってくると言って、梨央と大輝を二人だけにしてくれます。

二人は昔話に花を咲かせますが、大輝は「もしも」よりこれからのことを考えようと言います。

ゆか
ゆか

お茶をこぼした大輝。二人でティッシュで拭き取ろうとして手と手が触れ合う。二人は顔を見合わせ、「君に夢中」が流れ…キスをするのかと思ったら、ただ顔を見合わせて笑い合っただけでしたw。

思い出した梨央

梨央は、橘しおりのことを覚えていませんでした。

名前が合同合宿のときと変わっていたのもありますが、顔を見ても法都大学の松村栞だとは気づいていなかったのです。

それが、大輝に橘は合同合宿のとき、渡辺康介に性的暴行を受けていたことを知らされ、ハッとします。

橘は、昭にも会っていますが、橘に一言も謝ろうとしなかったと言います。

渡辺昭は常に「康介は今も生きている」「なぜ、康介が死ななければならなかったんだ」としか言いません。

多くの女性を犠牲にした息子の罪を一切認めようとしなかったのです。

橘は「罪を犯した人間は報いを受けるべきなんです」と言いますが、本当にそうだと思います。

もちろん、だからと言って命を奪われてもいいとはいいませんが。

きちんと法の下で裁かれるべきです。

「あなたなんですか?」と聞く梨央に、橘はただ目に涙を湛えて黙っているだけでした…。

橘しおりの死

その翌日、加瀬が後藤専務に「こんなことをしてどうするつもりなんですか?」と電話で話しています。

そして、TVのニュースでは橘しおりがビルから転落して亡くなったことが報じられています。

橘は、誰かに命を奪われたのか、それとも自ら命を絶ったのか…。

そして、後藤は一体、何をしたのでしょうか。

大きなスーツケースを持って、古いアパートのようなところへ向かう後藤。

その後、後藤は姿を消して…。

ドラマ「最愛」第7話の感想 最後に

ドラマ「最愛」第7話の感想でした。

橘しおりの人生が、あまりにも悲惨で、性暴力が人の心にどれだけの傷を残すのか、改めて考えさせられました。

しかし、橘はどうして自分と梨央を比較したりしたのでしょうか。

橘の最期はこれ以上ないほどひどいビルからの転落死。

そして、渡辺昭を殺害したのは橘だったのでしょうか…。


以下の記事で、第6話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

ドラマ「最愛」第6話 感想と考察 主演・吉高由里子|優は不起訴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA