ドラマ「漂着者」第2話 ネタバレ感想 主演・斎藤工|黒く塗りつぶした絵

海岸

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「漂着者」第2話の感想です。

今回は、ラストシーンがかなりショッキングでした。

そして、ローゼン岸本の言葉が謎過ぎて…。

ドラマ「漂着者」第2話 感想 はじめに

カラス

登場人物

ヘミングウェイ/斉藤工
ある海岸に全裸で漂着した謎の男。女子高生三人組に発見され、SNSに「#イケメン全裸漂着者」として発信される。発見後初めに発した言葉がアメリカの文豪ヘミングウェイの言葉だったため、仮にヘミングウェイと名付けられる。記憶障害に陥り、保護される前の記憶を一切失っている。不思議な力を持つ。

新谷詠美/白石麻衣

新潟北陸新聞の美貌の記者。刑事たちとも対等に渡り合い、警察の闇も暴いてきた敏腕。5人の女児の連続殺人事件を追ううちにヘミングウェイと出会う。当初はスクープ狙いだったが、次第にヘミングウェイの不思議な力にひきつけられていく。

ローゼン岸本/野間口徹

NPO法人『しあわせの鐘の家』を主宰している。生活困窮者などの救済を行っている。

橋太/橋本じゅん

新潟北陸新聞社会部のキャップ。ヘミングウェイの取材をあまりにも熱心に行う詠美を心配している。

ラぺ/太田奈緒

ヘミングウェイを発見した女子高生。ペリ、リモと共にその後もヘミングウェイについてSNS発信をしていく。

ペリ/隅田杏花

ヘミングウェイを発見した女子高生の一人。

リモ/吉田志織

ヘミングウェイを発見した女子高生の一人。

柴田俊哉/生瀬勝久

新潟県警刑事部捜査一課の刑事。ヘミングウェイが連続女児殺害事件に関与していると疑う。

野間健太/戸塚純貴

新潟県警刑事部捜査一課の若手刑事。「~っす」が口癖のイマドキの青年。

国原栄一/船越英一郎

新潟医療大学病院の精神科医師。ヘミングウェイの担当。思い出したことを何でも書いてくれとヘミングウェイにスケッチブックを渡す。そこから、ヘミングウェイの不思議な力が発見され…。

深見龍之介/リリー・フランキー

雲行寺の住職。穏やかな人柄。

佐々木文雄/岩谷健司

新潟県警刑事部捜査一課長。柴田・野間の上司。

あらすじ

 突然、病院の屋上から後ろ向きに飛び降りたヘミングウェイ(斎藤工)。身元引受人のローゼン岸本(野間口徹)と出会ったことが衝動的な行動の引き金になったのではないかと考える新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)、実は彼が入院患者で大学教授の後宮徳治郎(越村公一)の死亡事件の犯人で、良心の呵責に苛まれて自殺を図ったのではないかと疑う刑事の柴田俊哉(生瀬勝久)と野間健太(戸塚純貴)らが突然の出来事に動揺する中、ヘミングウェイは奇跡的に一命をとりとめる。

 そんな中、新潟県警の捜査本部では、後宮は首を吊ったことによる窒息死で自殺と断定。しかし、胸の前で腕をクロスし、さらにその上から粘着テープでグルグル巻きにされていたため、柴田は自殺という結論に納得できず、後宮が亡くなる前日の防犯カメラの映像を調べ直すことに。すると、エレベーター内でヘミングウェイの足元を見た後宮が動揺しながら何かをつぶやいていて…。何を言っているのかわからず柴田らが混乱していると、通りかかった詠美が、後宮はロシア語で「着いたのか!?」と言っていると進言する。

 一方、エレベーターで出会った後宮の態度が気になったヘミングウェイは担当医・国原栄一(船越英一郎)とともに彼の病室へ。すると、壁一面に謎の図式が書き殴られていた。ヘミングウェイは、制止する国原の言葉に聞く耳を持たず、一心不乱にその図式に何かを書き加え始めるのだが…!?

 その頃、県内では再び少女の失踪事件が発生。ヘミングウェイが関わっているのではないかと考えた柴田らは病院に駆けつける。しかし、彼は迎えにきたローゼンとともに退院し、NPO法人『しあわせの鐘の家』の施設に向かった後だった――。

 翌日、ヘミングウェイの動画を撮影を担当する女子高生3人が施設を訪問。彼女たちから少女失踪事件の話を聞くやいなや、ヘミングウェイはスケッチブックに何かを描き始める。さらに、同じく施設にやってきた柴田らは、公安の刑事たちがヘミングウェイをマークしていることに気づくのだが…!?

[引用元]TV朝日「漂着者」公式サイトSTOR

ドラマ「漂着者」第2話 感想 

点滴

ローゼン岸本が謎過ぎる

とにかく、ローゼン岸本が、髪型を始めとしてw、謎が多すぎます。

その言葉や言動も、謎に満ち溢れています。

今のところ思いつく謎は以下の通りです。

  • ヘミングウェイには会ったことはないが、今のあなたよりあなたのことを知っている
  • 世界はあちら側とこちら側しかない
  • こちら側であなたに会った人はいない
  • 1400年、ヘミングウェイを待っていた
  • 奇跡は未来への希望
  • ヘミングウェイが5階から転落しても死なないことを知っていた
  • もう、時間がなくなってきたという言葉

『しあわせの鐘の家』は、自給自足のコミュニティということですが、活動資金の出所がとても怪しいようです。

宗教団体なら、お布施などもあるかもしれませんが、宗教団体ではありません。

角田光代著「八月の蝉」みたいに、自分たちで作ったものを移動販売していたりするのでしょうか。

しかし、今のところそういう活動もしていないようですが…。

なんか、お金の話になるといきなり生々しくなりますねw、『しあわせの鐘の家』。

絵のように美しい二人

ヘミングウェイが、何か”超能力”的な不思議な力を持っていることは、少し明らかになって来ています。

スケッチブックに予言めいた絵を描いたり、「〇〇のような気がする」と言って取った行動が当たっていたり…。

さらに、詠美のことも会って数回で「詠美」と呼び捨てにしたりしています。

今回は、寂しそうな詠美の後ろ姿を見て、バックハグ。

結構、いきなりな感じでしたw。



身長差もちょうどよくて、美しい二人のバックハグは観ているだけでうっとりしました。

そして、このヘミングウェイの唐突な行動も何か恋の予感を感じさせます。

ヘミングウェイは、たくさんの謎を抱えていますが、詠美もお父さんのことで何か悲しい過去を背負っています。

初回だったと思いますが、警察に逮捕されているシーンがありました。

そのために、詠美は「真実を突き止める」ために新聞記者になったと語っています。

詠美の父親の逮捕も、何かヘミングウェイの正体を突き止めるためのファクターになるのではないでしょうか。

国原医師のショッキングな死

今回、最もショッキングなシーンは、国原医師の死に顔でした。

目と口、耳が糸で縫い付けられて、胸の上で手を鳥の羽の形にして亡くなっていました。

『ゲノムの解析法』が証明されたことも知っていましたし、いろんな真実に一番近づいていたのが国原医師でした。

目と口、耳が縫われていたのは、何も見えないように、何もしゃべらないように、何も聞かないように…ということを意味しているようです。

そして、『ゲノムの解析法』を完成させたのが、ヘミングウェイだということも国原医師は知っています。

電話でその話をしているときも、何か怪し気な人が陰から見ていましたし…。

次回も、ヘミングウェイの不思議な能力が発揮され、人が次々と亡くなっていくようです。

怖ろしいですが、楽しみです。

ドラマ「漂着者」第2話 感想 最後に

ドラマ「漂着者」第2話の感想でした。

今回は、国原医師の死がかなりショッキングでした。

次回からも、ヘミングウェイの不思議な能力がさらに明かされ、ローゼン岸本の正体も少しづつ明らかになるようです。

次週は一週空いて、8月13日第3話放送です。



以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「漂着者」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA