ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回の感想 主演・杉咲花/杉野遥亮|二人でいれば

heart

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回の感想です。

森生が鹿児島から帰って来ました。

あれから1年です。

花男とハチ子が結婚して、ユキコはOLとして一生懸命働いているのですが…。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回の感想 はじめに

heart cookie

あらすじ

ユキコ(杉咲花)と森生もりお(杉野遥亮)の別れから1年―。ユキコは盲学校を卒業し、食品関係の会社で事務の仕事を始めていた。一方、再び無職になった森生は、鹿児島から地元に戻ってきていた。

そんなある日、仲間内の意外な2人が結婚することになり、結婚パーティーでユキコと森生が久しぶりに顔を合わせる機会が訪れる!

しかし、1年前ユキコが森生と別れた本当の理由が、緋山ひやま(小関裕太)と付き合うためではなく、森生の仕事を応援するためだったと知った森生は、無職の今、ユキコに合わせる顔がないと考えて……。森生は仲間たちに口裏合わせを頼み、ユキコの前では自分がいないことにしてもらうが……。

そんな中、パーティーでユキコの手作りケーキが振舞われる。その美味しさに喜ぶ一同の様子に、心の底から嬉しそうなユキコ。森生はその笑顔が忘れられず……。

翌日。森生は社会人になったユキコの姿を見ようと、出会いの場所でユキコを待ち伏せる。立派なビルに出勤するユキコの姿を尊敬の眼差しで遠くから見守る森生。声はかけないつもりが、バーガーショップの店長・茶尾さお(古川雄大)の空気を読まない行動でそばにいることがバレ、ユキコと正面から向き合うことに……!

ついに1年ぶりの再会を果たした2人。森生の何気ない一言が、封印していたユキコの“ある気持ち”に再び火をつける!?出会うはずのなかったヤンキー君と白杖ガール、2人の運命には、意外な結末が待っていた……!

[引用元]日本テレビ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」公式サイトSTORY

登場人物

赤座ユミコ/杉咲花
盲学校の高等部に通っている女の子。大きい文字ならうっすら読めるくらいの弱視。普段は白杖を使って生活している。前向きな性格で気が強い。母は数年前に他界。現在姉と父との三人暮らし。

黒川森生/杉野遥亮

地元では有名なヤンキー。レンタルビデオ店でアルバイトしている。高校は数日で中退。中学の時、ケンカで顔におった傷がある。そのせいでバイトもなかなか見つからなかった。周囲から疎外感を感じている。ある日、ユミコに出会い、一瞬で恋に落ちた。

赤座イズミ/奈緒

ユミコの姉で、ネイリストをしている。ユミコの母親代わりとして、いつもユミコを心配している。ときにその心配が過剰になることがあって…。

赤座誠二/岸谷五朗

ユミコとイズミの父。カメラマンをしている。気の強い娘たちに戸惑いながらも、ときどき深い言葉で周囲を感動させる。

金沢獅子王/鈴木伸之
森生のライバル。隣町の元ボス。森生の顔に傷をつけた男。

緑川花男/戸塚純貴

森生の仲間で、小学校時代からの付き合い。

桃井草介/堀夏喜

森生の子分。ケンカが強い森生を尊敬している。

紫村空/田辺桃子

ユミコの盲学校の同級生。行動力のある女の子で、恋愛にも積極的。視野が欠ける弱視。

青野陽太/細田佳央太

ユミコの盲学校の同級生で、生まれつきの全盲。

茶尾店長/古川雄大

盲学校近くのハンバーガーショップの店長。口癖は「チャオ!」

案内人/濱田祐太郎
盲目のコメディアン。ときどき登場し、自身の体験から豆知識を披露してくれる。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回の感想 

ブライダルブーケ

花男とハチ子の結婚式

森生(杉野遥亮)が鹿児島へ行って1年。

花男(戸田純貴)とハチ子(生見愛瑠)の結婚式が行われました。

帰って来ていることをユキコ(杉咲花)に知られたくない森生は、陰からそっと花男の結婚式を見ています。

実は、森生の会社は九州から全店撤退することになり、森生はせっかく正社員になれたのにお役御免。

アルバイトならまだしも、正社員なのに…。

そのために九州まで行ったのです。

何とかならなかったのかと思いますが、それがこのあとの物語に繋がっていくのですが…w。

ゆか
ゆか

ウェディングケーキは、ユキコの手作り。10人分のケーキを作れるなんてユキコ、すごいです!やはり食べ物を作る仕事をしてほしいですね。

結局見つかる

森生はユキコのことが気になって、朝出勤するユキコの後を追います。

帰りも後ろをついて歩いて…。

結局、BBバーガーに立ち寄ったときに、ユキコにバレてしまいます。

好きな人の声や気配、女の子は敏感に気づくものです。



ユキコが働いている会社は、かなり大企業。

障害者雇用は、一般企業なら従業員数の2.3%と決められています。

しかし、障害者を雇用するための設備などを整えられるのは大企業くらいでしょう。

そんな大きなビルで働くユキコを「かっけぇ」と感動する森生。

ただ、ユキコはそれより本当は人に「おいしい」と言われる仕事がやりたいのですが…。



森生も、これを機会に自分もやりたいことを探すとユキコに誓うのでした。

そして、それが見つかるまでユキコには会わないと言って…。

調理師専門学校

ユキコは、やはり調理の仕事がしたくて、調理師専門学校のオープンキャンパスのことを調べています。

そして、参加することに。

この調理師専門学校では視覚障害者を受け入れたことはないのですが、断っているわけではないようです。

イズミ(奈緒)に付き添ってもらったのですが、調理実習は一人で大丈夫だと追い返されたと言います。

とてもうれしそうなユキコ。

本当に自分がやりたいことを見つけるのは、誰にとってもうれしいことです。

ユキコは、やりたいことがあったけれど自分の障害のことで諦めていたのです。

ゆか
ゆか

調理実習を受けているユキコの笑顔は輝いています。どこかに雇ってもらうのは難しくてもいろんな可能性が広がっていくのは素晴らしいことです。

獅子王とイズミ

獅子王(鈴木伸之)からイズミに電話が入ります。

何か、とても苦しそうな獅子王。

昨日の夜中からお腹が痛いようです。

それで、助けてほしいと。

いつものように速攻で駆けつけるイズミ。

病院に付き添い、おかゆを作ってあげることに。

獅子王は、動けなくなったとき、初めに思い浮かんだのがイズミだったのです。



そこに森生が訪ねてきます。

そして、獅子王は森生に告白をするのです。

森生は「照れんじゃねぇか」と笑顔を見せ、意外な反応にうれしそうな獅子王。

ゆか
ゆか

獅子王くん、気持ちが伝えられて良かったね!森生も本当にいいヤツです。

このシーンの鈴木伸之さん、普段より頬がこけてて、病人っぽい感じ。

俳優さんってすごいですね。



獅子王が森生に言った「大切な人が出来た」というのは、勿論、イズミです。

そして、自分が女性を好きになることがあるのかどうかはわからないけれど、一緒にいたいとイズミに告げます。

イズミも同じ気持ち。

二人もきっと幸せになってくれるでしょう。

恋をする気持ちに男女の区別はないのです。

今までは森生のことが好きだった獅子王ですが、イズミを好きになり始めています。

黒川の夢

森生は、何か夢を見つけたようです。

ユキコが参加している調理師専門学校のオープンキャンパスに、森生も参加しているようで…。



専門学校の実習が終わったユキコと森生は、いつもの時計台の前で待ち合わせをします。

森生はユキコに見せたいものがあると言って、ある場所へ連れていきます。



そこには黄色いキッチンカーが!



森生の夢は、「ユキコと一緒にいること」

そして、森生は自分は料理を作ることが苦手なので、ユキコにこのキッチンカーで一緒に仕事をしてほしいと言います。

森生もユキコもお互いに、二人で一緒にいることが楽しいと確かめ合います。

目に涙を湛えた森生がユキコをそっと抱きしめます。

ゆか
ゆか

調理師専門学校を出ても、就職は難しいと言われていたユキコ。森生と二人でキッチンカーで仕事をするなら、大丈夫!ユキコの夢も森生の夢も同時にかなうということです。

みんな幸せ

草介(堀夏喜)は、茜さん(ファーストサマーウイカ)のお店でバイトをすることになりました。

そして、青野(細田佳央太)と空(田辺桃子)も、少しづつ距離が近づいて…。

獅子王とイズミは、二人でランニング。



森生はユキコと出会ったことですさんだ生活から脱却でき、ユキコは森生と出会ったことで新しい世界が広がり、世界は優しい人で溢れていることを知りました。

結末は、みんなが幸せ。

私達も、このドラマを通して、目が不自由な人の助けに少しでもなれる知識が身につきましたね。

本当に素敵なドラマでした。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回の感想 最後に

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」最終回の感想でした。

最後は、心が温かくなる結末でしたね。

視覚障害者の方の苦労や、今まで気づいていなかったちょっとしたことにも気づかせてくれた本作。

キュン❤もあり、勉強にもなり、本当にいいドラマでした!


以下の記事で、第9話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

heart ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第9話の感想 主演・杉咲花/杉野遥亮|バイバイ黒川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA