ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第8話 感想 主演・清野菜名/坂口健太郎

hand in hand

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「婚姻届けに判を捺しただけですが」第8話の感想です。

今回は、柊にあまりにも自分の気持ちが伝わらない明葉が家を出て行ってしまいます。

柊はいつになったら自分の気持ちに気づくのでしょうか。

あまりにも、気づかな過ぎて予想の斜め上を行き過ぎる柊。

物語も大詰めです。

これから、柊と明葉が結ばれることはあるのでしょうか。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第8話の感想 はじめに

cat

あらすじ

 一世一代の告白をし、明葉(清野菜名)は晴れて百瀬(坂口健太郎)と両思いに!

 …と思いきや、百瀬は自分の気持ちも明葉の気持ちも“ラブ”ではなく“ライク”だと思い込み、お互いの恋心に全く気付いていない!

雲行きがどんどん怪しくなる中、百瀬は明葉の“本当の気持ち”を全く理解していないことが分かり、我慢の限界を迎えた明葉は家出してしまう。

 行くあてもないまま出社した明葉に、新しいコンペの仕事が舞い込む。選考委員の中に丸園ふみ(西尾まり)の名前を見つけ、前回のリベンジを決意する明葉。家出中ということもあり、会社に泊まり込んで作業を進めるのだった。

 一方、百瀬のところへ、ルームメイトと喧嘩した唯斗(高杉真宙)が突然やってくる。しばらく泊める代わりに、百瀬は明葉の気持ちを教えて欲しいと頼み込むのだが…。  果たして、百瀬は明葉の気持ちに気付くことができるのか、そして百瀬自身の気持ちは一体…!?

[引用元]TBSテレビ「婚姻届に判を捺しただけですが」公式サイトSTORY

登場人物

大加戸明葉/清野菜名
「森田デザイン」のデザイナー。彼氏なしだが、おひとり様最高!のOL。ひょんなことから百瀬の偽装妻になることになって…。

百瀬柊/坂口健太郎

広告代理店「秀伝堂」の社員。変人だが、イケメンで仕事も出来て真面目な性格。ある理由があって“既婚者”肩書が欲しくて明葉に偽装結婚を持ちかける。

森田聡/田辺誠一

「森田デザイン」の社長。明葉の上司で、部下の面倒見がいい素敵な上司。社内で唯一の既婚者で愛妻家だと言われている。

舛田康弘/岡田圭右

柊の上司で、営業部長。関西弁で部下にもすぐにツッコミを入れる。柊と仲良くなりたくて飲みに誘うことが多い。

小杉美雪/中川翔子

明葉の先輩。デザイナー。20代で自由を謳歌しすぎて、30代に入って慌てて婚活を始める。

麻宮祥子/深川麻衣

広告代理店「秀伝堂」の受付嬢。結婚願望はあるが、愛情よりも相手に高いスペックを望む。柊に結婚を申し込まれたことがある。

井上陸/森永悠希
「秀伝堂」若手営業マン。よく気が利くので上司に可愛がられている。休日はいつもYouTubeを観ている。

坂原証/笠原秀幸

明葉の先輩。ベテランデザイナーで実力は社内一。長らく彼女はいないが男としての自分に自信がある。

藤井ひかり/小林涼子

明葉の先輩デザイナー。2.5次元俳優好き。推しのためなら全国どこへでも行く。SNS上での友達が多い。

田村彩乃/長見玲亜

入社一年目の新人デザイナー。友達が多く、トレンドに敏感。お金持ちのお嬢様で、今まで順風満帆な人生を歩んできた。

牧原唯斗/高杉真宙

動物看護士。人懐っこく、天然。何を考えているかわからなそうで、実は洞察力が優れている。

大加戸初恵/木野花

明葉の祖母。小料理屋「はつや」を営んでいる。海外にいる明葉の両親に変わり、明葉を育ててくれた。明葉が柊と結婚することを心から喜んでいる。

百瀬旭/前野朋哉

柊の兄。弟とは真逆の性格。実家のお弁当屋さんを継ぎ、妻の美晴と営んでいる。美晴とはとても仲が良い。

百瀬美晴/倉科カナ

旭の妻。柊の義姉。ナチュラル美人で天然。明るく器用な料理上手。

百瀬透/小倉博久
百瀬の父。

百瀬すみれ/朝加真由美

百瀬の母。

おもち
百瀬の飼い猫。

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第8話の感想 

heart

結局、柊(坂口健太郎)は、自己肯定感が低いんですよね…。

明葉(清野菜名)だけでなく、自分が女性に好かれることを考えてもいないようです。

柊は、ちょっと変わった人ですし、美晴という女性の存在で他の人に目が行かないので、モテ男だったとは思えません。

しかし、なぜ、明葉が自分のことを好きになり始めたことにここまで気づかないのか…。

勿論、出会いは「お金」が理由でしたが、時間が経てば人の心は変わるもの。

柊は、中学生の時から自分は美晴への気持ちが変わらないので、それが普通だと思っているようです。

ずっと美晴だけを見て来て、他の女性との恋愛経験がほぼないということ。

しかし、ホワイトボードの相合傘を見れば、わかると思うのですが。

ゆか
ゆか

柊の行動は、いつも想定外。明葉の一世一代の告白の後も普通に「お腹空いたんでグラタン食べましょう」とか言ってたしw。

明葉は、これからは「普通の夫婦」になるものだとばかり思っていたら、柊は借金がなくなっても「離婚せずに偽装夫婦」をやっていくことを明葉が望んでいると思ったようです。

「私、ここを出ていきます」

明葉は、あまりの気持ちの伝わらなさに辛抱できず、家を出ていくことに…。

何か、もう、じりじりするなぁ。



そんな明葉は、仕事はとても順調。

新しく創刊される文芸誌の表紙のデザインを森田社長(田辺誠一)に任されることになります。

コンペはありますが、審査員にあの丸園ふみ氏がいるのです。

リベンジですね。



一方、柊の家に突然牧原(高杉真宙)が現れ、しばらく同居させてほしいと言います。

柊は明葉の気持ちを教えてくれるなら、朝・夕の二食付きで家の家具使い放題でここに住んでいいと。

牧原は明葉の気持ちを教えるなら、ゲームをして僕に勝ってくださいと言います。

相手の気持ちを読みながらやる「ゲーム」は、柊が一番苦手なものでしょうね。

柊は全く牧原に勝てず、さらに牧原に「明葉のことが好きだ」と言われてしまいます。

それは、LIKEではなくLOVEだと。

ゆか
ゆか

「百瀬さんのことが好きです」という明葉の言葉が、LIKEわけないやん…。それに、牧原くんの「俺、アッキーのこと好きなんで」も、LOVEに決まってる。

しかし、柊の気持ちは本人が気づいていないだけで、周囲の人たちにはバレています。

柊は一人でいるのが好きでしたが、明葉なら一緒にいても他人といる気がしないというのです。

そして、出て行った明葉に戻ってきてほしいと思っています。

それは、明葉が好きだということです。



自分では気づいていないというか、自分が好きなのは美晴だけだと思い込んでいるのか…。

美晴さんのことが好きなのは、誰もが初恋の人を忘れられないのと同じ気持ちなのだと、どうすればわかってくれるんでしょうか。

牧原くんにはっきり言われても、「僕が好きなのは美晴です」という柊。

牧原くんは、「俺、アッキーに告りますよ」と言います。



少し戸惑った顔の柊。

やっと自分の気持ちに気づいたようです。

明葉のもとに走り出す柊。

柊の口から出た言葉は「今すぐ僕と離婚してください」でした。



はぁー!?!?

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第8話の感想 最後に

ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第8話の感想でした。

柊の言動は、いつも斜め上をいっていて、予想外過ぎるにもほどがあります。

やっと自分の気持ちに気づいて、うまくいくのかと思ったら、「離婚」とは…。

じりじりしながらw、次回の展開を待ちたいと思います。




以下の記事で、第7話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

hand in hand ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」第7話 感想 主演・清野菜名/坂口健太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA